PRIMAでは世界中のamazonMWS開発者アカウント申請できます

先日MWSの担当者より連絡があり、
全リージョン(JP, NA, EU, AU, CN)でのPRIMAユーザー向けのMWS開発者アカウント審査通過の手配をしていただいたとのことでした。

これはまあまあ画期的なことだと思います!

少なくともデスクトップアプリケーションでは世界で前例がないはずです。(たぶん)

まあそもそも、アプリケーションでMWS認証トークンを使わないものが少ないですからね。
PRIMAは特殊といえば特殊なわけです。

日本ではPRIMAかせどりすとだけではないでしょうかw

 

PRIMAで審査通過できるリージョンについて

ということで今回、
全リージョンでのamazonのMWS開発者アカウント審査の申請において、
PRIMAのアプリケーション名を提示すれば通過させてもらえるようになりました。

審査フローについてはPRIMAのユーザーガイドで解説してます。

対象リージョンはこちら。

  1. amazon.co.jp
  2. amazon NA (amazon.com, amazon.ca, amazon.com.mx)
  3. amazon EU (amazon.co.uk, amazon.de, amazon.fr, amazon.es, amazon.it)
  4. amazon.com.au
  5. amazon.cn

全11カ国です。

え?全リージョンじゃないの?

いや全リージョンなんですけど、PRIMA自体が上記の11カ国しか対応してないのでw

ちなみにMWS開発者アカウントはエリア毎になるので、
amazon.comのアカウントはamazon.ca(カナダ)やamazon.com.mx(メキシコ)でも同一です。

ヨーロッパも同様です。

 

これでひとまず安心なんだろうか

そういうわけでもありません。
これは僕的には一時的な措置と捉えています。

Marketplace App Storeがamazon.comですでに展開されてますが、
ここには実はデスクトップアプリケーションって1つもないんですよね。

となるとamazon自体は、
デスクトップアプリケーションを廃止させてこようとしている可能性もあります。

理由はまあいろいろ心当たりはあるんですが。。

なので、これで安心!というわけでもなく、
これまで同様に目まぐるしく展開していくamazonについていくためにも、
柔軟な対応策をとっていきたいところです。

 

PRIMAの新しいサービスがスタートします

あとついでに案内しておきますが、
PRIMAの新しいサービスの案内が来週できそうです。

まずはモニター募集したいので、
ユーザーさまから数名選出させてもらって使ってもらいたいと思います。

ちなみに、いろいろあって2年ぐらい寝かせてたサービスですw

いや、寝かさざるを得なかったというか。。

まあお楽しみに。

PRIMA自体も来月でリリースから5年経ちます。

現在のユーザー数は700契約を越えました。

EIKING
せっかくなので1000いきたい

amazonのデータ取得では唯一無二のサービスです。

システム開発の無料相談受け付けています


現場を理解したシステム開発が得意技。

これまで、EC支援システムをメインに、PRIMAやlismoaの開発に携わってきました。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
記事に関する質問や相談は、LINE@でお気軽にどうぞやで
line

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。