amazon.co.jpの新規商品登録が今、絶賛はちゃめちゃな件

amazon.co.jpの商品登録について、
2017/11現在、Amazon内部でとてつもない改修が行われてるみたいでして。

いたるところで矛盾が発生しており、
もはやなにが正解で何がアウトなのかすらわからない状態ですw

しかし、2年弱に及び、
Amazonでの新規登録システムを研究してきた結果、
なんとなく正解を先読みすることができるようになってきた気がします。

 

amazonの新規出品システムは複雑すぎる理由

サイト内でブラウズノードが横断してる

これは改修とは関係ほぼないんですけど、
これ実はかなり新規出品する上では重要です。

例えば、アウトドアスポーツカテゴリで、
スポーツウェアを出品するとします。

すると、実はそのブラウズノードはファッションカテゴリでして、
実際はファッション関連の商品項目を入れてないと、
検索に弱くなってしまいます。

ちなみにファッションカテゴリから、
スポーツウェアを出品するほうがより、検索に強い出品ができます。

 

BTGのリファインメンツとフラットファイルの矛盾

これは非常にマニアックな話なんですけど、
Amazonには「絞込項目」というのがありますね。

EIKING
いや、なんでブラジャーやねん

まあこれは例ですが、
カテゴリを深部までたどっていくと、
サイドバーにそのカテゴリに応じた絞込項目が出て来ると思います。

これらは、
もとから「この中から選択して選んでくださいね」っていうリストがあるんですけど、
そのリスト自体が同じ絞込項目に対して、
MTGのリファインメンツの推奨とフラットファイルの推奨値とが全然違ったりします。

 

絞込項目の中にはAmazonが勝手に思って作ってるものもある

いやこれマジでホント意味わかんないんですけど、
出品フォームや、フラットファイルでは設定する項目が一切ないのに、
サイドバーの絞込項目にあるもの。

EIKING
ブラジャー好きやな

そう、この「ブラジャーのタイプ」も実は設定項目ないんです。

じゃあどやって絞込されるの?ってとこなんですが、
実はAmazonがタイトルや様々な情報を収集して自動で絞込してます。

それはいいんですけど、悪いのはその精度。

これ、ちなみにベビー服のロンパースカテゴリなんですが、
袖丈項目を「袖なし」で絞込した結果です。

EIKING
袖ありしかないやんけ

 

商品登録フォームの表記がひどい

Amazonのセラーセントラルから直接出品する際、
商品を登録フォームで作成すると思うんですけど、

これの表記が今非常にひどいことになってます。

この英語と日本語の混在。

これが実は絶賛改修中のポイントです。

毎日どっか変化してるぐらい、リアルタイムで変わりまくってますw

 

必須項目が登録フォームとフラットファイルで違う

これが一番最悪かもしれません。

ファッションカテゴリではこれまで、必須項目ではなかった(というか存在してなかった)、

「表地素材」と「素材構成」の項目が必須になってます。

それはいいんですけど、
実はこの項目2017/11現在でまだフラットファイルに対応してないんです。

つまり、必須なのにフラットファイルでアップロードすると入力することができないのです。

EIKING
どないせえと

しかしアップロードはエラーなく完了します。

完了するのはいいんですが、
ちょっとでも商品情報を更新するとそれは「不備のある出品」としてアラートがつきます。

そして一番最悪なのは、

そのエラーは修正がなぜかできない

ことですw

つまり、上げてそのままなにも更新せず販売し続ける必要があります。
ちなみに「不備のある出品」になったら検索にほぼひっかかりません。

そしてアカウント全体としてカート獲得率などにも影響でます。

とんでもないことですw

 

結果がエラーになるのか無効になるだけなのかわからない

まだ上げるといっぱいあるんですが、
なんせめちゃめちゃなんですよw

たぶん全部把握してるひといないんじゃないか説もあります。
Amazon内部でも。

実際、セラサポとも何度もやりとりしてますが、
テクニカルチームですらあいまいな回答も多かったり、
1ヶ月以上ケース保留にされてる件もあったりします。

EIKING
神のみぞ知る

ですが、
なんとなくですが体感的に僕自身は把握できてきました。

おそらく今国内で一番このあたり詳しいかもしれませんw

なんてったって現状のlismoaのコア部分ですからね。

年内でlismoaでのAmazon新規出品は驚くほど簡単に、
そしてAmazonの推奨設定を可能な限り最低限の入力で網羅する仕組みが完成予定です。

乞うご期待。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。