SHOPLISTの販売手数料40%!それでも高くないといえる3つの理由

SHOPLISTで出店して2週間ほど経ちました。

MEGASALEとオープンがだいぶかぶったこともあり、
かなりセールの恩恵を受けて、良いスタートダッシュがきれました。

でもね、
実はね、
SHOPLISTって販売手数料40%なんです。

Yuya
たけえな
EIKING
いや、実はそうでもないんだぜ

ちなみに販売手数料の相場としては、
BUYMAが最初7%(実績に応じて下がります)、
amazonが8~15%がメインです。

楽天とかYahoo!はちょっといろいろ複雑で、
正確には回答しにくいんですが、
だいたい4~10%ぐらい抜かれるイメージです。

そう考えると40%ってくっそ高いよね!

10000円の商品販売して、4000円もSHOPLIST運営に持ってかれるんですから。

やってらんね!

そう思いますよね。

でも違うんです。
実はその40%、全然安いんです。

その理由を説明します。

 

SHOPLIST手数料40%が安い理由

SHOPLISTの集客力がとにかく半端ない

集客力、これはほんとに半端ないです。

出店するまではそこまで感じることはなかったんですが、
出店してみて思いました。

過去記事もぜひご覧あれ。

SHOPLISTのメガセールの勢いが半端ない【ギリギリ開店間に合った】

2018.11.07

実はこの40%には、SHOPLIST内での広告運用的な費用も含まれています。

よって、ブランドランク(セラーランク的なもの)が良ければ、
バンバン集客してくれる
わけです。

もちろんSHOPLIST内でもそうですが、
SHOPLISTへの外部からの誘導なんかも金かかってます。

上記記事でも書いてますが、
他プラットフォームと比較して、
出だしから売れやすいのは、かなり珍しいプラットフォームです。

なので40%、高くない!

 

単価によっては40%だと逆に安くなる

これはamazonFBAと比較するとわかりやすいかと思います。

amazonって、実はメインカテゴリでは高くても15%の販売手数料が主流です。

しかし、
amazonFBAではこの15%の販売手数料にプラスして、FBA発送代行手数料が発生します。

例えばこれ、1000円の標準サイズ商品だと、

  • 販売手数料150円(15%)
  • FBA発送代行手数料360円

合計で510円の手数料をamazonから徴収されます。

つまり%でいうと、51%です。

EIKING
ブリ高いやん

そうなんです、SHOPLISTなんかより高くなるんです。

かたやSHOPLISTは、FBAのようなスピード便というものがあり、
40%の中にこのスピード便の手数料も含まれています。

つまり40%を超えることはないので、
先程の1000円の商品だと、

  • 販売手数料400円(40%)

のみです。

あれ、40%高くない!

ちなみにamazonFBAもSHOPLIST倉庫も在庫保管手数料は発生しますが、計算方法が違うので比較しにくいです。ここでの計算では省いてます。

またSHOPLISTのスピード便ではなく、通常便も同様に40%なので、そこはかなり不利になります。よってメインではスピード便の販売を行うのが得策です。

 

SHOPLISTでは低単価商品が主流

上記の価格のからくりは、実は低単価商品にのみ言えることです。

これが高単価商品になると、どう考えてもFBAのほうが安くなってしまいます。

10000円の商品で4000円の手数料ですからねw
どう考えてもくっそ高いです。

ですがSHOPLISTのメイン商材が、その低単価商品です。

いわゆるプチプラ系ファッションがメインとなってます。

なので、この40%の恩恵も受けやすい商材がメインだからうまく言ってるといえるかもしれません。

 

なんといっても集客力の恩恵が大きい

そんな感じで、SHOPLISTの手数料40%が高くないと言える3つの理由をあげてみました。

でも個人的には、その中でも「集客力」という点で、
40%は非常に悪くない数字なのではないかな
と感じました。

だってamazonも結局集客力があるとはいえ、
スポンサープロダクトとか広告打たないとなかなか戦えないマーケットになってきたじゃないですか。

そうなると、amazonでは販売手数料+FBA手数料+広告費がかかるわけですよ。

40%なんか越えますよね?

広告費使うのは楽天もYahoo!も同じです。

そういう意味でもSHOPLISTはトータルで安いのではと思います。

まあでも、プラットフォームとしては、
amazonなどと比べると全然未完成な部分多いので、
これから大きく変わってくると思います。

2017年の秋から導入されたブランドランクもその一つです。

SHOPLISTの最強の集客力の恩恵を受けるためには、
このブランドランクを死守する必要があります。

これはどのプラットフォームでも今や同じですね。

そう考えると、プラットフォームに半分近く徴収され、
ランクや評価を維持しようと頑張ってる時点で、
僕らはプラットフォーマーに踊らされてる
わけなんですけどね。

EIKING
今はそれでいい
Makosei
碇ゲンドウ?

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。