BABYMETAL LEGEND – S – 洗礼の儀 – 初日12/2レポ @広島グリーンアリーナ

BABYMETAL LEGEND – S – 洗礼の儀 –の2DAYSに参戦してきました。

これまで参加したBABYMETALのライブの中でも、
誇張抜きで一番心に残る、伝説のライブだったと思いました。

あの空間に自分がいたことを、その瞬間を目の当たりにできたことを、心の底から誇りに思います。

そしてこの初日の12/2は僕自信の誕生日でもあり、
前日からとんでもない壮絶なストーリーが展開されたのでした。

こんなにもいろんなことが一気に起こるものかと。

それらも含めて忘れられない日になったのです。

EIKING
ということで自己満ですが暇つぶしにどうぞ

 

ライブ前日、壮絶な激痛で目覚める

朝起きたら、なんかめっちゃ腰痛くて。

寝違えたかなと思ったんですけど、
どうもおかしい。

体勢ずらしてもなんかずっと痛い。

起きてからもずっと痛い。

EIKING
ちょ、待っておかしい

気づいたときにはもう叫んでいましたw

EIKING
なんぞこれああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これまでに感じたことない激痛が背中を襲いました。

翌日の広島ライブのために、愛媛の実家に帰っていたので、
そのまま弟につれられて救急へ。

この世のものとは思えない激痛に襲われながら、
救急の処置室に運ばれました。

「とりあえずCT撮ってこいや」

とのことでCTをパシャリ。

このへん記憶断片的。

でまたベッドに戻されて、CT結果をみた医師が忙しそうに僕のベッドを通り過ぎるときに一言。

「石やな!」

石?

そうです、なんと尿管結石だったのです。

EIKING
なんでこのタイミングで

まあでも原因がわかってほっとしたのもつかの間、
点滴するも座薬入れるも痛みは全く引く気配はありません。

これはちょっとまずい、
というかこのまま明日広島なんか絶対行けん。。

と思った僕は、救急をあとにし、
専門の泌尿器科へ向かいます。

そこで最強の痛み止め、筋肉注射を施されようやく痛みから開放されます。

その間6時間ほど。

マジでユミルが巨人で彷徨ってた時間と同じぐらい長く感じました。

それから実家へ戻り、
次の日の朝まで寝たきりでした。

でももちろん翌日のことは考えていました。

EIKING
ライブはなんとしても行く

 

ライブ当日、まさかの直前で悲しいニュース

当日の朝目覚めました。

まだ痛い。。

でも広島いきゃあなんとかなるだろうってことで、
弟に連れられて港までやってきました。

スーパージェットでスーパーシートという、
名前だけでもかなりスーパーな船でいってきました。

広島着いた頃にはだいぶよくなってて、
全然いけるやん的な。

調子にのってお好み村に向かいます。

前日なにも食べてなかったので胃が驚愕してましたが、
なんとか食べれました。

まだライブまで時間あったので、
うろうろしようかなと思いましたが、
ちょっとまた痛みがでてきたので座薬をぶちこんで滞在先のairbnbで安静をとることに。

で、これがなかなか収まらず数時間寝たきり。。

EIKING
あかん、やっぱ今日はまだ無理かも。。。

そんなときふとTwitterをみて目を疑いました。

本日12月2日(土)及び3日(日)広島グリーンアリーナにて行われるBABYMETAL「LEGEND − S − 洗礼の儀 − 」公演におきまして、メンバーの一人YUIMETALが体調不良により、本公演への出演が難しいと医師から診断された為、残念ながら二日間ともライブへの出演を見送ることにさせて頂きました。

本公演を楽しみにされていたファンの皆様・関係者の皆様に謹んでご報告申し上げるとともに、深くお詫び申し上げます。

本公演の中止も検討いたしましたが、YUIMETAL自身が強く公演の開催を願っている事、ファンの皆様がすでに多数広島にご参集いただいている状況を踏まえ、SU-METAL、MOAMETAL、スタッフも含め、ぎりぎりまで協議をさせて頂き、ファンの皆様の為にも、BABYMETALの為にも、本公演を実施すべきである、という結論に至り、広島公演を予定通り行わせて頂く事を決定致しました。

今回出演できないYUIMETALの思いも含め、SU-METAL、MOAMETAL、スタッフ一同、お集まり頂いた皆様と一緒に、「LEGEND – S − 洗礼の儀 − 」の会場がひとつ「THE ONE」となるような公演を目指して参りますので、参加される皆様、そしていつもBABYMETALを応援してくださる皆様のご理解、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

EIKING
う・・・うそだろ?

