METAMASK(メタマスク)でERC20準拠イーサリアムトークンの残高を確認する

METAMASK(メタマスク)シリーズ続きます!
これ実は結構便利なんですよね〜

今回はMETAMASKで、ERC20準拠のイーサリアム系トークンの追加方法についてです。
MEW(MyEtherWallet)なんかより超絶便利でした!

なんか使ってると手放せなくなってきましたね。

キツネ様もかわいいですし。

 

ERC20準拠のイーサリアム系トークンとは

まあ今さら感ですが、簡単にいうとイーサリアムのプラットフォームを使って開発されているトークンたちのことです。

このあたりですね。

見てもらったらわかりますが、

時価総額上の方だと、

  • EOS
  • TRX
  • OMG
  • VEN
  • ICX
  • BNB

などなど。

多くの有名アルトコインが名を連ねています。

つまりこれらのトークンは、1つのイーサリアムアドレスで、
送受信できるのです。

便利ですよね。

ちなみに、実際そのトークンがERC20なのかどうかってがわからない場合は、
こちらの記事を参照してもらえるとわかるはずです。

その仮想通貨(トークン)がERC20準拠のイーサリアムトークンか簡単に確認する

2018.01.11

 

トークンをウォレットで確認するときに必要なもの

実際に、自分が持っているERC20トークンですが、
ウォレットにアクセスしただけでは見れません。

EIKING
いや、なんでやねん

まあこれ僕も最初思いました。

などのエクスプローラーサイトでは確認できるんですけどね。
ウォレットからだと、設定なしでは閲覧すらできないわけです。

ただ設定するための情報は上記2サイトで取得できます。
詳しくはこちらの記事をどんぞ。

イーサリアム系ERC20準拠トークンのAddress, Symbol, Decimalsを取得する方法

2017.10.05

そこで、実際にMETAMASKやMEWなどでトークンを確認するために、

  • Contract address
  • Token symbol
  • Decimals

というのが必要になります。

MEWでの設定方法見てもらえると、
どんな感じなのかイメージしてもらいやすいかと。

ERC20準拠のイーサリアムトークンをMyEtherWalletで受取・確認する方法

2017.10.02

 

METAMASKで実際に保有トークンを追加表示する

それでは実際にMETAMASKにも追加表示して、
保有するERC20トークンをMETAMASK上でも確認できるようにしてみます。

そもそもMETAMASK!!!???ってかたはこちらをご覧あれ。

MyEtherWalletからMETAMASK(メタマスク)を使ってイーサリアム(ETH)送金

2018.01.25

Chrome拡張機能のMETAMASKをクリックします。
そして「TOKENS」タブへ。

「ADD TOKEN」をクリックします。

入力フォームが出て来るので、追加したいERC20トークンの「Token Contract Address」を入力します。

Contract address入力だけでOK
どうやら、METAMASKはContract addressから自動的に、Token SymbolとDecimalsを取得してくるみたいです。よって、これらは自動で入力されるので、入力不要です。たまにトークンによっては、Token Symbolが入力されないものがあります。それは手動で入力してやる必要があります。(例:ICOBOXのICOS等)

ちなみにERC20トークンのContract addressは、

イーサリアム系ERC20準拠トークンのAddress, Symbol, Decimalsを取得する方法

2017.10.05

でも書いてますが、

で確認できます。

Etherscanの場合、
自分のイーサリアムアドレスをヘッダーのフォームに入力してGO。

View Tokensをクリック。
トークン一覧が表示されるので、確認したいトークンを選択します。

すると、「ERC20 Contract Address」というのが確認できます。

これを「Token Contract Address」にコピペで入力します。
そして最後に「ADD」をクリック。

Yuya
追加されとるうううううううううううううううううううう
ちなみに「ADD」クリックだけでは表示されないので、一度「SENT」タブへ移動して「TOKENS」タブへ戻ると表示されます。

 

その他複数のトークンの追加表示が可能

MEWもそうですが、METAMASKでも、
同じ要領で自分が保有してるトークンをどんどん追加することができます。

EIKING
このあたりはMEWより使い勝手いいかも

MEWだと全部手動で入力する必要がありますからね。

 

ERC20トークンは一元管理すると便利

今回はMETAMASKを使ってのERC20トークンの管理・閲覧方法についてでした。

が、別にMEWだけでもいいひとはそれでもいいと思います。

しかし、
現在MEWのほうでも推奨されていますが、

  • METAMASK
  • Ledger Nano S
  • TREZOR

などを使ったウォレットへのアクセスをするようにしましょう。
これはセキュリティ上の問題を限りなく排除するためです。

EIKING
そう、すでにMEWではPrivate KeyやKeystore fileでのアクセスは警告がでまっせ

てことで、MEWも推奨される方法で利用するようにしましょう。

TREZOR買うならうちで。

Ledger Nano S買うならこちらから。

EIKING
こちら昔から仲良くさせてもらっている会社なので、安心してご購入可能やで

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。