Electroneum(ETN)をウォレットへぶち込んでモバイルマイニングする

ちょっと前ですがElectroneumが気になって、
ちょっとだけ購入しました。

EIKING
えへ。

ただ購入できるのがCryptopiaという魔境のみ、
今回のコインチェック騒動もあり、取引所保管は危険なのでウォレットに移すまでの一部始終をまとめてみました。

 

Electroneum(ETN)はなにがすごい?

Electroneum(ETN)はなにがすごいかというと、
モバイルアプリでマイニングができちゃうのです。

といってもまだ現在はBeta版みたいですけど。

MOBILE MINING BETA UPDATE

We are happy to say the mobile mining beta has started.

Over the course of this week we completed some internal (and commercial partners) testing which was very successful. We have now sent it out to the first 100 applicants for the beta program.

We would be grateful if everyone could please check their email to see if you are one of the lucky first group of testers.

Once we have completed this round of testing we plan to roll it out to more people to test the scalability of the miner, allowing many more applicants to gain access to the mobile miner. At this stage we will also be adding some additional features.

This is a great step forward as the mobile miner gives access to a huge new market, the unbanked. We will be able to give people in some developing countries access to earn digital currency for free, in places where they don’t even have a bank account.

As well as accessing the unbanked, this will add to the agreements we have in place where Electroneum holders and miners can offset the cost of their phone bill with ETN.

This is another step on our goal to mass adoption.

Chris Gorman

Director

Electroneum Facebookページより引用

ちなみにiPhone用アプリは2018.01現在リリースされていません。

それと大手取引所にも着々と上場準備が進んでるみたいです。

下記が現在申請中の取引所です。

現在(2018.01)はCryptopiaだけですが、
LiquiとHitBTCは上場確定しています。

あといろいろElectroneumはいいところあるんですが、
今回は趣旨が違うので割愛します。また別の記事で書くわな。

 

Elecroneumのウォレット作成

Electroneum公式ウォレットの登録

ということで、まずは公式のElectroneumのウォレットを作成していきます。

このウォレットに送金すれば、
モバイルアプリでもアクセスできるようになるので、
最終的にモバイルマイニングができるようになる!

はずです。近いうちね。

ということで公式サイトよりウォレットを開設していきます。

「Create account」へ。

次に必要情報を入力します。FacebookでログインしてもOKです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 確認用パスワード
  • reCAPTCHAチェック

の入力ができたら「Create account」をクリック。

 

SMSでの二段階認証設定

次に携帯のSMS(ショートメッセージ)での二段階認証の設定を行います。

  • Country Code= +81 (Japan)
  • 携帯番号
  • reCAPTCHAチェック

を入力して、「Send SMS」をクリック。

ベーシック認証が入るので、「OK」。

すると携帯にSMSが飛んできます。

飛んできたコードを「Conditmation Code」に入力します。

PINリカバリー用メールアドレス認証

次に、PINコードを設定する前に、
PINコードをリセットするためのメールアドレスを登録します。

これは、実際に登録したメールアドレス以外のメールアドレスである必要があります。

  • サブメールアドレス

を入力して「Continue」。

登録したサブメールアドレスに認証メールが飛んできます。

メール本文内のComfitmation linkをクリック。

reCAPTCHAチェックして認証完了です。

 

PINコードの設定

最後にPINコードを設定します。
「Continue」をクリック。

5桁のPINコード(半角数字)を設定します。

  • 5桁のPINコード
  • 確認用5桁のPINコード
  • reCAPTCHAチェック

を入力して、「Save PIN」をクリック。

これでアカウント設定は完了です。

 

Electroneum(ETN)をウォレットへ送金

仮想通貨取引所Cryptopiaで購入

ということで現在はCryptopiaでしか購入できないので、
重い腰を上げてCryptopiaへ行ってみましょう!

EIKING
アカウント開設の記事は正直めんどい。6月にすでに開設しとったし。なんで、自力で頼むわ。
  • Cryptopiaアカウント開設
  • BTCをCryptopiaに送金
  • Exchangeタブ > 通貨リストBTC内 > ETN
  • Buy ETNから注文
EIKING
ここはついでやから雑にこなしたけど、ETN買えた?

 

Electroneumのウォレットアドレスを取得

Electroneumのウォレット管理画面へログインします。

ログイン後、右サイドバーにある、「Your Public Wallet Address」が入金用アドレスです。

こちらを「Click to copy」でコピーします。

 

Cryptopiaのアカウントからウォレットへ送金

Cryptopiaにログインした状態で、トップバーのBマークから「Withdraw」をクリック。

Select a currencyのテキストエリアで「etn」と入力すると、
Electroneum(ETN)が出現するのでクリックします。

そして「Next」。

送金用のフォームが出てくるので、こちらに必要情報を入力します。

  1. 送金数量(ETN)
  2. コピーしたウォレットアドレス
  3. 空白でOK
  4. Cryptopiaの二段階認証コード

を入力して「Next」をクリック。

確認用メールが飛びましたので、メールボックスを確認します。

「Done」押しといて。

メールが届いてるので、「Confirm Withdraw」をクリックします。

これで送金処理は完了です。

 

Electroneum WalletアプリをDL

Electroneum(ETN)の着金を待ってる間に、
スマートフォンでElectroneum Walletのアプリをダウンロードします。

ちなみにiPhone用アプリは2018.01現在リリースされていません。

Electroneum Walletのアカウントを作成した際のログイン情報の入力、
そしてPINコードの入力をしてログインします。

 

Electroneumの着金確認

そろそろ着金したでしょうか。

なお、Electroneumのトランザクションはこちらから確認できます。
※要Transaction hash

アプリの「Wallet」タブにて、「Received ETN」となって、「Complete」がついてれば着金完了です。

これでモバイルマイニングの準備は完了でしょう!たぶん!

EIKING
いつ始まんねやろね

 

あとはモバイルマイニング開始を待て

ということでこれで、Electrineumモバイルマイニングの準備は整ったかと思います。

あとは公式からの発表を待つのみですね。

こちらのリンク先のFBページで割りと最新情報をゲットできます。

Makosei
Electroneumは情報発信がFBメインなんすね。。。
EIKING
せやな、仮想通貨界隈では珍しい

TwitterでもこうやってFB記事の配信はしてるので、
どっちかはフォローしておきましょう。

 

まあウォレットに入れちゃうと、安全な分、
管理も自己責任になるのと、売りたいときにすぐに売れないというデメリットがあります。

ですが、ガチホするならもちろんウォレットのほうがオススメなのでぜひ使ってみてください。

ちなみにElectroneumはセキュリティが強固で、
このウェブウォレット以外に完全オフラインのペーパーウォレットもあります。

それの使い方はまた別の記事で書きます故に。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZOR及びLedger Nano Sの正規販売店です。

EIKING
質問や相談は、TwitterかLINE@でお気軽にどうぞやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。