NEOのウォレットNeon Wallet(ネオンウォレット)の作成方法

BinanceでもNep5系トークンであるレッドパルス(RPX)がBinance上場したり、
Neo系トークンがこれからどんどん表に出てくるんじゃないでしょうか。

僕もその流れからか、ちょっとNep5系トークンの受け取りがあり、
Neoのウォレットを持ってなかったので、作成することとなった次第です。

 

ERC20とNep5は何がちがうのか

同じようでちがう仲間としてERC20があります。

ERC20系イーサリアムトークンに関しては、
このブログで幾度となくあげてきました。

イーサリアムプラットフォーム上のトークン基準みたいなもんです。

それのネオ(NEO)版がNep5というトークン基準となります。

よって、Nep5系ネオトークンというくくりになります。
ちがいは、プラットフォームがイーサリアムなのか、
ネオなのかってところです。

EIKING
技術的なことはここでは割愛しまっせ

 

Neon Walletの作成

Neon Walletのダウンロード

まず公式のGithubサイトで、最新版のアプリケーションをダウンロードします。

イーサリアムの代表的なウォレットMyEtherWalletとの違いは、
MEWはブラウザベースなのに対して、
Neon Walletはローカルのアプリケーションベースになります。

今回はMacでやります。

 

Neon Walletをインストール

ダウンロードしたdmgファイルを開き、インストールします。

思ってた位置にフォルダがいなくて泣きそうですが、なんとかフォルダにNeon.appを放り込んでください。

インストールしたらアプリケーションを開きます。

たぶんこうなると思うので、

右クリック→開く
から再チャレンジ。

で開けます。

 

Neon Wallet新規ウォレット作成

Neon Walletが起動できたら、ウォレットを作成します。

「Create a new wallet」へ。

次に、ウォレットのパスワードを決定します。
パスワードっていうか、秘密鍵生成するためのパスフレーズですね。

ただ、作成後のログイン時にも使用するのパスワードみたいなもんです。

より複雑なものを入力し、「Generate keys」をクリックします。

すると、秘密鍵が生成されるので、全てメモしておきましょう。

  • Passphrase
  • Encrypted key
  • Private key

は厳重に保管してください。

そしてウォレット名を入力し、「Save account」をクリックします。
これで、プリセットされたので、ログインが簡単になります。

Encrypted keyとPrivate keyが2つあるのが、やや謎。

あと、念の為PDFでも出力しておきましょう。
「Print」をクリックして、PDF > PDFとして保存 です。

Makosei
これでウォレット完成っすね!!!!!

そうです、これでウォレット作成完了です。

 

ウォレットにアクセスしてみる

作成はこれで完了ですが、とりあえずウォレットにアクセスしてみましょう。

一度アプリケーションを終了し、再度起動します。
それから、「Login using a saved wallet」からログインします。

設定したPassphraseを入力します。

ログイン完了!

 

Neon Walletの使いみちについて

という感じで、ウォレット作成してみました。

今後、Nep5系トークンは確実に増えてくると思います。
そうなると、現状のMEWのようにNeon Walletが使われるようになるかもしれませんね。

ちなみにLedger Nano Sでもログインできるぽい。
実際今回はテストで作成してみましたが、実際はLedgerで使うと思います。

またそれもシェアします。

Ledger Nano Sはこちらの日本総代理店からどうぞ。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。