zendeskのナレッジベース良いけど使えない問題点がある

言わずともしれたzendeskマスターである私ですが、
今やすでに伝説となっている$1/Moアカウントを4つも所持してます。

Alternativeなサービスはいっぱいでてきてるんですが、
やはりzendeskが今だ一択かなと思います。

てか他の使ったことないだけなんですけどね!

 

zendeskのナレッジベースは使えるのか

これは長年の課題でした。

使えないことはないんですが、
ユーザ側とエージェント側で共用なので、ナレッジを共有しようと思ったら、
ユーザが見ることも前提で投稿しないといけません。

それはちょっとめんどくさいし、
ユーザには見られると困るようなナレッジもあるはず。

 

実は社内エージェント用ナレッジベースがある

zendeskプラン比較

実はプランによっては社内エージェントしか閲覧できないナレッジベースを構築できる機能があることに気づいた。

これがあれば、
社内カスタマーサポートを担当しているメンバーのみが閲覧できるので、
容易に構築可能となるわけです。

いつまでも回答を理解している他のエージェントにAssignしていては、
そのエージェントも成長できないし、
他のエージェントもリソースを食われて良いことありません。

なので再度同じような問い合わせがきても返信内容を自力で模索できるように、
こういったナレッジベースは必要なのであります。

 

でもうちがこのzendesk社内ナレッジベースを使えない理由

めっちゃ使いたいですよ。

使えるものなら使いたいよだってインターフェースもきれいだし、
カテゴリやセクションで分けることもできるし、

おそらく最高のCS向けナレッジベースを構築できる自信しかないです。

でも問題点があります。

それは、

使えるのがProfessionalプランからのみ

ということです。

Professionalプランとなると年払いでも$49/moがエージェント毎にかかります。

3人って考えると、約$150/mo。。
ちょっと高い。

現状3人で$3/moしか払ってないうちからしたら、
なんと50倍です。

月額サービス値上げしまーす!
50倍になりまーす!

とか言われて

オッケー(*^_^*)

とか言えないですよね。

 

いずれは使うべきなのかなとも思うzendesk Professionalプラン

まあこのなんでしょう、
昔契約してたからその頃の恩恵をズルズル引きずって甘い蜜吸ってます的な現状ですが、
これもいつまで続くかわかりません。

zendeskもプラン体制を2年ほど前に実施しましたが、
その時はこのスタータープラン($1/mo)というのは既存ユーザに対してそのまま提供されるかたちとなりました。

 

たぶんこのアカウント20万ぐらいで売れるんじゃないかなとも思ってるぐらいです。

そのぐらい価値のあるアカウントを4つ持ってますw

でも結局CS部隊を強化しようって考えると、
今回のように社内ナレッジベースなど、現状のプランでは使えないけど
アップグレードしたら使える機能なども今後も出てくると思うので、

いずれは使うはめになるのかなと思います。

EIKINGの開発チームにジョインしませんか?


lismoaの開発チームは、あなた待ちです!

lismoa開発チームでは、Ui/UXデザイナー及びRubyのサーバサイドエンジニアを常時募集しています。
lismoaはEC販売者向けの次世代のインフラシステムです。国内外の大手企業とも提携し、最強のECインフラを目指しています。
楽しいよ、いっしょにどうですか?

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。