NeonExchange(NEX)ICO抽選に当選したのでKYCとRound 2の申請をする

さあだいぶ遅くなってしまったんですが、
NEX ICO抽選のRound 1当選しましたので、乗りに乗ってRound 2も申請してみました。

ちなみにこのNEX ICOは、
Round 1のみだと最高で$1,000まで、
Round 2も当選すると最高で$10,000までトークンの購入ができます。

別にそんながっつりMAX$10,000買うつもりはないんですが、
ノーリスクなのでRound 2も申し込んでみた次第です。

Round 1の申請についてはこちら。

NeonExchange(NEX)のICOが抽選らしいので申し込んでみた

2018.03.28

 

NeonExchange(NEX)ICOの抽選結果確認

これすっかり忘れてて、
確認したのが4/3なんですがどうやら当選してたみたいです。

ちなみに当選確認はこちらからできます。

この、「Check my result」から確認できますが、
その前にNeon ExchangeのChrome拡張機能でログインしておく必要ありますので。

NEX(Neon Exchange) ExtensionのChrome拡張機能の初期設定とウォレットインポート

2018.03.28
Yuya
当選しとる、やばああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

「Enter KYC」がEnableになってるのですすめていきたいと思います。

 

NeonExchange(NEX)ICOのKYCとRound 2申請

「Enter KYC」をクリックすると、下記のようなポップアップが出ます。

うーん、どうやらRound 2では追加ドキュメントによるKYCが必要みたいですね。

めんどくせえけど。。まあいっか。
そもそもまた当選するかわからんしな。

「I understand. Start!」をクリック。

Round 1で満足ってかたは左側を、Round 2いくかたは右側を選択して、「Continue」。

Makosei
いくっしょ!!!!!

 

【KYC】個人情報の入力

個人情報を入れていきます。

  • Full Name・・・First=名前、Last=名字
  • Country of passport・・・パスポート発行国=Japan
  • Date of birth・・・誕生日

入力できたら「Continue」。

 

【KYC】居住地情報の入力

さらに住所情報も。

  • Country of residence・・・居住国
  • Address・・・町名以下
  • Town/city・・・市区町村
  • State/region/province・・・都道府県

入力できたら「Continue」。

 

NEXのNeon Walletアドレスの確認

Neon Walletのアドレス確認です。
おそらくNEX拡張機能でログインしてるはずなので、
自動でここにウォレットアドレスが表示されます。

間違いなければ、「Continue」。

 

入力情報の最終確認

入力したデータが正しいかどうか最終確認です。

間違いなければ、3つのチェックボックスをクリックして、
「Review and verify」をクリックします。

 

Neon Exchange(NEX)拡張機能での認証

最後に、「Review and verify」をクリックすると、
NEX拡張機能が出現します。

ここでも情報の確認します。

問題なければ「These are correct」をクリック。

最後にNEX拡張機能のログインパスワードを入力します。

そして「Confirm and continue」をクリック。

 

KYCとNEX ICO Round 2申請完了

これで申請完了です。

SUITE内では、KYC Pending(保留中)になってましたが、

数分後、Approved(承認)されてました。

 

今後のNEX ICOの予定は?

スケジュールは下記のような感じです。

2018/04/07 Round 1のKYC受付終了

2018/04/08 Round 2当選発表、Round 2 KYC受付開始

2018/04/14 Round 2 KYC受付終了

2018/04/未明 トークンセール開始

のようです。

Round 2のKYCは4/14まで!気をつけろ!俺!(忘れそう)

EIKING
4/14って中国おるやん。。忘れそう。。

Round 2のKYCについてはこちら。

Ledger Nano SでNeon Walletに接続してNEO(ネオ)を保管する

2018.04.22

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。