amazon輸出販売の返送品在庫計上してみたら評価額400万ぐらいあった説

今週松山に帰ってたんですけど、
その間に、絶対やっときたいことがあったのでやってきました。

それが、amazon無在庫輸出でたまりにたまった返送品在庫の計上です。

ようやくこのときがきたか!

という思いでした。

なぜここまで放置していたのか。

それは、単にやる気が起きなかったからだ!!!

 

なぜ大量の在庫が眠ってしまったのか

うちの松山の倉庫は、松山空港にまあまあ近い場所にあります。

で、去年2017年に愛媛で国体があったんですけど、
それに合わせて外回り環状バイパスができました。

このバイパスというのが、
松山ICと松山空港をほぼ一直線で結ぶためのバイパスです。

これにより、かなり交通が便利になりました。

そして何よりもの奇跡は、
そのバイパス線沿いに、うちの本社と倉庫があるということです。

こんな感じな。

これにより、空港から本社までも車で5分ぐらいで帰れるようになりました。

倉庫・本社間も、距離の割にかなりスムーズに移動できます。

しかも住宅街の行き止まりだったうちの本社も、
行き止まりからバイパスに出れる道ができて、
大型のトラックも楽に入れるようになりました。

以前は2t車がギリでしたが、現在は余裕です。

EIKING
全然関係ないこと書いてた

そうなんです、そんな倉庫なんですが、
本社のほうに在庫置いてるのもあるので、
倉庫側ってあんま行く機会がないんですよね。

なのでこれまで長い間放置されていた在庫たちがずっと眠っていたのです。

早く起こしてあげないと。。

そう思ってました。

 

そもそもなんでそんなに在庫があるのか

これは無在庫輸出とかやってる方だとわかると思うんですが、
海外に販売した場合、いろんな理由で荷物が返ってくることが多いです。

多いときは1日に数十個とか返送で返ってきたりします。

それらを、再送するにもお金かかるし、
再送して届く保証もないし、
かといって国内でさばくのも手間。

とりあえず置いとけーい!!!!

1000回ぐらい繰り返された結果、こうなりました。

 

実際にたまっていた返送品在庫を計上してみると

で、ようやく時が満ちた感があったので丸一日かけて計上してきました。

謎にプレ値とかついてるお宝もありました。

これがあるからいいですよね。

いやホントはさっさと現金化して、高回転で在庫ぶん回してるほうがいいんですけどね。

実際、売れそうな金額であとあと見積もったら400万ぐらいになりました。

売るのが大変なんですけどね。

でも実は秘策があるのです。

EIKING
うふふふふふふふふふふふふふふふふううふふふううふふふふうふふふ

その秘策については近日またご紹介するのでお楽しみに!

ECインフラlismoaを無料で使ってみよう


lismoaは全てのECのインフラに。

lismoaは世界中のamazonなどで販売するためのEC販売のインフラとして、

  • ・商品ページ作成代行
  • ・配送拠点ネットワーク
  • ・在庫共有ネットワーク
  • ・売上データアナリティクス

を提供しています。絶賛開発中ですが、とにかく使ってみてほしい。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。