amazonブランド登録(Amazon Brand Registry)必要理由と登録手順

amazonブランド登録は、最近といってもだいぶ前からですが、
「amazon brand registry」として新しくなりました。

それによって、「amazon brand registry」ができる前からブランド登録していた場合、
新たにブランド登録を申請し直す必要があるみたいです。

 

新しい「amazonブランド登録」をするべき理由

以下、amazonから送られてきたメールの引用です。

出品者様のブランドは、旧Amazonブランド登録に登録されていますが、昨年リリースされた新しいAmazonブランド登録にはまだ登録されておりません。

旧Amazonブランド登録は数か月以内に廃止となるため、サービスを継続してご利用いただくために、新しいAmazonブランド登録に再登録いただけますようお願いします。

現状、新しいAmazonブランド登録をするためには、当該ブランドは、出品者様のブランド名と一致する文字商標またはテキストを含むデザイン商標などの登録商標を有していることが必要です。

 

つまり、数ヶ月以内に旧ブランド登録が廃止になるんで、
今のままやと自社ブランドとしての優位性なくなるよってことみたいです。

EIKING
それあかんがな!

ってことで新しい「amazonブランド登録」にてブランド申請をしてみました。

ちなみに、こちらの案内はamazon.comから1月末に、amazon.co.jpから3月中旬にメールがきていました。よって両方ともやっといたほうが良さそうです。というかやっとこうぜ。

 

amazon.comのブランド申請

amazon brand registryに登録

実際にamazon.com、amazon.co.jp両方やったんですけど、
今回はamazon.comのスクショで説明します。

まずamazon brand registryへ移動します。

サイト中央の「Get Started」から進んでいきます。

ログインすると、amazon brand registryセントラルみたいなのにログインできるようになります。

はじめての場合、アカウント作成みたいになりますが、必ずセラーセントラルで使用しているアカウントでログインするようにしてください。

 

新規ブランド申請を行う

amazon brand registryセントラル?みたいなのにログインすると、
左のサイドバーに下記のようなエレメントがあります。

「Enroll a new brand」から申請を進めていきます。

 

amazonブランド申請(Brand eligibility)

  1. 商品やパッケージにはブランド名やロゴ載ってる? → Yes
  2. 10以上のブランド申請する? → No
  3. ブランド名入力
このへんはケースバイケースで変更してください。

完成したら「Next」。

 

amazonブランド申請(Intellectual property)

  1. 文字商標(word mark)かロゴ商標(design mark)か? →design mark
  2. 商標登録番号 →登録した商標番号
  3. 商標取得した国 →Japan
  4. ロゴ画像のアップロード
このへんももちろん、ケースバイケースで変更してください。なお、今回の新しいブランド登録から、商標取ってないとブランド申請できません!

完成したら「Next」。

 

amazonブランド申請(Identification)

  1. 商品画像のアップロード
  2. 商品パッケージ画像のアップロード
  3. ロゴ画像のアップロード(また?)
パッケージが特にないとか、商品本体と外観がさほど変わらない場合は、同じ写真でもOKです。実際うちは同じ写真アップロードして通ってます。

Brand websiteとBrand social media pageは入れなくてもOK。

「Next」。

 

amazonブランド申請(Characteristics)

  1. JANコードついてる? →Yes
  2. ブランドのカテゴリー →Health & Personal care
  3. セラーかベンダーで売ってる? →Seller
  4. セラーのメールアドレス
このへんももちろん、ケースバイケースで変更してください。
  1. ブランドは商品の製造をやってる? →Yes
  2. 卸しやってる? →No
  3. 他の人にも商標権提供してる? →No
  4. どこで製造してる? →Japan
  5. どこの国で流通してる? →Japan, United States
このへんももちろん、ケースバイケースで変更してください。特に3番目のは、「No」にしといたほうが良いと思います。たぶん。。

完了ですね、「Submit application」だ!

