MyEtherWalletからMETAMASK(メタマスク)を使ってイーサリアム(ETH)送金

さて先日6分で完売したセントラリティのICOに参加しようとして、
微塵も買えなかったので、BlockhausからETH引き出してMyEtherWalletから取引所に戻す一連の流れがありました。

そこで、Blockhausで使ったMETAMASKがかなり便利だったので紹介したいと思います。

ちなみにMyEtherWalletもMETAMASKでアクセスできます故に。

 

METAMASKのインストールと初期設定

METAMASKはChrome拡張機能です。

まずはChromeウェブストアからMETAMASKをインストールします。

Chromeのアドレスバーの右側に追加されると思います。

なんか利用規約出るので、スクロールして(読んで)Accept。

まずはMETAMASKのパスワードを設定します。

パスワードはもちろん記号入りの30桁ぐらい推奨。

次に12個のバックアップフレーズが表示されます。
これももちろん保管。

ハードウェアウォレットと同じでこれなくしたらアウトです。

これでセットアップ完了です。
ログインしたら一つETHアドレスが作成されてると思います。

それ使ってもいいですが、
今回は既存のETHアドレスをインポートしてみます。

 

METAMASKに既存ETHアドレスをインポート

ということで普段使ってるETHアドレスをMETAMASKにインポートしてみます。

人間の周りをくるくる回ってるアイコンをクリックします。

「Import Account」から。

「Private Key」もしくは「Json File」でインポートします。

ここで既存のETHウォレットのものをぶち込みます。

EIKING
MyEtherWalletログインするとき使ってたやつな

これで「Account 2」ってのが追加されたはずです。

 

METAMASKでMyEtherWalletにアクセス

ウォレットのインポートが終わったら、
METAMASKをAccount 2に切り替えておきます。

そしてMyEtherWalletにアクセス。

「Send Ether & Tokens」から、「MetaMask / Mist」を選択。

MEW側も「This is recommended way」と言ってますね。

「Connect to MetaMask」をクリックすると秒でアクセスできます。

EIKING
こりゃ便利やわ
だいたいオンラインでJSONファイルやPrivate Keyでアクセスすのは大変危険です。
絶対MetaMaskかTREZORなどを使いましょう。

それかオフラインでMEWへアクセスすることをおすすめします。

 

MyEtherWalletからイーサリアム(ETH)送金

送金先イーサリアム(ETH)アドレスと送金額入力

あとは通常のMyEtherWalletでの送金とほぼ同じです。

送金先イーサリアム(ETH)アドレスと送金額を入力します。

  • To Address=送金先アドレス
  • Amount to Send=送金額(ETH)

そして「Generate Transaction」をクリックします。

ちなみに送金先がBinanceの場合は「Funds > Balances」から、アドレスの確認できます。

 

そしてなにか文字列生成されるので、
その後「Send Transaction」をクリックします。

「Yes, I am sure! Make Transaction.」をクリックします。
するとMetaMaskが起動するはずです。

 

ウォレット残高が不足している場合

ETHの送金手数料分の残高を残してないと送金できないので、
ウォレット残高が不足する量の送金額にすると下記のようなMETAMASKが起動します。

「Insufficient balance for transaction」と。

この場合は一回REJECTして、送金額を調整しましょう。
残高が足りてないってことなので、
ちょっと減らします。

 

ウォレット残高が足りている場合

通常であればこのような感じになるので、
「SUBMIT」を押して完了になります。

なお、イーサリアム(ETH)の送金であれば、ガスリミット及びガスプライスはデフォルトでOKです。

詳しくはこちらの記事もどうぞ。

MyEtherWalletでのGas Limit、Gas Price、Nonceってなに?

2018.01.18

 

イーサリアム(ETH)の送金完了!

MyEtherWallet上で緑帯が出たら送金手配完了です。

「Verify Transaction」などから送金状況を確認できます。

どうでしょう、METAMASK認証でのMyEtherWallet送金。

Makosei
え、めっちゃ良くないっすか?
Yuya
めっちゃえええええええええええええええええ
EIKING
METAMASK便利やな。ただ便利故に使わんときはログアウトしときたいな。PCパクられたら終わる

ただフィッシング詐欺の検知などをしてくれるので、
拡張機能自体はONにしておくことをおすすめします。

イケハヤ大先生も推してます😇

 

MyEtherWalletの使い方についてはこちらの記事も多く読まれてますのでよかったらどうぞ。

ERC20準拠のイーサリアムトークンをMyEtherWalletで受取・確認する方法

2017.10.02

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZOR及びLedger Nano Sの正規販売店です。

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。