WooCommerceのネットショップを日本向けにカスタマイズする

WooCommerceはオリジナルで日本向けになってないため、
日本向けの自社ネットショップを構築する場合は多少カスタマイズが必要です。

といっても、
そんなにめんどくさいこともないので、
まあいとも簡単に日本向けサイトが完成します。

そこで今回は、実際に日本向けに対応するためにカスタマイズした部分を紹介します。 正直これだけやれば、日本人が買い物しても「ん?」とはならなくなるでしょう。

 

WooCommerce For Japanプラグイン

WooCommerce For Japan

ほとんどがこのプラグインで日本対応可能です。

ですが一部別プラグイン使ったり、
このプラグインでは対応しきらない部分もあるので全部紹介します。

 

住所の並び順を日本向けに変更する

これはWooCommerce For JapanプラグインをActiveにするだけで対応できます。

もともとの住所入力フォームは、下記のような並びになってます。

なんか日本人からすると「ん?」ってなりますよね。
海外は入力が番地からなので。

それを下記のように日本風にアレンジしてくれます。

これだと違和感ないですね。うん。

Woo Checkout Field Editor Proというプラグインを使うのもいいんですが、
無料版は制限もあるし、日本向けにしたいだけならこのWooCommerce For Japanで十分です。

 

日本の銀行振込に対応する

WooCommerceのデフォルトでも、決済方法に銀行振込あるんですけど、
フォームが日本向けになってないので使えません。

ですが、WooCommerce For Japanでは日本向けの銀行振込対応ができます。

設定は、WooCommerce For JapanをActiveにしたら、「日本対応」ってメニューがWooCommerce内に現れるので、
そちらから行います。

「支払い方法」タブで「銀行振込(日本向け)」にチェックを入れて保存します。

すると、決済方法の設定画面に出現します。

そちらで振込口座等を入力すれば対応完了です。

 

代引き(代金引換)に対応する

代引きはWooCommerceのデフォルトで準備されてます。
決済方法として代引きをActiveにして、手数料等を設定すれば完了です。

 

郵便番号から住所自動入力する

これも実はWooCommerce For Japanでも対応可能なんですが、
Yahoo!のアプリケーションIDが必要になり、ちょっと取得がめんどうかも。

そこで、zipaddr-jpというプラグインを使います。

このプラグインはActiveにするだけで、
郵便番号から住所を自動入力してくれます。

 

英語の部分を日本語に翻訳する

WooCommerceは海外製なんですが、
プラグインが豊富なので、正直ショッピングカートとしての自由度はかなり高いです。

Shopifyのアプリと比較したらまさに雲泥の差かよ!ぐらい差があります。

ですが欠点としては、
日本ユーザーからすると、テーマにしろプラグインにしろ、日本語化されてないものが多いです。

100歩譲って管理画面だけならなんとかなりますが、
日本向けの自社ネットショップであれば、
サイト上で英語が表示されるのはちょっと避けたいですよね。

EIKING
日本人の英語アレルギーは異常やから。

それを避けるためにLoco Translateというプラグインを使います。

これは、プラグインやテーマの翻訳ファイルを作成、上書き、編集できる最強翻訳プラグインです。

WPMLっていう有料の有名なものありますが、
多言語サイトを作成するために、
コンテンツを翻訳する場合は必要ですけど、
コンテンツ外の部分の翻訳にはLoco Translateが最強です。

ちなみにlismoaのサイトでは多言語化サイトのため、WPMLを導入してます。(まだ翻訳できてないですが)

右上から言語切替で日本語・English・中文が選択できます。こういった使い方には、Loco TranslateではなくWPML一択でしょう。

例えばテーマ独自の表示テキストで下記のようなテキストがあります。

うーん、まあ日本語にしときたいですよね。

そこでLoco Translate内で日本語翻訳ファイルを編集します。

こんな感じの画面。

詳しくはこちらの記事で説明してるので省きますね。

WordPressの海外製テーマ/プラグインのおかしな翻訳をLoco Translateで瞬殺する

2017.10.10

翻訳完了すると、

みたいな感じになります。

 

日本で売るなら日本独自の対応を

海外のビジネスマンが日本市場参入したいけど、しにくいといってるのはまさにこれだと思います。

日本人の僕でも思いますが、まあまあ独特です。

独特故に、さまざまな選択肢を用意してあげる必要もあります。
例えば決済をみても、うちではこんだけ用意してます。

国内のショッピングカートは高いものも多いし、
カスタマイズするのにもお金がかかったりします。

そのぶん日本向けショッピングカートなので、おそらくいろいろ日本向けにあたりまえのものは準備されているんでしょう。(そう願いたい)

でも、Shopifyや今回のWooCommerceのように、
海外からやってきたショッピングカートは独特な日本市場に自分たちで合わせていく必要がありますね。

これも全てはお客さまのため。。。

いっぱい買ってもらうため。。。

金がっぽがっぽ儲けるため。。。

そう思って、ちょっと手間ですがみんなWooCommerceやってみたらいい思います。
ランニングコストは、正直サーバー代(1000~2000円/月)ぐらいですよ。

日本向け対応以外に、WooCommerce必須プラグイン紹介してます。

WooCommerceで無料で最強のネットショップを構築するための必須プラグイン13選

2018.10.03

システム開発の無料相談受け付けています


現場を理解したシステム開発が得意技。

これまで、EC支援システムをメインに、PRIMAやlismoaの開発に携わってきました。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。