仮想通貨取引所BKEXでアカウント登録して、エアドロ4000BKEXをGETする

取引所系トークンがいろいろアツいのでどんどん紹介していきます。

といってもすでにほとんど紹介してるので、
最近話題に上がってるのを中心に紹介していきます。

今回はこれまた中華系のBKEXという取引所のアカウント登録(口座開設)についてです。

ちょっとサーバーが弱かったり、テストサーバーがSSLできてないとかで若干FUD出回ってましたが、中国ではかなり人気で口座開設が殺到してるっぽいです。

 

仮想通貨取引所BKEXとBKKトークン

FCOINのFcoin Tokenが大人気となり、第二のFTじゃね?と言われてるのがこのBKEXのBKKです。

BKKと聞くとスワンナプーム空港が真っ先に浮かぶのは僕だけでしょうか。

EIKING
タイ行き過ぎな。

BKKはタイの国際空港であるスワンナプーム国際空港の空港コードになります。(どうでもいい)

BKEXでは、
FCOINのFT同様、BKK保有者に対して取引所利益の100%を配当に回すということで人気が出てます。

取引所トークンは手数料割引か配当で大きく別れてますね。

こちらはFTとかKCSなどと同様、配当型になります。

さらに、現在口座開設すると4000BKEXが無料配布(エアドロップ)されることでも人気です。

ここで注意したいのは、BKKではなく、また別のBKEXというトークンが配布される点です。

いやBKEXってなんだよ!

って感じですが。。まあなんせ4000BKEXは口座開設したら配布されてたのでもらっといてもいいんじゃないかと思います。

 

仮想通貨取引所BKEXでアカウント登録

BKEXにサインナップ

ということでアカウント登録(口座開設)をしていきたいと思います。

かなりサーバーがまだ不安定なことが多いです。Zaifでよく見かけた「502 Bad Gateway」が出まくるかもしれません。その場合は、ちょっと時間をおいて進めることをおすすめします。というかこの取引所大丈夫か?というのはまあ別の問題ということで。。

必要情報を入力していきます。

まず上のタブで「Email registration」を選択してください。
なぜなら、SMSが飛んでこないからです。

2018/6/17現在です。SMSが飛んでくるならMobile phone registerdでもいいです。
Emailメールアドレス
Set passwordパスワード
Re-enter passwordパスワード再入力

を入力したら、いつものスライダーです。

なんかちょっとおしゃれ。パズルを合わせます。

 

メールアドレスの認証

次にメールアドレスでの認証を行います。

「English」設定にしてても、ちょいちょい中国語かんできますが気にせずクリックします。

すると、入力したメールアドレスに認証コードが送信されます。

メールボックスを確認します。

おやおや、bokoko.com。。。これはテストサーバーのドメインではないですか。。。

まあ気にせずいきます。

メールで送られてきた認証コードを入力して、「Register」をクリックします。

完了です。
「Go to login」へ。

 

OKEXにログイン

ログインします。

設定した、メールアドレスとパスワードを入力して「Login」をクリックします。

 

二段階認証の設定

次にお決まりの二段階認証の設定を行います。

ログイン後、ヘッダーメニューの「User center」から。

Google verificationの「verify now」を選択します。

電話番号での認証は2018/6/17現在、SMSが飛んでこないので無視します。

すると下記の様な画面が出現します。

まずGoogle認証アプリにて、QRコードをスキャンして追加します。

Secret keyは、スマホの機種変時などに重宝しますので必ずパスワード等といっしょに保管してください。

Login passwordログイン用の設定したパスワード
Google verification codeアプリで表示されている6桁の認証コード

を入力して、「Verify and open」をクリックします。

EIKING
openの意味がわからんけど

「Verified」になってれば設定完了です。

 

本人確認(KYC)の提出

次に本人確認書類の提出を行います。

同じ画面のReal name verificationの「verify now」をクリックします。

すると、下記のような画面になります。

Real nameローマ字でフルネーム
Identification numberパスポート番号

を入力します。

必要なアップロードファイルは3点です。
右から、

  1. パスポートの顔写真ページ
  2. パスポートの表紙
  3. パスポートの顔写真ページと「BKEX.COM + yyyy/mm/dd(申請日)」を書いたメモを持ったセルフィ

の画像をアップロードします。

すべてアップロード完了したら、「Submit」をクリックして提出完了です。

「Check pending」で保留中になります。

問題なくKYC通ると、「Verified」となります。

これで初期の設定は完了です。

 

BKEXへの入金はTopUpから

続いて取引所BKEXのアカウントへ入金を行います。

ヘッダーの「My wallet」をクリックします。

次に、「topUp」を選択します。

入金したい通貨(今回はETH)を選択して、「Get○○topUpAddress」をクリックします。

すると、入金用のアドレスが表示されますので、こちらに送金します。

以上で入金手順も完了なので、取引可能となります。

 

BKEXは第二のFCOINとなるのか

正直ならんのじゃね?って思いますw

というのも、FCOINの解説記事でも最後に書きましたが、
FCOINがあんだけ取引高もFTの価格も伸びたのも、
安定したサーバーと使いやすいUI/UXがあってこそだと思います。

Binanceが2017年後半に躍進したのも同様です。

EIKING
Binanceはサーバー重い時期あったけどね

取引所トークンは、直接的に取引所のユーザビリティなどが価格に影響してもおかしくないです。

取引所の使い勝手は、そのまま取引所の資産ですからね。

てことで、まあHuobiの元CTOが立ち上げたFCOINに対して、
配当をFCOINの80%→100%にしたところでBKEXが適うわけではないんじゃないかなと踏んでます。

まあでも取引所トークンはトレンドなんで、軽く突っ込んでみるのもありかもしれません。

BKKの取引自体は2018年7月以降です。

FCOINもオススメです。

FTで話題の仮想通貨取引所FCOIN(エフコイン)の登録手順

2018.06.17

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。