Retail Without Borders Tokyoに参戦してきました

2018/5/23に開催された、Retail Without Borders Tokyoにお伺いしてきました。

先日のPayoneerフォーラムに続き、
今回はWorldFirstが協賛してるイベントに参加してきました。

Payoneerフォーラムの様子はこちらの記事で書いてます。

PAYONEER FORUM 2018 TOKYOに参加してきました

2018.05.17

今回のイベントなんですが、

共催:We Are Pentagon株式会社、DHLジャパン株式会社
特別協賛:ワールドファーストジャパン株式会社
協賛:Productsup株式会社、ZigZag Inc, オプティ株式会社、株式会社アーティーズ
メディア協力:ECzine イーシージン、ネットショップ担当者フォーラム

といった感じでの開催でした。

内容的には、越境ECグローバルカンファレンスということで、
海外展開促進を考える日本企業向けの内容となってました。

具体的にはPeatixのページをご覧ください。

 

今回も例にも漏れず遅刻して到着

ということで今回も10時〜の開催だったんですが、
大幅に遅刻してしまいました。

EIKING
誠に申し訳ありません
Makosei
いや、思ってないっしょ。。。

会場は結構大きくて、
人数的にはどうでしょう、先日のPayoneerフォーラムと同等ぐらい来場してたのかなと思います。

久しぶりにWorldFirstの稲川さんや、
あと紙さん、大越さんあたりとも会えてよかったです。

 

気になったNew eggとPentagon

今回も講演会場とは別で、ブースの出展がなされてまして、
その中で2社ほど気になったので上げてみます。

まずNew eggなんですけど、
これは以前から存在自体は知っていたものの、
出店できるのは知らなかったです。

ただどちらかというと、テック系商品が多いんですよね。

ヨドバシカメラ的な感じでしょうか。

なので商材次第的なところもあるんですけど、
テック系商品の取扱いが多いのであればやってみるとおもしろいかもしんないですね。

販売手数料が通常12%ぽいです。(決済手数料込)

 

あとPentagonというクロスボーダー取引サービスです。

これ、実際話聞くまでは複数のマルチプラットフォームを一元管理できるサービスかと思ってたんですけど、
話し聞いてみると、どうやら販売代行サービスです。

自社商品情報を提供して、Pentagonが販売ページの作成から翻訳まで代行し、
さらに世界中のプラットフォームでPentagonアカウントから販売を行う、というサービスです。

出荷自体は、PentagonがDHLと提携してるので、DHLを使います。

ただし、出荷はこちらでやる必要があるので、
注文が入ったら発送手配をするって感じですね。

懸念点としては、DHL Expressオンリーらしいので、
低単価商品はちょっと相性悪いんじゃねという点です。

 

lismoaと各社の連携などについて

現状ではあまり考えてないですが、
NewEggなんかはAPIも整っているみたいなので、
グローバル展開したあかつきには、積極的に取り入れていきたいなと思います。

Pentagonはどうでしょう、独自サービスすぎてそこまで連携できることもあまりないのかなという印象です。

あと考えてるのは、
WorldFirstのAPI連携です。

すでにPayoneerの口座連携はlismoaでは実装済で、
新規口座追加したり、アカウント情報の閲覧などはlismoaからできるようになってます。

あとはPayoneer側のAPIアップデート待ちで、
トランザクションや入出金履歴などの閲覧もできるようになる予定です。

これらと同等の機能をWorldFirstでも実装できたらいいなと思います。

 

結論:やっぱイベントは楽しい

ということで、毎回遅刻しといてなんですが、
やっぱイベントは楽しいですね。

いろんな人に一気に会えるので。

今年後半〜来年にかけて、lismoaでもどんどんイベントやっていこうと思います。

もちろん参加もしていきたいですし、
lismoa主催でもイベントやっていきたいです。

Makosei
楽しそうですね!
EIKING
乞うご期待である

lismoaは来月メイン機能実装予定です。

お楽しみにん。

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。