今まで3人でずっと立ってきたステージ。

いつもSU-METALの右にはYUIMETALがいて、
左にはMOAMETALがいた。

そして今回は、
可憐Girlsの頃からYUIMETALが憧れだったSU-METALの生誕祭。

SU-METALの聖地、広島。

どれだけYUIMETALがこの日を望んで、楽しみにしてたことだろう。

どれだけそんな最高のステージに、憧れのSU-METALといっしょに立てることを楽しみにしてただろう。

そんなことを思ってると僕の尿管結石程度の痛みなどどうでもよくなったのだ。

気づいたときには、
僕は右手で追加の痛み止め座薬のおかわりをア◯ルにぶち込んでいた。

EIKING
俺達がゆいちゃんの分までがんばらなきゃ。いくぜ広島ぁ!!

 

 

https://twitter.com/papimetal/status/936843880703565824

 

会場に到着、三種の神器を身に着けて待つ

とりあえず今回の入場で必須となる三種の神器を受け取りにいこうか。

なんとも言えない三種の神器でした。

いやでもこんなものは関係ないんだよ、
俺達はいつだってTHE ONEなんだよ。

クローク並ぶのいやだったので、
最低限の装備で来たばっかりにくそ寒い。

しかも尿管結石上がりには非常につらい待ち時間でした。。
開演押したし。。

 

入場開始!まさかの神ポジゲット

整理番号は2700番台だったので期待してなかったんですが、
なんと番号はブロック順だったっぽく、
僕の入ったブロックはガラガラ。

ダッシュで柵2列目をゲットできました。

しかも後に神ポジだったことに気づく。

ステージはめっちゃ豪華でした。

金かけまくってるで!

そして来るその時間をじっと待ち続けました。

 

開演!こみ上げる思い!溢れ出す涙!

そしてそのときは来ました。

直前の公式の発表により、
YUIMETALの欠演が確定となった今回のライブ。

もちろん僕らが動揺を隠せないのはさることながら、
おそらく運営側もそうだし、
なによりも初めて2人のステージとなるSU-METALとMOAMETALも同様だったに違いないのです。

いや、僕らなんかよりはるかに動揺しているはずなのです。

しかし、
オープニングで新曲と共に現れたSU-METALは、
そんなことを微塵も感じさせない圧倒的な存在感でその姿を現しました。

そして堂々たる演出で観客を圧倒し、
そのまま突入したIDZ。

会場のボルテージは一気に振り切って最高潮にまで達してました。

IDZのイントロで雄叫びを上げるSU-METALの横で全力疾走をするMOAMETAL。

いつもいるはずのYUIMETALがこのステージにいない。。

それでもこのステージを絶対やりきるんだ!!

という2人の強い思いが強烈に炸裂したその瞬間、
僕の目には涙がとめどなく溢れてきました。

それはおそらく僕だけではなかったはず。

僕たちTHE ONE全員でYUIMETALの穴を埋めるんだ!!

と誰もが思っていた。

そんな思いが感じられる熱気が会場を埋め尽くしていたのです。

そこに乱数発生器があったなら、
バーニングマンを越える超絶な偏りを見せていたに間違いない。

 

改めて今回のBABYMETAL LEGEND – S – 洗礼の儀 – 初日12/2セトリ

改めまして今回の広島グリーンアリーナでの洗礼の儀、初日のセトリです。

  1. 新曲(オープニング)
  2. イジメ、ダメ、ゼッタイ
  3. ギミチョコ!!
  4. ド・キ・ド・キ☆モーニング
  5. 紅月-アカツキ-
  6. GJ!
  7. シンコペーション
  8. META!メタ太郎
  9. NO RAIN, NO RAINBOW
  10. 4の歌
  11. メギツネ
  12. KARATE
  13. Road of Resistance
  14. ヘドバンギャー!!
  15. BABYMETAL DEATH
  16. THE ONE – Unfinished ver. –

 

注目すべきポイントはいくつかありました。

オープニングの新曲はなんや!

