WooCommerceついにAmazon Payの国内向け都道府県別送料の対応完了!

おまたせしました。

いや別に僕がおまたせしたわけではないですが、
とうとうWooCommerceのAmazonPayプラグインが日本の都道府県別送料に対応しました!

ということで、うちのdanboring.comのほうでもAmazonPayでの支払いが可能になっております。

開発チームの話では、Ver 3.3.0から対応するとのことだったんですが、
現状Ver 3.2.6にてすでに対応完了しています。

 

なぜWooCommerceのAmazonPayプラグインは使えなかったのか

これ以前の記事でも書いたんですが、
ようはWooCommerce側の日本の都道府県と、
Amazonアカウント内の住所の都道府県のひも付きができてなかったのです。

詳しくはこちらの記事で愚痴ってます。

Amazon PayとWooCommerce、都道府県別送料設定ができない件の経過報告

2017.10.21

簡単にいうと、

WooCommerceでは愛媛県が「愛媛」として扱われており、
Amazonでは「愛媛県」として扱われている。

よってひも付きができてませんでした。

EIKING
ちなみに北海道と東京都だけ謎に対応できていたのは内緒な

 

Automatticの開発チームが対応してくれました

ということで、この原因をなんとか説明して、
Automatticに対応してもらいました。

これはAmazon Payプラグインのエラーではなく、
WooCommerce本体のエラーでしたね。

これ今までWooCommerceで国内販売してた人たちはどうやってたんやろ?
と思いますw

実際の話、僕のこの説得によってAutomattic開発チームがエラーを理解し、
対応してくれたおかげでAmazon Payでの都道府県別送料設定が使えるようになったのです。

まあAmazon Payプラグインの歴史がそこまで長くないので、
あまり使えてる人も少なかったのかもしれませんね。

EIKING
感謝しろよ、全く

 

WooCommerceでのAmazon Pay挙動

実際のサイトではどのような挙動になるのか見てみる?

注文確認画面にて、
このようにAmazonアカウントでお支払いのボタンが出てきます。

ちなみにテーマによってはUIがバグります。必ずしもWooCommerce対応テーマでも、全てのテーマがAmazon Payプラグインに対応してるわけではありません。よってデザインが大幅に崩れる可能性があるので若干修正は必要です。

うちのテーマも盛大にバグってたので、CSSで若干修正しました。

.woocommerce-info {
 display: inline-block;
 width: 100%;
}

#pay_with_amazon img {
 top: -10px;
 position: relative;
}

#amazon_customer_details .col2-set { display: block; }

#amazon_customer_details .col2-set .col-2 { padding: 0; margin-bottom: .5em;}

追加CSSでこんな感じです。

 

Amazon Pay都道府県別送料対応したらこうなる

これまでは都道府県がひも付いてないので、送料が計算できませんでした。

現在はこのようにして、
Amazonアカウント内の住所によって、
都道府県別送料が変動するようになっています。

当たり前のことなんですけど、できなかったことができるようになってると感慨深いものがあります。

ちなみにAmazon Payでダンボール買えるのは今んところうちのサイトぐらいではないでしょうか。

ぜひ皆さん、Amazon Payのお試しにご購入ください。

EIKING
マジレスすると、手数料はStripe、Paypalのほうが安いのであまりAmazon Payを選んでほしくはない

EIKINGの開発チームにジョインしませんか?


lismoaの開発チームは、あなた待ちです!

lismoa開発チームでは、Ui/UXデザイナー及びRubyのサーバサイドエンジニアを常時募集しています。
lismoaはEC販売者向けの次世代のインフラシステムです。国内外の大手企業とも提携し、最強のECインフラを目指しています。
楽しいよ、いっしょにどうですか?

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

2 件のコメント

  • はじめまして。
    danboring .comのサイトですが、とても素晴らしいサイトですが、
    かなり重く、表示が遅いのは
    サーバーの問題でしょうか?
    サーバーはさくらでしょうか?(Xサーバーですか?)

    • 別プロジェクトが原因でCPU負荷があっぷあっぷだったみたいです。
      現在解消されました。報告ありがとうございます!
      そもそもそんな早くないのでそれはCDN導入して様子見してみようと思います。
      サーバはAWS EC2です

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。