amazonオーストラリア新規オープン、全力かスルーか?

昨年末ですが、amazonオーストラリアがオープンしました。

というか以前からあったんですけど、
例によってKindle商品しか並んでなかったんですね。

ほんで先行販売ということで、
去年の夏ぐらいからamazonグローバルセリングチームから準備してもらってました。

それから長らくして、ようやくオープンしたamazonオーストラリア。

全力なのか、スルーなのかどっちがいいでしょうか。

 

amazonオーストラリアについて

とりあえず具体的な日程は知らないんですが、
いつの間にか販売がスタートしてました。

試しにあいのりで出品してみましたが、
普通に出品できました。

カテゴリもKindleだけだったのが、
ほぼ全カテゴリ出現。

言語も英語なので、やりやすいですね。

これで、英語でのamazonプラットフォームは、

  1. amazon.com (アメリカ)
  2. amazon.ca (カナダ)
  3. amazon.co.uk (イギリス)
  4. amazon.in (インド)
  5. amazon.com.au (オーストラリア)

 

で合計5つになりました。

 

amazonオーストラリアはなにが違う?

僕らがメインで販売してるUSと比較してなにが違うでしょうか。

Makosei
え、英語やしそんな変わんないんじゃ・・・
EIKING
なにもかも違うやろ、アホちゃう
Yuya
やっぱあああああああああああああああああああああ

全部上げるとキリがないので、
重要な部分だけあげてみますわ。

通貨がAUD

まず、通貨ちゃいますね。

豪ドル(オーストラリアドル)です。

2018/1/9現在でレートはこんな感じ。

日本円でいうと88円ぐらいかな。

なのでUSDの8割ぐらいの感覚がわかりやすいかなと思います。

もちろんAUD口座なら生レートで売上金受け取れますが、
他国口座使っちゃうとamazon(893)為替レート適応されちゃいますので気をつけてね。

PayoneerでAUD口座ソッコーでリリースされてますのでそっち使いましょう。

 

FBAがまだ、ない!

これ一番大問題で、早く対応してほしいんですけど、
今んところFBAが稼働してないんですよねw

うちもオーストラリアやるならFBAかなと思ってます。

理由は下記の2点。

 

書留SAL便が使えない

新万国郵便条約の施行に伴う国際郵便サービスの一部変更について

自社発送だと、オーストラリア宛は書留SALが使えないんですよね。

なので追跡ありだとePacketとかになっちゃいます。

 

日本から物理的距離が近い

これはFBA納品するなら最強に有利ですね。

どこと競っての有利なのかは不明ですが、
なんせ距離がアメリカやヨーロッパなんかよりは近いので、
納品到着も早いです。

たかだか数日かもしれませんが、
数日の販売機会取れるのはでかいですよ。ホンマ。

 

結論amazonオーストラリアは全力なのか?スルーなのか?

結局どうしたらええねんと。

僕の個人的な意見なんですが、

EIKING
FBA稼働したら全力はあり

かと思います。

理由は2つあって、

  1. オーストラリアンはFBAの本当のすごさをまだ知らない
  2. eBayのオーストラリア売上から見るポテンシャルの高さ

です。

たぶんね、日本でもそうだったと思うんですけど、
いい意味でFBAにハマるユーザが絶対多いと思うんですよね。

だから、これまでとさほど変わりないECであるamazonとなるとそこまで本気出すほどでもないのかなと感じました。

EIKING
まあ逆にそこを狙って全力もありかと

そうですね、

それとeBayのこれまでの国別売上データとかいろいろ見てる限り、
オーストラリアはかなり大きい市場です。

ポテンシャルは十分にあるので、やる価値はあるでしょう!
うちもFBA稼働したら参戦する予定です。

 

PRIMAはいち早くamazonオーストラリア対応してます

amazonデータ・価格取得と自動価格改定で、
多くのユーザに使ってもらってるPRIMAは、
すでにamazonオーストラリア対応してます。

このへんのアプデは最速でやってますので。

amazonオーストラリアでのコンペティター調査や、
データ収集、さらには自動価格改定など、
まだ対応してないツールも多いと思うのでぜひ使ってみては。

30日間無料でトライアルありますので😇

ECインフラlismoaを無料で使ってみよう


lismoaは全てのECのインフラに。

lismoaは世界中のamazonなどで販売するためのEC販売のインフラとして、

  • ・商品ページ作成代行
  • ・配送拠点ネットワーク
  • ・在庫共有ネットワーク
  • ・売上データアナリティクス

を提供しています。絶賛開発中ですが、とにかく使ってみてほしい。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。