これで、とりあえずamazonブランド申請は完了です。

 

amazonへ商標認証用の確認コードを提出

数日お茶でもすすりつつ待ってると、amazonからブランド保有者向けにメールが届きます。

ブランド保有者が自社であれば、自社に届きます。

お世話になっております。
Amazon ブランド登録サービスに■申請ブランド名■の登録を希望している申請者の身元確認のためにご連絡しています。■申請ブランド名■の登録商標の連絡先としてご担当者様のお名前を拝見しました。

Amazon ブランド登録を行えば、Amazonでの取引においてブランド所有者は登録商標を保護でき、購入者は安心してお買いものを楽しめます。
ブランド■申請ブランド名■の管理人として、ご担当者様の役割は非常に重要なものです。
Amazonブランド登録を行うと、自社ブランド名で商品を出品することができ、ブランド力が向上するだけでなく、ブランド所有者はテキストや画像を検索できるAmazon独自の強力なツールが使えるようになります。
詳しくは、こちらをご覧ください。https://services.amazon.co.jp/brand-registry.html

申請者の名前をお伝えすることはできませんが、Amazonからはこの商標のご担当者様に連絡するよう申請者に指示しています。申請者が■申請ブランド名■をAmazonブランド登録に登録することを承認する場合は、以下の確認コードを申請者に提供いただけますようお願いします。承認できない場合は、コードを提供しないでください。

確認コード: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ご協力いただきありがとうございます。

間もなくして、
申請していたamazonでのケースに連絡が入ります。

Thank you for your interest in Amazon Brand Registry. We have provided a verification code for the application to the public contact listed on the website for the agency that registered the trademark for the “■申請ブランド名■”. The information available from the agency follows.

To receive a verification code, contact the Trademark Correspondent.

The verification code will confirm that you are approved to enroll in Amazon Brand Registry. Also provide the following information:

Trademark Correspondent Name: ブランド所有者名
Trademark Correspondent Email address: ブランド所有者アドレス

つまり、

ブランド所有者に届いた確認コードを、amazonセラーセントラルから提出して申請完了のようです。

EIKING
brand registryセントラルがあるのに、結局ケースはsラーセントラルで開かれているという謎もありつつ

ということで、指示通り確認コード(verification code)を記載してケースへ返信します。

Verification code is here:
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

amazonブランド申請完了

数分後。

Thank you for your interest in Amazon Brand Registry.

Congratulations! Your Brand Registry application for ■申請ブランド名■ has been approved. You now have access to our new Brand Registry tools and features. To learn more about these new features visit https://brandservices.amazon.com.

無事登録完了です!

brand registryセントラル見てみても、ちゃんと登録が確認できました。

 

amazonブランド申請はやるべき?

ということで案外あっさりブランド登録することができました。

いざ、ブランド登録ってやったほうがいいでしょうか?

そもそも商標取ってないと申請できないので、
商標取ってなかったらまずはそこからなんですけどね。

今回の収穫としては、日本の商標登録でもamazon.comでブランド申請が行えるということです。

国際商標なんか取ってらんないですからね、そこは良かった。

あとブランド登録のメリットとしては、

  • ページ編集の優先権
  • あいのり排除
  • ストアフロント構築
  • 商品紹介コンテンツ(amazon.comは要ブランド登録)

などです。

自社商品であればこのあたりは欲しいメリットですね。

ということで商標持ってる人はやってみてください。

なお、amazon.co.jpもだいたい申請の流れは同様の模様。

ちなみにlismoaでも国をまたいだブランド管理できるようになってます。

ECインフラlismoaを無料で使ってみよう


lismoaは全てのECのインフラに。

lismoaは世界中のamazonなどで販売するためのEC販売のインフラとして、

  • ・商品ページ作成代行
  • ・配送拠点ネットワーク
  • ・在庫共有ネットワーク
  • ・売上データアナリティクス

を提供しています。絶賛開発中ですが、とにかく使ってみてほしい。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。