MEW(MyEtherWallet)が推奨するウォレットへのアクセス(接続)方法

イーサリアム(ETH)のウォレットは、多くの人がMEW(MyEtherWallet)を使用してるかと思います。

ですが昨今、
MEW(MyEtherWallet)のフィッシングサイトなども出現してますし、
なにげに使ってたら実は危ない可能性があります。

今回は、MEWが推奨するアクセス方法について紹介(ざっくり)したいと思います。

ざっくりなので、あまり期待しないように!

 

MEW(MyEtherWallet)へのアクセス方法一覧

MetaMask / Mist

これは最近も割りと記事書いてますけど、
MetaMaskというChrome拡張機能を使ってMEWにアクセスします。

MetaMaskに一度ウォレットをインポートしておけば、
度々ウォレットのPrivate KeyやJSONファイルを使用する必要はありません。

EIKING
これは便利。だが、もちろんMetaMaskのログインパスワードぱくられたらいっしょ。

MetaMaskの使いかたについては下記記事で解説しております。

MyEtherWalletからMETAMASK(メタマスク)を使ってイーサリアム(ETH)送金

2018.01.25

 

Ledger Wallet

言わずと知れたハードウェアウォレット。

LedgerをPCに接続した状態で、MEWにアクセスすることで、
Private Keyをハードウェアである、Ledger内から参照してアクセスするのでオンラインでも安心。

アクセスするには、PINコードをデバイスで入力後、
Ethereumアプリケーションを起動させる必要があります。

EIKING
Ledgerはデバイス側の操作が必要なのね。

Ledgerの使いかたのついては、
そういえば記事書いてねえな。。

まあでも、こちらの正規代理店で買ったなら、
サポートしてくれると思うよ!(よろしくどす)

 

TREZOR

こちらもLedgerに並ぶハードウェアウォレット。

Ledgerと基本的にはほぼ同じです。
TREZORからウォレットをエクスポートして、MEW上で管理します。

まあ概念はいっしょです。

ちなみにアクセスするには、PINコードの入力だけでOKです。

EIKING
TREZORはPINも入力自体はPCでやるので、デバイスは挿してからの操作はない。

こちらも特にMEWでの使いかたは記事書いてないんですけど、
使いかたもなにも、TREZORぶっ刺してMEWアクセスするだけですからね。

TREZORの初期設定などはこちらの記事で解説してます。

ハードウェアウォレットTREZOR初期設定とTREZOR開封の儀ダイジェスト

2017.10.18

まあNano Walletとほぼ同じですね。

TREZORを使ってNano WalletにログインしてNEM(XEM)アドレスを管理する

2017.12.25

 

Digital Bitbox

最近ちらちら聞くようになったハードウェアウォレットです。

結構ちっちゃいんですけど、MicroSDカードを指してそこでバックアップとったりできるものです。
ちっちゃすぎて逆に管理しづらそうな気もするけど。

とりあえずサンプル発注したので、また後日レビューします。

EIKING
持ってないのでまた後日。

 

Keystore / JSON File

これはローカルファイルをアップロードしてアクセスする方法です。

JSON形式のキーストアファイルです。
MEWのウォレット作成時はDLしてるはず。

キーストアファイルのアップロード後、ウォレットのパスワードの入力が必要です。

EIKING
初期の頃はこれでよくアクセスしてたなあ。

 

Mnemonic Phrase

こちらは復元用の暗号化フレーズでのアクセスです。

MEW自体は、現状この暗号化フレーズはウォレット作成時には生成してくれないんですが、
他で作成したウォレットの復元などに使えます。

EIKING
まあ通常は暗号化フレーズでアクセスすることはほぼないよね。

 

Private Key

最後にプライベートキーです。

通称、日本語では「秘密鍵」とか言われたりしますが、
まあ同じものです。

Private Keyは、ランダムな文字列なんですがこれひとつで一発でアクセスできてしまいます。

なのでもちろん便利なんですけど、
本当にそれでいいのか感は否めません。

EIKING
まあPrivateっていうぐらいだから察し。

 

ローカルファイルでのアクセス

これはあまり知られてないかもしれませんが、
実はMEWはローカルファイルでのアクセスが可能です。

正確には、トランザクションの生成がオフラインで行われればOKなんですが、
一応インターフェースとしてオフライン用が用意されています。

WEBサイトというのは、基本的にサーバ上にあるHTMLファイルにアクセスしてブラウザに表示されてるんですが、
それをローカルのHTMLで表示するということです。

ちなみにMEWのファイル一式は、GithubからDLできます。

 

最新Verの、etherwallet-vX.XX.XX.zipをDLしたら使えます。

EIKING
TREZOR対応のNano Wallet(Universal Client)もこんな感じね。

ローカルトランザクションの記事はまた書きます故に。

 

何をもって安全というのか

一通り、実際にMEWでアクセスできる方法を紹介しました。

何をもって安全なのかというところですが、
MEWでは下記のようなことが書かれています。

Entering your private key on a website dangerous. If our website is compromised or you accidentally visit a different website, your funds will be stolen.

要するに、秘密鍵をウェブサイトで「入力」することは危険で、
最悪の場合、資産パクられまっせということ。

なので、逆に言うと、
秘密鍵自体をオンラインに晒さないアクセス方法が安全ということです。

 

安全なMEW(MyEtherWallet)へのアクセス方法

ということで、安全なMEWアクセス方法、
つまり、秘密鍵自体をオンラインに晒さないアクセス方法はどういったものでしょうか。

それが下記になります。

  • MetaMask / Mist
  • Ledger Wallet
  • TREZOR
  • Digital Bitbox
  • ローカルアクセス

 

要するに、MetaMaskかハードウェアウォレット使えということですね。

また、下記3つは基本的にウォレットの生情報になります。

  • Keystore / JSON File
  • Mnemonic Phrase
  • Private Key

通常の頻繁に行うような、送金などの作業では、使用しないことをオススメします。

EIKING
まあ個人的なオススメはTREZORやけどな
Makosei
それ、自社で売ってるからでしょ!!
EIKING
当たり前

とは言うものの、普通にTREZORは使い勝手いいです。

ウォレットのインターフェースも最近刷新されたり、
上位版のTREZOR Model Tも最近プレオーダー分が出荷開始されたり、
いろいろと開発も力入れてるみたいです。

あと近いうち、TREZOR絡みでおもしろい発表もできそうです。

お楽しみに!

MEWconnectリリースされました
MyEtherWalletから公式のiOSアプリがリリースされました。

このアプリを使うことで、秘密鍵をスマホ側で保管したまま、MyEtherWalletにアクセスできるようになります。
よって安全な接続が可能です。

詳しくはこちらの記事で解説してますので。

iOSアプリ「MEWconnect」の初期設定とMyEtherWalletへの接続方法

2018.09.21

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。