NEXのICO購入!1stラウンドがようやく始まったので参加してみました

もうほとんど忘れていましたよ、
NEX ICOの1stラウンド及び2ndラウンドの抽選に当選していたことを。

なんかTwitter界隈やLINEもらったりで、
そろそろ始まるんやな〜って思ってたら、どうやら明日(2018/9/7)までのようで。

EIKING
もう終わるやん

まだ2ndラウンドもありますので!

とりあえずご要望もいただいてたんで、
購入方法なんかも軽く記事にしたいと思います。

 

NEX(Neon Exchange)のICOについて

そもそもNEXのICOは購入制限があり、
1stラウンドでは$1000まで、
2ndラウンドでは$9000まで、
MWXで$10000まで購入することができます。

抽選のときの様子は過去記事ご覧ください。

NeonExchange(NEX)ICOのRound 2向けKYC受付がスタート

2018.04.22

NeonExchange(NEX)ICO抽選に当選したのでKYCとRound 2の申請をする

2018.04.06

NeonExchange(NEX)のICOが抽選らしいので申し込んでみた

2018.03.28

これあったの2018の3月〜4月ですよ。
もう9月やし半年経ったやん。

そりゃ忘れますよ。

 

NEX(Neon Exchange)のICO 1stラウンド購入方法

NEX Suiteへログイン

で購入方法ですが、まずNEX ICOに参加するためにはNEX ExtensionっていうChrome拡張機能が必要です。

覚えてますか?
僕なんかもういらんやろ思って削除してたから再インストールしましたよ。

NEX Extensionについてはこちらの記事で初期設定なんか解説してます。

NEX(Neon Exchange) ExtensionのChrome拡張機能の初期設定とウォレットインポート

2018.03.28

で見事NEX Extensionにログインできましたら、
NEX Suiteへ移動します。

NEX SuiteはNEX Extensionでログイン状態じゃないと入れません。

すると「Contribute」というリンクがありますのでこちらをクリックします。

ポップアップが出現します。

どうやら参加はNEOとGASでの送金のようですね。

送金といってもNEX Extension使うので送金作業は不要です。ただし、NEX ExtensionのウォレットにはNEO及びGASを入れておく必要がありますので事前に着金しておいてください。

でこのポップアップをもうちょっと下にスクロールします。

「terms and conditoins」をクリックして読んだふり読んでから、
2つの項目にチェックして「Start」ボタンをクリックします。

 

送金するNEO及びGASの数量入力

すると、NEX Extension内ウォレットのNEO及びGASの残高が表示されます。

とりあえず$1000分だいたいになるぐらいでNEO及びGASを送金しておきます。

イメージとしては、53NEOと残りをGASで調整して$1000にするって感じです。
「Add 000000 NEO(GAS)」ってとこ押せば自動で$1000になるぐらいに調整してくれます。

僕の場合は、

  • 53NEO
  • 2.93086003GAS

で$999.99になりました。

下にスクロールするとこんな感じですね。

priority feeはデフォの0.01でOKです。

もうコレ以上の端数ないので、しかたなく$999.99でいきます。

EIKING
気持ち悪いな

一通り確認して問題なければ「Confirm and contribute」ボタンをクリックします。

 

NEX Extensionで送金確認作業

すると、NEX Extensionの別ウインドウが起動します。

問題なければ「Confirm and Send」をクリックします。

そしてNEXのパスワードを入力して「Confirm and continue」をクリックします。

これで完了です。

 

NEX ICOで約$1000購入することができました

NEX Suite内を見るとこんな感じになりました。

Transaction Successful!ってなんってますね。

NEX Extension内にもさっそく反映されてます。

以上です。

2ndラウンドは参加するかわかりませんが、そのへんはノリでいきたいと思います。

もうICO熱なんかすっかり冷めてしまったのでね。

EIKING
NEO:GASの数量を上手く調整すればちょうど$1000買えるんかもね。誰か試してみてくれ。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。