取引所BigONE(ビッグワン)でアカウント登録してONEを取引マイニングする

直近で一番注目の取引所かもしれません。

かなり使いやすい取引所です。
独自トークンであるONEも本日(2018/06/25)より取引開始されました。

アーリーバードで参加したユーザーたちは、
優先して取引マイニングを行うことができます。

ちなみに一般開放は2018/06/28〜みたいです。

今からBigONEのアカウント登録して口座開設しておくのもありじゃないか。
ということで、今回はBigONEのアカウント登録手順まで解説していきます。

 

仮想通貨取引所BigONE(ビッグワン)と独自トークンONE

取引所BigONE自体は以前から存在してる取引所なんですが、
今回、流行に乗っかり?配当型の独自トークンを出すことで注目されました。

すでにBigONEでは独自トークンであるBIGってのがあるんですけど、
それと別でONEを出すってことです。

で、そのONEはよくある配当型です。

手数料収入の100%をONE保有者に配当することになります。

ONE保有者にONEで配当するという形です。

ちなみに現在(2018/06/25)のONE/USDTチャート(5分足)はこんな感じです。

 

仮想通貨取引所BigONEのアカウント登録手順

BigONEにサインナップ

ONEが配当される取引マイニングの一般公開に向けて、
まずはBigONEのアカウントを登録して口座開設していきます。

EIKING
Invitation codeはそのままにしてくれると嬉しいなあ
Makosei
オナシャス!!!!!!!!!!!!!!

日本語なので楽ちんですね。
そのうちBinanceみたいに金融庁に怒られそうですけど。

メールアドレス、パスワードを決定し、
Invitation codeをそのままに(しつこい)して「アカウント開設」ボタンをクリックします。

 

メールアドレスでの認証

すると認証コードが登録したメールアドレスに送信されます。

メールボックスを確認して、
本文内のコードを入力して「照合」ボタンをクリックして認証完了です。

 

Google二段階認証の設定

認証が完了すると、ログインされ、設定画面に移行します。

まずは、いつもどおりに段階認証の設定を行います。

二段階認証の「有効にする」から。

  1. Step 2のQRコードを二段階認証アプリでスキャンして登録します
  2. Step 3の秘密鍵(Backup code)を保管します
  3. Step 4でアプリに表示されている6桁のコードを入力

して、「有効にする」ボタンをクリックして完了です。

 

本人確認(KYC)の提出

次にKYCを進めていきます。

本人確認の「提出」から。

「Start」!

提出する予定の書類に書いてあるとおりにフルネームを入力します。

パスポートならローマ字にて。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

次に発行国です。
「Japan」を選択。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

IDのタイプです。パスポートであれば「International Passport」を選択します。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

次にパスポート番号を入力します。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

ここからファイルアップロードです。
まずは、パスポートの表紙をアップロードします。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

次にパスポートの顔写真ページをアップロードします。

完了したら「Next」ボタンをクリックします。

最後に「BigONE + yyyy/mm/dd」と書いたメモとともに撮影したセルフィをアップロードします。

完了したら「Submit」ボタンをクリックします。

これでKYC完了です!

 

資産PINコードの設定

KYCもそう時間がかかることなく、確認完了メールが届きます。

KYCが済むと、Asset PIN(資産PINコード)を設定できるようになります。

BigONEは設定を推奨してるので、しておきましょ。

KYC完了メール本文内のリンクから行います。

設定画面に飛ぶので、資産PINコードの「設置」ボタンから。

6桁のPINコードを設定します。

こちらも必ずなくさないように厳重に保管してください

「設置」ボタンを押して設定完了です。

 

BigONEへの入金

取引マイニングを行うためにも、BigONE取引所へ入金する必要がありますね。

任意の通貨をBigONEに入金して準備しておきます。

ヘッダーの「ウォレット」から。

通貨一覧が表示されます。

入金したい通貨をクリックしてみてください。

すると入金用アドレスが表示されます。

こちらに入金して、着金が確認できたら準備完了です!

 

BigONEの取引マイニングとは

これで取引マイニングの準備は完了ですね。

最近よく聞く取引マイニングですが、
これは取引することによって手数料分の◯%(BigONEの場合100%)がトークンとして配当を受けることができます。

つまり取引することで発生するトークン。

すなわち、取引=マイニングということになるわけです。

ちなみに、BigONEでは全てのトレードが対象となるわけではなく、
Trade mining内の通貨ペアのみが取引マイニング対象となります。

USDT建ての5通貨(BCH, EOS, BTC, ETH, ONE)です。

とにかく経験としてもやってみることは重要かなと思うんで、
全然トレードする気ないですけど取引マイニングがどういうものなのか、
やってみたいと思います。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。