amazon.comでセールスランク50000位→3000位に持っていくよ

amazon.comでセールスランク3000位といっても、
カテゴリによってそのインパクトは違いますね。

今回はBeautyカテゴリのお話です。

ちなみにうちのamazon.comの商材はBeautyがメインなので、
他のカテゴリについてはいまいち感覚つかんでません。

なので、amazon.comのBeautyカテゴリで、
セールスランク50000位→3000位いけばこうなる!
そしてそのためにはこうする必要がある!

ってのを参考にそれぞれ自社の商品と比較してもらえたら幸いです。

 

amazon.comのBeautyカテゴリ3000位ってどんなもん?

3000位ぐらいで、売上が1200〜1500個/月ぐらいかなと。

そういう自社商品が一つあるんですけど、
今回はそれに追いつけ追い越せで新たに1商品を投入しました。

それが現在50000位ぐらい。

売上がだいたい100個/月ぐらいですかね。

amazonのセールスランクは単純に販売個数だけではありません。直近の売上比率や、いろいろな要素が複雑に絡み合ってランキングが生成されていますので、販売個数は一つの指標にすぎません。

 

amazon.comの規模感

3000位ぐらいで、売上が1200〜1500個/月ぐらいかなと。

これを見ると規模感がハンパないのはわかると思います。

だって、3000位で1日に50個とか売れてるわけですよ。

1位とか何個売れとんねんって話ですよね。

FBA Toolkitというサイトで確認すると、
だいたいの目安はGETできます。

Estimate sales per day for the rank **

ってところに気になるランキングを入力します。

1位を確認してみたんですが、

More than 220 ってなってますね。

これ、1日に220個以上売れてるってことです。

まあでも実際とは誤差はもちろんありますが、だいたいの目安になりますね。

 

セールスランク3000位目指すためにこれからやること

現在50000位前後をうろうろしてるんですけど、
これまでこれといって大したプロモーションをしてませんw

軽くAuto targetingでスポンサープロダクトかましたぐらいです。

で、これからやっていくことを今から連ねてみたいと思います。

 

プロモーションの作成

プロモーションの作成をします。

これは、スポンサープロダクトとは全く別ものです。

まとめ買いしたら◯%OFFですよとか、
A商品買えばB商品が50%OFFですよとか、
そういったのが組めます。

これ実は売れてるブランドって結構がっつりやってるんですよね。

こんな感じで。めっちゃ多いよね。

とりあえず関連商品と組み合わせて、がっつりプロモーション組んでみたいと思います。

 

amazon Giveawayの登録

次に新しいプロモーションのひとつですが、Giveawayプログラムもやってみます。

こんな感じのページがamazonにありまして。

特定の条件をクリアした参加者に対して、商品をプレゼントなり割引なり与えることができると言うプログラムです。

EIKING
ごめん、まだよく調べてない

たとえば、Twitterアカウントフォローしたら申込みできますよとか、
Youtubeの動画を30秒閲覧したら申込みできますよとか。

なので、ちょっと仕組みがいまいちまだハテナですが、
とりあえずやってみます。

新しい商品とかなり相性が良いみたいです。

 

ブランド申請

これはちょっと最初に商品作った時点でやっておくべきだったんですが、
もしかしたらできないかもしれません。

できたらいいな的な。

なぜできないかもしれないかというと、
すでに登録してるブランド名でのブランド申請はできるんですが、

別のブランド名で申請して、
今商品に登録してるブランド名を、
ブランド申請したブランド名に変更しなおすことはできないからです。

で、現在商品に登録してるブランド名は、
商標もなにもないクソのようなブランド名にしてるので、おそらく通らないのでは説。

 

商品コンテンツの充実

これは特にですね。

画像がまだちょっと弱いし、商品説明の箇条書きも詳細説明も弱いです。

ちなみに箇条書き説明文も商品詳細説明文も検索対象です。キーワードだけではありませんので、このあたりのコンテンツも強化していくことがamazon内のSEO対策につながります。

もちろん全く関連のないコンテンツをただ連ねても意味ないです。

ですが、関連のあるコンテンツ(例えば商品の背景であったりとか)は商品詳細説明文(Description)にぶちこんでもいいのでは。

なんせ、僕の英語力が許す範囲でやってみたいと思います。

 

最強のキーワード見直し

実は現在、lismoaにて最強のキーワード選定ができる仕組みをつくっています。

ちらっと見せるとこんな感じ。

ようは今、

  1. 商品タイトル
  2. 箇条書き説明文
  3. 商品詳細説明文
  4. キーワード

で使ってるキーワードをカウントすることができ、
プラスで、

  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード

などをGoogleやAmazonから取得して追加することができます。

lismoaでは現在日本語には対応してますが、
英語ももちろんすぐ対応予定です。

 

プロモーションとキーワードがカギを握る予感

まだ予感レベルなんですけど、
おそらくスポンサープロダクトって限界があると思うんですよ。

クリック単価高いですし。

なので、プロモーションによる販促と、
キーワード選定によるSEO対策がキモになってくるのかなと。

まあスポンサープロダクトのキーワード選定も大事ですけどね。

EIKING
とりあえずやってから言えよ

そうですね!

年末年始クソ暇なのでやったりますわ!!!

 

lismoaは現在、無料でお試しできます。

ECインフラlismoaを無料で使ってみよう


lismoaは全てのECのインフラに。

lismoaは世界中のamazonなどで販売するためのEC販売のインフラとして、

  • ・商品ページ作成代行
  • ・配送拠点ネットワーク
  • ・在庫共有ネットワーク
  • ・売上データアナリティクス

を提供しています。絶賛開発中ですが、とにかく使ってみてほしい。

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。