Ledger Nano SでNeon Walletに接続してNEO(ネオ)を保管する

TREZORを自社で売ってる僕が、なぜLedger Nano Sを使うのか、
こちらの記事では説明しましたが、

Ledger Nano Sのファームウェアアップデート方法

2018.04.22

何を隠そう、

Yuya
Neon Walletで使えるからあああああああああああああああああああああああああああああああああ

という理由です。

今回はそんなLedger Nano Sで、NEO(ネオ)を保管するためのNeon Walletに接続させていただきたく御座候。

 

Neoアプリケーションをインストール

まず、Ledgerにウォレットアプリケーションをインストールする必要があります。

これしないと、Ledgerはウォレットに接続しても、
まったく使えないので。

Ledger Nano SをPCに接続したら、Ledger Managerを起動します。

それから、アプリケーション一覧画面で、Neoアプリケーションをインストールします。
下向き↓ボタンをクリック。

するとLedger Nano Sの本体側で確認が入ります。

Allow Ledger manager?

Ledger managerかまん?
ってことなので、✔のある右側のボタンをプッシュします。

するとインストールが開始されます。

 

Ledger Nano Sを挿したままNeon Walletを起動

Ledger Nano S本体上でNeoアプリケーションが確認できましたね。

Makosei
ホンマにNEOしか入ってないっすねw
EIKING
あたりまえやろ

で、このNEOアプリケーションを選択してる状態で、アプリケーション開きます。(2つのボタン同時押し)

すると下記のような画面になります。

ウォレットに接続してもずっとこの状態ですので。

次にNeon Walletを起動します。

Neon WalletのDL〜インストールについてはこちらの記事で解説してます。

NEOのウォレットNeon Wallet(ネオンウォレット)の作成方法

2018.03.23

「Login using a Ledger」がありますね。
これを選択します。

するとこのような画面になります。

ちゃんとLedger Nano Sが接続できていれば、「Use Ledger Nano S」ボタンが押せる状態になってます。

こちらをクリックしてウォレットにアクセスできます。

もしなにかしら問題がある場合は、下記のようにボタンが押せません。

この場合は、Ledger Nano S内のNEOアプリケーションがちゃんと起動している(Wake up, NEO画面)かどうか、
ファームウェアが最新かどうかなどいろいろ思い当たるとこ確認して再接続してみてください。

それでもダメならもうちょっとわかんないんで、誰かに聞いて下さい。

 

NEX ExtensionとLedgerの併用は可能?

これは無理ですね。

ローカルのNeon Walletで作成したウォレットをNEX Extension(Chrome拡張機能)にインポートすることは可能です。

ですが、Ledger Nano Sなどのようなハードウェアウォレットで秘密鍵を管理してる場合、
そもそも拡張機能にウォレットをインポートできませんよね。

ってことで無理ゲーのようです。

これは、イーサリアムでも同じことが言えて、
MEWとMetamaskの関係性も同様です。

なので使用用途としては、

活発に動かすような資金をMetamaskやNEX Extension等のウォレットで管理し、
ほぼガチホ気味の資金をハードウェアウォレットで管理するてのがいいんじゃないのかなと思いました。

TREZOR買うなら・・・?

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。