まあこれは誰もが思ったと思いますが、
和太鼓と神バンドの迫力ある演奏が圧倒的でした。

これから「新しい伝説が始まる」ことを彷彿とさせるオープニングでした。

もしかしたら、BMDに取って代わる2018のオープニングの鉄板になるのかもしれません。

 

ギミチョコで盛大な音ズレ

これはちょっとドキっとするレベルの音ズレでした。

この後の紅月とかでもちょっとSU-METALの声が上ずってたりと、
ちょっと安定感がない前半戦でした。

でもそりゃそうだろうよ、
直前でYUIMETAL欠演やで。

さすがのSU-METALも多少はメンタルに影響をうけてるのです。

 

MOAMETALソロでのGJと4の歌

イントロが流れた時点で、会場がざわついたこの2曲。

それもそのはず、
いつもはBLACK BABYMETALとしてYUIMETALとMOAMETALが二人でやる曲なのだから。

でも彼女はやってのけたんです。

まるでもともとソロ曲であったかのごとく。

EIKING
もう天才すぎてぐうの音もでんわ

YUIMETALがいなくても、物足りなさを感じさせないパフォーマンス。

レアなステージを観れた!
という喜びも若干あった人も多いと思います。

ですが僕は改めてYUIMETALとの2人のステージを観たいと感じました。

だって一人でこれやで?

二人なら二倍やで。

 

まさか誕生日にNRNRを生で聴けるなんて

僕がBABYMETALの曲の中で一番好きなうた、
それがNO RAIN, NO RAINBOWです。

生で聞いたのは東京ドームが初めてでしたね。

それをまさかまた聴けるなんて、しかも自分の誕生日に。

またしても涙を流してしましました。

もはやイントロから泣いてました。

これぞSU-METALからの僕への誕生日プレゼントですよ。
まあSU-METALの生誕祭なんですけどね。

 

終演!間違いなく過去最高に心に残るライブ

途中、演出が入ったりなどで、
総演出時間は普段より30分ほど長く、2時間ぐらいありました。

それでもホントにあった言う間に終わってしまいました。

そして、間違いなく、過去最高に心に残るライブが今終わったんだと感じました。

https://twitter.com/front_R_shingo/status/936932800241872896

https://twitter.com/eiking_jp/status/936934098651684864

もちろんYUIMETALもいなかったし、
音ズレもあったし、演出が完璧ではなかった。

過去に演出として完成度高いライブはいくつも観てきました。

でも、ライブってそれが全てではなくて、
やっぱどれだけその参加した観客の心に残るかってのも大事だと思うんですよ。

てかそれがライブの良さですし、
今後その人の人生に影響を与えるとするなら、
間違いなくそういう心に残るライブだと思うんです。

僕は個人的にですが、
前日に尿管結石でライブ参加すらあやうかった1日前から、
なんとか広島まできて、
でもきたらYUMETALが体調不良で出れないって聞いて、
じゃあ俺たちががんばらなきゃってなって。

そんな誕生日で。

撮影はしてましたけど、
YUIMETALも出てないのでこれがBlu-rayになるかはわかりません。

でも、
この言葉に表せない感情って、
やっぱBlu-rayではわかんないし、
人に伝えるのも難しいんですよね。

だからこの日は、まあ体調もあったけど、
すっと一人、滞在先に帰って余韻に浸りながら静かにベッドに横になったのもよかったのかもしれません。

最高に幸せな時間でした。

もう一日あるしな。

ということで2日目レポへ続きます。

BABYMETAL LEGEND – S - 洗礼の儀 – 2日目12/3レポ @広島グリーンアリーナ

2017.12.04
EIKING
2日目もある意味カオスでした

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。