IT導入補助金の支援事業者になったので補助金MAX50万円申請できます

この度、弊社が平成29年度補正予算「サービス等生産性向上IT導入支援事業」のIT支援事業者に登録し、
無事ITツールの審査も通りました。

これによって、
弊社へITツール(生産性を向上させるためのクラウドサービス等)を発注頂いた際に、
MAXで開発費1/2の上限50万円の補助金申請を行うことができるようになりました。

これをチャンスに、自社システムを導入する人がクソほど増えることを願っています。

 

今年度のIT導入補助金について

今年度のIT導入補助金についてなんですが、
すでに一次と二次は公募期間が終了しており、
三次公募が2018/9/12より始まっています。

第一回から第五回まで合計5回の締切があり、
不採択となったとしても最大で5回も申請が可能です。

EIKING
チャンスは5回ある

ちなみに今年度の予算は500億円あり、
噂では一次、二次終了時点でもかなりの予算が余っているみたいです。

ですが、謎に採択率が悪いというよくわからない状況です。

ただ、担当事務局に問い合わせた感じだと、
入力不備等がなければ基本的には採択されるとのことでした。

もはや何を信用すればいいのかわかりませんが、
ちょっとの手間で50万を国から補助してもらえる可能性が高いなら、やってみる価値はあるんじゃないかと思います。

補助金の上限は、開発費の1/2まで。金額上限が50万円。

例えば開発費150万円のシステムを導入する場合、
補助金交付受けられるのは1/2ですが、金額上限が50万円なので、
1/2の75万円ではなく50万円が申請金額になります。

 

弊社で扱う補助金対象となるITツールについて

ちなみにこの補助金申請ですが、
スクラッチ開発は対象外となっています。

いわゆるイチから開発するオリジナルシステムってことですね。

ようはパッケージ商品でないといけないわけです。
なのでうちでもパッケージ商品で登録することにしました。

その名も、lismoa enterpriseです。

基本的にこれまで弊社で対応してきた、
受注管理系と新規出品系のシステムをパッケージ化したものです。

パッケージだとそんな大したシステムにならないのじゃないのか?

と思われがちですが、
そのあたり詳しくはぜひご相談ください。

EIKING
大人の事情

 

IT導入補助金交付をGETするためには

いろいろな手続が必要になります。

しかも情報が散乱してたかなりまとめるのに苦労しました。

大きな申請までの流れとしては、

  1. 補助金概要の確認
  2. 必要な企業情報の準備
  3. 経営診断ツール
  4. SECURITY ACTION宣言
  5. おもてなし規格認証取得
  6. 申請マイページ招待情報(法人番号、法人名、メールアドレス)
  7. 申請マイページ開設
  8. 申請マイページから必要な交付申請情報の入力
  9. 入力情報に基づき、弊社が交付申請書を作成
  10. 弊社が代理交付申請

となります。

いろんな解説ファイルがサイト上には転がってるんですが、
一番交付申請の流れがわかりやすいファイルは、IT導入補助金手続きチェックシート (PDF) です。

で、交付決定してからも補助金を交付してもらうまで、
いろいろと提出するものがあったりします。

 

まずはこのチャンスに一度ご相談ください

このIT導入補助金は去年から同じ予算が組まれ、
今年は5倍の500億の予算が組まれました。

おそらく来年もあるんじゃないかと言われてますが、
現状の予算の余り具合をみるとなんとも言えません。

予算の余り具合的に、今年の四次があるのでは?
とも言われてますね。

どちらにしろ、来年も50万円クラスの補助金が受け取れる可能性は今のところわかりません。

なので、この機会にぜひ自社システムの導入をご検討ください、と言いたい。

もちろん補助金は確実に採択される保証はどこにもないですが、
ちょっと面倒な手続きで50万円もらえたらうれしいですよね。

ということでまずは、
一度ご相談ください。

ネット物販系システム(受注管理や出品システム等)をご検討のかたは、
どこよりも簡単にヒアリングさせていただく自信があり、
どこよりも円滑に開発に取り組めると思います。

無料相談はすべて私、EIKINGが行っています。
ぜひお気軽にご相談くださいな!

ちなみに弊社の開発キャパもあり、また実績報告の期間の定めもありますので無限に請け負えるわけではありません。いわゆる早いもの勝ちに近く、すでに3社ほど予定しているクライアントさまもいますので、ぜひお早めにご相談ください。

システム開発の無料相談受け付けています


現場を理解したシステム開発が得意技。

これまで、EC支援システムをメインに、PRIMAやlismoaの開発に携わってきました。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。