チェコのプラハまでいってTREZORセールスチームと商談してきました

ちょっとレポートが遅くなりましたが、
チェコのプラハにてTREZORのセールスチームとお話してきました。

まあそこまで公開できる内容も多いわけではないんですが、
行ってみての感想や、
今後うちのMyHardwareWalletとTREZORの関係性などについて書いていきたいと思います。

ちなみに僕は一応行ったんですけど、
英語がいまいち理解できなくて8割会話イミフでした。

Makosei
何しに行ったんすか。。。
EIKING
おいだまれ。

 

TREZORのセールスチーム

TREZOR内ではいろいろチームが別れてて、
今回会ったのはセールスチームの2人(Michaela, Jan)です。

 

TREZORのセールスチームは、
2018年から2人追加して、ここには載ってないですけど現在4人のようです。

 

うちがTREZORへ伝えたかったこと

まあそもそも、何しに行ってんって話なんですけど。

いろいろと思惑があったのですが、
一番は「現状の日本市場のリアルな声を伝えてそれを反映させた販売をしていきたい」ということです。

きっかけの一つはコインチェック事件でした。

あとは、うちのMyHardwareWalletに来る問い合わせ内容など。

結論、とにかくみんなハードウェアウォレットが何なのか理解してないんですよw

ハードウェアウォレット内で仮想通貨を保管できるとか思ってる。

EIKING
違うで

正確にいうと、
ウォレットにアクセスするためのプライベートキーをTREZORで取り扱う

といった感じです。

例えばTREZORの場合ですと、
BTCやDASH、LTCなどはTREZOR Walletでアクセスできます。

ですが、ETHやETCなどはMEW(MyEtherWallet)を使うわけです。

ただ両方共通してるのは、

ウォレットにアクセスするためのプライベートキーはTREZOR内部のものを使っている

という点です。

おっと話がそれました。
とにかく日本では使い方がいまいちわかってない人が多いんですよ。
なのでブログ漁ったりとか、うちみたいなとこに問い合わせしないと使えない人も多いのです。

そして、これらの一番の理由は、

EIKING
みんな英語読めないから。

です。

なので日本語のサポートやドキュメントがもっと普及すれば、
日本でももっと使う人も増えるだろうと思ったわけです。

 

TREZORが考えている日本市場

そのへんを伝えたのちにもらった回答なんですが、
結論からすると、日本語コンテンツに関してはそこまでやる気は感じられませんでしたw

ウォレットやマニュアルなどの翻訳業務は、
やってるところがあるんですが、特にそこまで優先度が高いわけでもなく、
急ぎたいという雰囲気も感じられませんでした。

EIKING
ウォレットも一部しか翻訳されてないしね

このあたりは、僕が伝えきれなかった部分もあるのだと思います。

EIKING
そもそも英語そんなしゃべれんから、俺。

 

まああといろいろ話あったんですけど、
どちらにしろTREZOR公式からの日本語対応というのはほぼないだろうという結論です。

ちなみにTREZOR初期設定に関しては、記事書いてます。

ハードウェアウォレットTREZOR初期設定とTREZOR開封の儀ダイジェスト

2017/10/18

 

今後のMyHardwareWalletとTREZORの関係

最後に、考えている今後のMyHardwareWalletとTREZORの関係についてです。

もちろん、今後もハードウェアウォレットTREZORの正規販売代理店として、
日本国内でTREZORを販売していくことは変わりないと思います。

ただなんか、業界としてもっとおもしろいことできないかなと思っていろいろ提案してきました。

まだそのあたりは調整段階なんで、どうなるかわかんないんですけど、
うまくいけば(というかマーケティングチーム次第)、
何かしらTREZORとのコラボができるかもしれません。

あとは、このブログもそうなんですが、
今後僕個人的にですが、仮想通貨関連のメディアに絡んでいくことも増えそうです。

なので、こういったブログなどのメディアを通してなにかTREZORとできたらいいなと思っています。

わからん、このあたりはわからんけど。

2018年はなにか、おもしろいことをしたいなと思っています。

 

ということでMyHardwareWalletをよろしく

てな感じで、
TREZOR正規販売代理店MyHardwareWalletの運営会社CEOとして、
TREZORセールスチームと会ってきた話でした。

まあでも二人ともいい人でした。

てかMichaelaちゃんはめっちゃ美人でしたね。
チェコ美人。

ということで、今後共MyHardwareWalletをよろしくお願いします😇

 

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。