SHIELD(XSH)が買える仮想通貨取引所Stocks.exchangeの使い方まとめ

Stocks.exchangeの取引所を使ったことあるならわかると思うんですが、
超絶使いにくいですよねw

何をするにしても2、3回迷うことも多いです。

Stocks.exchangeにアカウント開設したはいいけど、
使い方がまるでわからんからSHIELD(XSH)を買いたいときに買えない!

まだStocks.exchangeのアカウントを開設してないという場合は、どうぞこちらの記事へ。

仮想通貨取引所Stocks.exchangeでSHIELD(XSH)を購入しました

2017.12.30

という人も多いハズ。

EIKING
まあ私の場合はBTCが着金まで13時間かかって買えなかっただけですけどね

ということで、使いにくいStocks.exchangeを割りとマスターしたので開設してみますわ。

 

Stocks.exchangeでの取引画面の使い方

SHIELD(XSH)のチャート・取引画面の表示

え、そっから!?って感じなんですけど、
まあなんせわかりにくいので。。

まずログインして、「EXCHANGE」をクリックするじゃないですか。

この時点でデフォルトでXSH/BTCの取引画面が表示されてたんですけど、
なんか違う通貨に変わってます。

次に画面右側の歯車タブをクリック。

通貨ペア一覧が出てきます。

ただめっちゃ多いのでSHIELD(XSH)を探すの大変。
なので、VOLUME(出来高)で並び替えます。

Stocks.exchangeの大半の取引はSHIELD(XSH)ですw

一番上にやってきますのでクリックします。

するとようやくチャートが拝めるわけです。

EIKING
まあこのチャートが鬼のように見にくいんだがな

 

SHIELD(XSH)の売買方法

これは以前の記事で書いたのでざっくり再度説明します。

売り板の値段をクリックすることで購入金額を入力できます。

BTC残高を押すと購入数量が自動で全残高分のXSH数量が入力されます。

もちろん両方とも手入力でもOKです。

 

Stocks.exchangeでの入出金の使い方

Stocks.exchangeでのウォレット残高確認

次に現在の自分のアカウントのウォレット残高の確認です。

今度は左側のハンバーガーメニュータブをクリックします、

次にWALLETSの「Manage」をクリック。

そしたら通貨毎の残高一覧が表示されます。

入出金はどうやるねん?
ここではもはや割愛しますが、基本的にはどの取引所でもやりかたは同じです。今回のStocks.exchangeでいうと、DEPOSITが入金でWITHDRAWが出金です。DEPOSITを押せば入金用アドレスが表示され、WITHDRAWを押せば出金先アドレスの入力フォームが表示されます。あとは・・・わかりますよね。

 

入出金の履歴を表示する

ウォレット残高画面を下にスクロールしていくと存在しています。

DEPOSIT HISTORYが入金履歴で、WITHDRAWAL HISTORYが出金履歴です。

 

これまでの取引履歴を表示する

これが一番悩んだ。これのために書いてたようなもんですよ。

まず、現在のウォレット残高画面にいる状態で、
さっき最初にクリックした歯車タブをクリックします。

取引画面でクリックしても、説明したとおり通貨ペア一覧しか出てきませんよね。このウォレット残高画面でしか確認できません。

するとこんなメニューが。

全部だいたい取引履歴系なんですけど、
おそらく僕らがほしいのはこの「My Analysis」のやつだと思います。

こんな感じで履歴が表示されます。

ポートフォリオ管理アプリへの入力にはこのデータが必要かと。

 

iOSアプリのログイン方法

最後に、Stocks.exchangeのアプリのログイン方法についてです。

ちなみにこのアプリ、なにもできないですw
ウォレット残高とか取引履歴見れるだけです。

それでも欲しい!というかたはこちらからDLどうぞ。

まず管理画面左のハンバーガーメニュータブをクリックして、
API KEYSタブをクリック。

「Add API Key」でAPIキーを発行します。

秒で発行されるので、「Show QR Code」をクリック。

QRコードが表示されるので、
それをDLしたアプリでスキャンしたらログインできます。

「Login with QR」から。

EIKING
以上参考になれば幸いですが、正直このアプリはいらんわ
Makosei
うそっしょ。。。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。