NEX(Neon Exchange) ExtensionのChrome拡張機能の初期設定とウォレットインポート

実はNEOプラットフォームの分散型取引所NEXのICOが近日開催されます。

しかもそれが抽選で、上限$1000なんです。

ちなみに、最近個人的にNEO(ネオ)がアツいです。
個別銘柄を褒めたりディスったりはポジトークになるので、
基本的に僕のコンセプト的にはしないんですが、
NEOはイーサリアムについで、非常に期待度の高い銘柄です。

これはやるっきゃないってことで、
そのICOの抽選申し込みに必要なNEXのChrome拡張機能NEX Extensionをインストールしてみたいと思います。

NEX ICOの参加方法はこちら。

NeonExchange(NEX)のICOが抽選らしいので申し込んでみた

2018.03.28

 

NEX Extensionとは

なんぞやと。簡単にいうと、イーサリアム(ETH)のMetamaskみたいなもんです。

Chromeの拡張機能を使ってウォレットを管理し、
そこで送金や受け取りなどが管理できるというものです。

で、今回のNEXのICOの抽選申し込みにも必要です。

先日のTGE案件のセントラリティ(CENNZ)のICOでも、
BlockhausのログインにはMetamaskが必須でしたよね。

あれみたいな感じです。ざっくり言うなら。

あとはもちろん、今後NEOやNep5系トークンの取引が活発になるなら、
このNEX Extensionが活躍しだすこと間違いないでしょう。

 

Chrome拡張機能NEX Extensionのアカウント作成

Chromeウェブストアからインストール

まずは、Google Chromeウェブストアから公式の拡張機能をインストールします。

「Chromeに追加」をクリックします。

無事追加されましたでしょーか。

アイコンをクリックして、アカウントを作成していきます。

 

NEX Extensionのアカウント作成

まずは初めて(だよな?)なので、アカウントを作成します。
これはウォレット作成とは違うのでお間違えなく。

Metamaskでもそうですが、
この作成したNEXアカウントに、ウォレットを新規作成したり、インポートしたりするようになりますので。

EIKING
まず利用規約を読んでくれ(英語)

読んだら、「I understand and accept the terms」をクリックします。

次に、ログイン画面になるので、一番下の「Create Account」をクリックします。

ユーザーネームとパスワードを設定します。

パスワードは必ず記号入りの30桁以上にしましょう。LastpassというChrome拡張機能が、ランダムパスワード生成してくれるので便利です。記号あり、大文字あり、桁数などを調整できます。

オールグリーンで条件クリアです。

赤文字の注意書きですが、

EIKING
ユーザーネームとパスワードは死んでも無くすな。あと後ほど表示するバックアップコードもな。

という意味です。

ということなので、絶対なくさないようにしましょう。

保管したら、「Create Account」をクリックします。

 

好きな色と好きなキーワードを設定

どういうこと?って感じですが、
カラーパレットから好きな色の選択と、キーワードを入力します。

これは、パスワードが必要なときに表示されるみたいです。
パスワード代わりみたいなもんでしょうか。

ちょっとまだ使ってないからわかんないですが。

覚えやすいのでいいと思います。
念の為これらも保管しておきましょう。

ちなみに「紫」を選択してキーワードを「eiking」にするとこんな感じです。

完了したら、「Continue to wallet selection / import」をクリックします。

これでNEXアカウントの初期設定は完了です。

 

Neon WalletをNEX Extensionへインポートする

Neon Walletのウォレット情報を準備する

次に、NEXアカウントにウォレットをインポートしていきます。

「Import an existing wallet」をクリックします。

ちなみにNeon Walletを作成してない場合は、ここで新規ウォレットを作成してもかまいませんけど。その場合は、上の「Create New Wallet」から作成してください。また、Neon Wallet(PCローカル)の作成については、下記記事で書いてますので、ウォレットをNEXアカウントにインポートしたい場合は、まずはこちらを読んでみるといい。

NEOのウォレットNeon Wallet(ネオンウォレット)の作成方法

2018.03.23

 

Neon WalletのEncrypted KeyとPassphraseを入力

今回はインポートの手順やっていきます。
ウォレットを新規作成したい場合は、自力で頼むわ!

  • Encrypted Key・・・Neon Wallet作成時に取得したもの
  • Passphrase・・・Neon Wallet作成時に取得したもの
  • Confirm Account Password・・・NEX Extensionのパスワード

を入力して、「Continue」をクリック。

 

Encrypted KeyとPrivate Key Backup Codeを保管

新しく生成されたEncrypted KeyとPrivate Key Backup Codeが表示されるので、これらを保管します。

ちなみに、ここで生成されたEncrypted Keyは、Neon Walletから入力したEncrypted Keyとは異なります。頭一緒なんですけど、胴体違うんで必ず保管してください。(もちろんPrivate Key Backup Codeもね)

Neoのウォレットは、だんだんわかってきたんですが、どうやらPassphraseとEncrypted Keyが対になってるようです。
よって、ここで生成されたEncrypted Keyは、NEX Extensionのログインパスワードと対になっています。念の為トライしてみましたが、ローカルのNeon Walletにて、NEX Extensionのパスワードと、ここで表示された新たなEncrypted Keyでウォレットにアクセスしてみたら、正常にログインできました。

Makosei
Neo奥が深いっす。。。

保管できたら、「I have saved this information」にチェックをいれて、「Continue」をクリックします。

EIKING
ちなみに僕の場合、「Download File」はInactiveなのかダウンロードできませんでしたがな。

 

Private Key Backup Code認証

最後に、Private Key Backup Codeの認証を行います。

Private Key Backup Codeの最後の4桁の文字列を入力します。

正常に入力できたらこんな感じ。

最後「Submit」をクリックして完了です!

Yuya
おつかれええええええええええええええええええええええええ

 

NEX ExtensionにNeon Walletインポート完了

これでインポート完了です。

ローカルでもChrome拡張でも同じアドレスを利用できます。

UIもいい感じですね。

ちなみに「Token List」をクリックすると、Nep5系トークンの残高が確認できます。

さあこんな感じでとりあえずNEX Extensionは準備完了です。

NEXのICOについては、下記の記事で解説していますので、
NEX Extension装備完了しなたらいざいかん。

NeonExchange(NEX)のICOが抽選らしいので申し込んでみた

2018.03.28

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。