ハードウェアウォレットTREZOR初期設定とTREZOR開封の儀ダイジェスト

ハードウェアウォレットTREZORが到着してました。

これより開封の儀と共に、
初期設定を執り行いと思いました。

そうですね、だいぶ過去の話です。。

EIKING
記事にするの忘れとった

Ledger Nano Sについては遅れ遊ばせながらこちらから。

ハードウェアウォレットLedger Nano S初期設定と開封の儀ダイジェスト

2017.11.19

 

ハードウェアウォレットTREZOR到着

DHLできた。レターパックみたいにきた。

中からまた封筒でてきた。Amazonのフラストレーション・フリー・パッケージみたいにきた。

予備も含めて2個買いました。

Androidと接続できるmicroUSB-microUSBケーブルも。

一個開けてみましょうか。

TREZOR内容品はこんな感じ。

ステッカーはいらないから高速で捨てた。

  • TREZOR本体
  • ストラップ
  • USBケーブル
  • リカバリーシート
  • 取扱説明書

が内容品になります。

 

ハードウェアウォレットTREZORの大きさ

6×3 cmの、厚さ6mmって感じです。

持ったらこんな感じ。

めっちゃ軽いです。(12g)

事務所のその辺に転がってたハンドスピナーとの比較。

ハンドスピナーが大きく見えますね。。

ちなみにTREZOR本体には電池入ってなく、電源はPCから供給になるので
中身はバッテリーもなく、ほぼ半導体なんじゃないかと思います。

 

ハードウェアウォレットTREZORの初期設定

TREZORとパソコンと接続する

付属のUSBケーブルで、TREZORとパソコンを接続します。

ちなみに僕の環境は、

パソコン本体 Macbook Pro 13in 2017
OS macOS Sierra 10.12.6
ブラウザ Chrome
USBポート USB-Cのみ

です。

USB-Cしかポートがない人は変換ケーブルが必要です。

まあ持ってますよね。

接続されるとこんな画面に。

trezor.io/startにいけよといってます。

 

TREZOR Walletにアクセス

TREZORはChromeのようなブラウザ上で管理します。

trezor.io/startに行くのもいいんですが、いまいちわかりづらいので直接Walletのほうへ行きましょう。

 

こんな画面になることでしょう。

 

TREZOR BridgeかChrome拡張のインストール

TREZOR本体と接続するためには、Chrome拡張をインストールするか、
TREZOR BridgeをPCにインストールする必要があります。

ちなみにどっちでもいいですが、
僕はChrome拡張機能はメモリ食うので最小限にとどめたいという思いから、

TREZOR Bridgeをインストールしました。

Mac用ももちろんありますので。

DLしてインストールしようとすると、セキュリティの問題で開けないかもしれません。

この場合は、右クリック→開くでやってみましょう。

EIKING
開く!!

でまあ普通にインストール進んでいって完了です。

 

ファームウェアのインストール

TREZOR Bridgeがインストール完了したら、
TREZOR Walletに戻ります。

TREZORはセキュリティ上の方針で、
ファームウェアはインストールしてないまま出荷されてるみたいです。

このような画面になる(ならなければリロード)ので、
「Yes, install」をクリックしてファームウェアをインストールしましょう。

TREZOR本体のほうでも「ファームウェアインストールする?」って画面になるので、
「Continue」を押します。

インストール中です。

最後に指紋(?)がTREZOR Wallet上と、
TREZOR本体上で一致しているか確認します。

TREZOR Wallet側 fingerprint

TREZOR本体側 fingerprint

OKであれば「Continue」です。

これでファームウェアのインストールは完了です。

TREZOR本体を一回抜いて、再接続しましょう。

 

TREZOR Walletのセットアップ(PINコード)

次にTREZOR Walletのセットアップです。

再接続してTREZOR Walletにアクセスすると、このような画面になります。

TREZORの端末名を決定します。
セキュリティ的にはあまり関係ないので好きなものでOKだと思います。

次にPINコードの設定の画面になります。

TREZOR Wallet上ではこんな感じで、

TREZOR本体上ではこんな感じになってるはず。

ようはTREZOR本体の数字を見ながら、
TREZOR Wallet上の点(・)を押して入力するのです。

例えば、1・2・3・4のPINにしたいのであれば(絶対すんなよw)、

・1・
・・4
2・3

という感じでクリックします。

PINはできるだけ長いのでなおかつ、自分が覚えやすいのがいいですね

再入力して設定完了です。

これをどっかにメモっておくってのもアホくさい(というかパクられたらアウト)ので、
僕は8桁ランダム変数を記憶してます。

 

TREZOR Walletのセットアップ(リカバリーシート)

これが最後のセッティングです。

そんな8桁ランダム変数を覚えた僕が、記憶障害になったときの救済用です。
これ失くしたらマジでオワコンなのでご注意。

といってもただの紙なので、燃えたらアウトです。
なので僕はCryptosteelを購入予定です。

また買ったらレビューします。

これから1つずつ英単語が合計24個、
TREZOR本体に表示されます。

それらを全て付属のリカバリーシートに記入しておきましょう。

この単語たちが、最終的にバックアップの要になります。
TREZOR本体が盗難にあったり、故障した場合の復旧手段はこれしかありません。

こんな感じで単語が表示されます。

記入終わったら「Next」を押しましょう。
合計で2周するので、確実に見直しするように。

2周するので絶対見直しするように。割りと日本人が馴染みない単語も多いので要注意

付属のリカバリーシートを使用しましょう。
予備で合計2枚あるはずです。

全部書きましたか?

間違えてないですか?

誰も守ってくれませんよ?w

2周終わったら、最後に先程設定したPINを入力して設定完了です。

お疲れ様でした!

 

TREZORの初期設定まとめ

  1. TREZORをPCに接続
  2. TREZOR BridgeかChrome拡張をインストール
  3. TREZOR本体にファームウェアインストール
  4. PINコード設定
  5. リカバリーコード記録

で完成です。

使い方はまた別の記事で書きたいと思います。

EIKING
ま、余裕やな

その他のウォレットについてはこちらの記事で解説してます。

モナーコイン(MONA)のウォレットMonacoin CoreをMacにインストールしてみた

2017.12.08

ハードウェアウォレットLedger Nano S初期設定と開封の儀ダイジェスト

2017.11.19

XEM(NEM)を自己管理するためにMacでNano Walletをセッティングしてみた

2017.11.15

 

ハードウェアウォレット専門店オープンしたよ

ハードウェアウォレット好きすぎて、本業のEC事業の傍らでハードウェアウォレット専門店をオープンしました。

海外から買うのは苦手、amazonで買うのはちょっと心配。。

といった場合は弊社サイトMyHardwareWalletをご利用ください。Ledger Nano S, TREZOR共に公式販売代理店です。安心して買ってください、万が一のクレームも対応しますよ。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZOR及びLedger Nano Sの正規販売店です。

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。