配当型取引所トークンOCXを発行する仮想通貨取引所OCXの登録手順

取引所トークンブームに乗っかり、
とりあえず一通りの取引所を紹介していこうと思ってるんですが、
すべて後手後手に回ってしまってる感が強い今日このごろ。

OCXもすでに軽くMoonったトークンの一つとなってしまいました。

ですが問答無用で予定通り紹介していきます。

OCXの取引所トークンは配当型であり、OCXトークンを購入するためには、OCXのアカウント登録して口座開設をする必要があります。

OCXトークンを購入するためには、
口座開設をしたら、OCXの入金用口座に入金してOCXを購入するという流れです。

 

仮想通貨取引所OCXとその取引所トークンとは

OCXは、これまですでに紹介してきたFCOINのFTや、
BKEXのBKKと同様に、利益配当型の取引所トークンになります。

仮想通貨取引所BKEXでアカウント登録して、エアドロ4000BKEXをGETする

2018.06.18

FTで話題の仮想通貨取引所FCOIN(エフコイン)の登録手順

2018.06.17

ちなみに現在(2018/6)のチャートはこんな感じです。

EIKING
これまたファンキーだこと

ファンキーでモンキーなチャートを描いています。

ただ取引高もまだそこまで多くない取引所なので、
今後どうなるかわかりません。

単に取引所トークンブームに乗っかれてるだけなのか、
本当に取引所として運営の実力があるのか。

今後も注目していきたい取引所の一つです。

 

仮想通貨取引所OCXのアカウント登録

OCXにサインナップ

さっそくOCXの口座開設を進めていきたいと思います。

ただし、
現在(2018/6)時点で、OCXは言語が中国語のみしかありません。

僕自身、なんとなくで進んでみたので、
なんとなくで感じ取っていただければ幸いです。

まず中国のSIM以外、SMS飛ばないので、上部タブで「邮箱注册」を選択します。
これでメールアドレスで登録できます。

注册邮箱メールアドレス
邮箱验证码認証コード(「获取验证码」でコード送信)
密码パスワード
确认密码パスワード再入力

認証コードがメールで送信されます。

すべて入力できたら「立即注册」ボタンをクリックします。

これでアカウントが作成され、ログインできるようになります。

 

Google二段階認証の設定

次に、おなじみの二段階認証設定を行っていきます。

「谷歌两步验证」の「验证」をクリックします。

これはなんとなく中国語読めなくてもわかりますよね。

  1. 第二歩のQRコードを二段階認証アプリでスキャン
  2. 密文(Backup code)を保管
  3. 第三歩で二段階認証アプリに表示されている6桁のコードを入力

をしたら、「提交」ボタンをクリックして設定完了です。

 

本人確認(KYC)の提出

次に、セキュリティ設定の下の「用户身份认证KYC」からKYCを行っていきます。

KYC1〜3まであるんですが、まあ2まででいいかなと思います。

まずKYC1の「认证」をクリックします。

下記のフォームを入力していきます。

上から、

  • 「其他国家及地区」を選択
  • 名前
  • 名字
  • パスポート番号
  • 「Japan」を選択

します。

その下でパスポートをアップロードします。

  • パスポート表紙
  • パスポート顔写真ページ

をアップロードして、「提交」ボタンをクリックします。

これでレビュー中になります。

間もなくして、認証が通ると、KYC2を提出できるようになります。

ここでは、よくあるパスポートセルフィが必要です。

  • 「ocx.com + yyyy/mm/dd」と書いたメモ
  • パスポートの顔写真ページ

を見せながらセルフィを撮影して、アップロードします。

アップロードしたら「提交」ボタンをクリックして完了。

とりあえずKYC2通れば、それで50BTC/日引き出せるのでいいでしょう。

EIKING
足りない人はKYC3通してください。。。

 

仮想通貨取引所OCXに入金する

口座開設が完了し、KYC1を通過したら、入金ができるようになります。

ヘッダーの「资产管理 」をクリックしても弾かれる場合は、KYC1が通ってないんだと思います。KYC1を通貨すると、「资产管理 」にアクセスできるようになります。

KYC1に通過したら、「资产管理 」をクリックします。

通貨毎の残高一覧が表示されるので、
入金したい通貨の「充值」をクリックします。

すると、入金用アドレスが表示されるので、
そちらに送金することでOCX内に入金することができます。

 

今後のOCXトークンについて

OCXは取引所自体がまだまだ規模が大きいわけではないので、
前述したとおりどうなるかわかりませんw

でもそれはBinanceが登場した頃も同じだったでしょうし、
FCOINのような新興取引所が、現在のような取引高を上げることなど想像できなかったことだと思います。

EIKING
少なくとも、ワイは。

なので、OCX自体もいい方向にも悪い方向にもどうなるかわからないという状態です。

ただ、仕組みとしてはすでに大成功?したFCOINのFTと似ていますし、
今後注目しておくひとつとして見ておいてもいいんじゃないでしょうか。

毎回言ってますが、口座開設はしておいて損することはほぼないので、
しておいていいんじゃないかと思います。

10分ぐらいで完了しますし。。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。