FTで話題の仮想通貨取引所FCOIN(エフコイン)の登録手順

今更感もありますが、
FCOINという仮想通貨取引所のアカウント登録(口座開設)をしてみようと思います。

基本的なことですが、取引所アカウントは開設しておいて損することはほとんどない上に、
得られるメリットが大きいことも多いです。

なので、それなりに取引量のある仮想通貨取引所の口座開設は、このFCOINに限らずどんどん行っておいていいかなと思ってます。

特に今回かなり話題になったFcoin Token(FT)のような、取引所トークンは、
その取引所でしか取引できないことがほとんどです。

 

仮想通貨取引所FCOINとFcoin Token(FT)

最近は取引所トークンがブームになってる感ありますよね。
このFCOINにもFcoin Token(FT)という配当型の独自トークンがあり、
かなりの人気を集めています。

まあ当然のように僕は乗っかれてないんですけどね。。

最近まったくアンテナ張ってなかったので、
かなり情報が遅れてると自覚してます。

EIKING
がんばろ

そんなFTが話題ですが、取引所としてもこのFCOINは大注目しています。

というのも、Huobiの元CTOがやってるってのと、
そのせいかサーバーが半端なく強いってのと、
取引量がすでに世界トップクラスということです。

やっぱBinanceがぶっ飛んできたときもそうですが、
取引所のUI/UXってのはかなり大事だと思うんですよね。

EIKING
聞いてるかい?国内取引所?

中華系のトップクラスの取引所はほんと使いやすくて、
国内取引所なんて売買する気が失せる。。。

 

仮想通貨取引所FCOINのアカウント登録

FCOINサインナップ

ということでアカウント登録(口座開設)します。

サイト右上の「Sign up」から進んでいきます。

アカウント情報を入力していきます。

Username任意の英数字のユーザー名
Emailメールアドレス
Passwordパスワード(8~32文字、小文字、大文字、数字、記号を最低1つずつ)
Confirmパスワード再入力

を入力して、「Sign Up」をクリックします。

いつものスライダーもよろしくどうぞ。

 

メールアドレスの認証

すると入力したメールアドレスに、認証メールが送信されます。

メールボックスを確認してみましょう。

「Verify your email address」をクリックして認証します。

認証完了ですね。

 

仮想通貨取引所FCOINにログイン

「Sign In」からログインしていきます。

ログイン情報を入力します。

「Sign In」します。

 

二段階認証の設定

ログイン後、右上のユーザー名のメニューから、「Setting」を選択します。

「Google Authentication」の「Enable」を選択して、二段階認証を設定します。

どの取引所でもそうですが、二段階認証の設定は最低限のセキュリティ設定です。ログインとか毎度めんどくさいですが、必ず設定するようにしましょう。ほんまに。

Google認証アプリを使ってQRコードをスキャンします。

また、QRコード下のバックアップコードも保存しておきましょう。
スマホ機種変更したときとか、楽です。

アプリでのスキャンと、バックアップコードの保管が終わったら、
「GA Verification code」にアプリで表示されている6文字のコードを入力して、「Authentication」をクリックします。

このように「Disable」になってれば設定完了です。

 

本人確認(KYC)の提出

最後に本人確認のKYCを入力していきます。

同様にSetting画面内の「KYC Verification」から行います。

次に、本人確認情報を入力していきます。

country/regionJapanを選択
First Name名前
Last Name名字
passportパスポート番号

みたいな感じで入力します。

その下のフォームで、本人確認書類のアップロードを行います。

Facade of documentsパスポート顔写真ページ
Document backパスポート表紙?
Handheld photoパスポート顔写真ページ+メモ(FCOIN+yyyy/mm/dd)を持つセルフィ

になります。

すべてアップロードできたら「Submit」で提出完了です。

「In Review」が審査中となります。

審査が完了するとメールが来ます。
「Certification success notice」と。

再度ログインしてSettingを確認すると、「Passed」となってたら完了です。

とりあえずこれで最低限の初期設定は完了です。

おそらくこれも時間かかるときはまあまあかかりそうです。
僕は実際1週間弱かかりました。

 

FCOINに入金する

初期設定終わったんで、FCOINに入金して取引できる状態にします。

右上のユーザー名のメニューから「Finance」を選択します。

通貨一覧になりますので、入金したい通貨の「Deposit」を選択します。

すると入金用アドレスが表示されるので、
そちらに送金しましょう。

最近はやっぱ送金でのETH需要が増えてきたような印象ですね。

まあなんでもいいんですけど、着金すればトレードができるようになります。

 

FCOIN以外でオススメの取引所は?

ということで、今さら感が否めない中、FCOINの口座開設をしてみました。

取引所トークンは、2017年年末からBinanceのBNBから始まり、
HuobiのHTなども盛り上がり最近ではこのFTでまた注目度が上がった印象です。

やっぱり、他の仮想通貨なんかよりも実用性面などがわかりやすいのが、
盛り上がる原因かなと思います。

取引所の手数料が割引になるとか、
取引手数料の利益の○%が配当されるとか。

EOSメインネット稼働開始したって、じゃあ何ができるようになるの?

ってわかんない人のほうが多いですからね。

その点、取引所トークンは今後もまだ盛り上がっていくのかもしれません。

独自取引所トークンのある取引所でいうと、
他では下記のような取引所は開けといたほうがいいかもです。

仮想通貨取引所BKEXでアカウント登録して、エアドロ4000BKEXをGETする

2018.06.18

仮想通貨取引所Bibox(ビボックス)のアカウント開設と、開設した理由

2018.02.15

セキュリティ最強の仮想通貨取引所Huobi Pro(火币 pro)に登録してみた

2018.01.10

KuCoin(クーコイン)仮想通貨取引所の登録・取引開始最強マニュアル

2018.01.04

バイナンス(Binance)仮想通貨取引所の登録・取引開始最強マニュアル

2018.01.02

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。