TREZOR Model Tでビットコイン(BTC)を送金するのがかっこいい

TREZOR Model Tでビットコイン(BTC)を送金する機会があったので、送金してみました。

なんだかんだMEW使うことは多かったんですが、
TREZOR Walletを使うって送金することってあんまなかったんですよね。

そこで今回は、TREZOR Model Tを使ってビットコインを送金してみたいと思います。

TREZOR Oneも基本的なTREZOR Wallet内での操作は同じで、
デバイス側での認証作業が若干ことなるだけです。

 

デバイスをPCに接続しTREZOR Walletにアクセス

まずはTREZOR Model T(ないしOne)をPCに接続して、
いつもどおりTREZOR Walletにアクセスします。

今回はビットコインを送金しますが、
基本的にTREZOR Wallet内で扱える仮想通貨についてはほぼ送金方法は同じだと思います。

どちらかというと受取のときに、通貨切替が正しいか確認は必要ですね。
逆に送金時は送金先アドレスが同一の通貨かどうか確認が必要です。

 

TREZOR Walletからビットコインを送金処理

次にビットコインをさっそく送金します。

BTCに通貨切り替えして、「送金」タブをクリックします。

英語と日本語が乱れ咲いていますね。

気にせずいきましょう。

 Address 送金先のアドレスです(今回の場合はBTCアドレス)
 Amount 送金量
 Fee 手数料ランク(通常はデフォルトの「普通」でOK)

ちなみに、青い↑をクリックすると、残高100%の数値をAmountに挿入できます。

Feeに関しては、ドロップダウンで切替が可能です。
支払う手数料に応じて、ブロックの承認時間がかわるので、送金スピードが変わります。

ちなみに、「エコノミー」、「低」はオススメしません。

3つ入力できたら、「Send ◯◯ JPY」をクリックします。

 

TREZORのデバイス側での承認作業

すると、画面にはデバイスを確認するようメッセージが表示されます。

そしてデバイス側を確認してみましょう。

金額とアドレスが間違いないことを確認します。
間違いなければ、緑の✔をタップします。

最後に「Hold to confirm」を長押しします。

 

グルっとゲージが回転し、

完了!

TREZOR Oneに関してはこの承認作業が違います。タッチパネルではないので。

画面側でもSuccessメッセージが表示されているかと思います。

 

送金後のトランザクションの確認

送金処理はこれで完了です。

あとは、実際のトランザクションの進捗の確認であったり、
送金が完了したかどうかは、blockchain.infoなどでトランザクションIDから確認できます。

これはもうわかりますよねw

TREZOR Wallet内でも未確認として、送金履歴が表示されています。

トランザクションの込み具合によりますが、
いずれ承認されて送金が完了します。

EIKING
簡単やな

ちなみにTREZORから送金した場合の送金元アドレスですが、
TREZOR Walletが、受取アドレスを毎回新しいものを表示する仕様になっているので、
その都度受け取ったアドレスからの送金になります。

なので実際に自分が「受信」で確認したアドレスと、送金元アドレスが必ずしも同一ではないのはわかっておきましょう。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。