うちのサービスで申請したIT導入補助金3社中3社が交付決定しました

先日うちでクライアント3社さま分のIT導入補助金の申請をしたんですよ。

とりあえず通るかわからないけど、
まあ出してみないことにはわからない!

ということで申請しました。

IT導入補助金3社分の交付申請が完了、今期残り申し込み可能数は残3回のみ

2018.10.10

この第三次公募の2回目の締切だったんですが、
交付決定日が2018/10/20でした。

結果は。。。

全社通過しました。

あれ、思ったより余裕。。
というか事務局が言ってたことは間違いじゃなかったのかもしれません。

 

IT導入補助金をもらうためには

再度、まだIT導入補助金についてよくわかってない人がいるので説明しておきます。

まず、補助金の交付を受けることができるのは、
「IT導入支援事業者」が登録している「ITツール」を導入したい「中小企業及び個人事業主」です。

うちの例でいうと、

IT導入支援事業者弊社
ITツール弊社サービス
中小企業及び個人事業主うちのクライアントさま

です。

なので、うちがIT導入支援事業者として登録されており、
なおかつITツールとして弊社サービスを登録しています。

これが大前提です。

なので、うちのクライアントさまたちはIT導入補助金の申請をできます。

で、申請できる金額はITツール導入費の1/2まで、最大50万円まで。

つまりMAX50万もらおうと思ったら、総額で100万以上のシステム導入が必要です。

ちなみに今回うちで交付申請させてもらった案件でいうと、
100〜180万あたりになります。

つまり、なにも導入する予定もないのに補助金をもらうことは不可能です。
まあ当然ですけど。

ただし、もし導入予定があるのであれば、最大で50万円が国から出るので、
タイミング的には最高でしょう?
という話です。

100万のシステムが50万で導入できるわけですからね。

 

IT導入補助金の申請代行とか潰れればいい

そんなIT導入補助金の交付申請ですが、
巷では補助金の交付申請の代行業者などが存在しています。

でも実際、うちのクライアントさまたちには、
僕が用意した申請フローを元に、各種手続きをしてもらい、
クライアントさまと弊社だけで交付申請を行いました。

結果、全通過。

こういった何の価値も産まないビジネスは見ていて吐き気がします。

ということで、こんなクソ業者必要ないので、
僕らだけで申請しましょう。

2018/10/21現在で、まだあと3回申し込みできます。

ご相談はお早めに。。。
ちなみに次回締切でも別の3社さま申請予定です。

詳しい補助金の内容については、こちらの記事で解説してます。

IT導入補助金の支援事業者になったので補助金MAX50万円申請できます

2018.10.01

システム開発の無料相談受け付けています


現場を理解したシステム開発が得意技。

これまで、EC支援システムをメインに、PRIMAやlismoaの開発に携わってきました。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。