ロリポップからmixhostにWordPressを移転する全手順と忘れがちな設定について

試行錯誤しながらも、なんとかほぼ全てのWordPressをロリポップからmixhostに移転完了しました。

移転自体は、プラグインのおかげで超簡単に完了するんですが、
それに付随するちょっとした設定などを忘れることで致命的な状態になりかねないことがわかったので、ここではそのあたりも含めてシェアさせていただきたいと思います。

基本的なWordPress移転手順については、
ググると記事いっぱいでてくるのでそっちを参照してください。

この記事では、ざっくりのWordPress移転の流れと、
僕が陥った注意点などについて
まとめておきたいと思います。

 

ロリポップからmixhostに移転した経緯

いや単純にロリポップのサーバー応答速度が遅いんですよ。

それだけです。

それで、エックスサーバーかmixhostかどちらかに移転しようと考えてたんですが、
エックスサーバーならドメイン管理も移管したいと考えてました。

ですが、どうやらエックスサーバーでは、
このブログのドメインである「.asia」というファンキーなドメインの移管受け付けはしてないらしく・・・。

EIKING
ドメイン管理だけムームードメインのまま、サーバーだけエックスサーバーに移転するのも微妙だな。

ということで、ドメイン管理はムームードメインのまま、
レンタルサーバーのみをロリポップからmixhostに移転することにしました。

 

なぜ次のお家をmixhostに決めたのか

まずmixhostを選択した理由ですが、
単純にランニングコストが安かったのと、
WordPress移転代行サービスなんかもあったり、
サポートやヘルプページもかなりわかりやすく充実してたのでmixhostに決めました。

運営会社が新しく、ちょっと頼りないなあという感じはあるものの、
まあ最悪また移せばいいかという軽いノリで決めました。

過去に大規模障害もあったらしいんですが、
まあそれはどのサーバーでも可能性あるので。。

あとテスト的に無料トライアルでWordPress作ってみたら、
サクサク過ぎて感動したのも理由です。

 

ロリポップからmixhostへのWordPress移転手順

ではさっそく移転の流れについて解説していきます。

  1. cPanelでアドオンドメイン追加・FTPアカウント作成
  2. cPanelからWordPressインストール
  3. 旧WordPressでAll in one WP Migrationプラグインインストール
  4. 旧WordPressでバックアップファイルをダウンロード
  5. 旧WordPressのメディアファイルをFTPダウンロード
  6. hostsファイル書き換え
  7. 新WordPressでAll in one WP Migrationプラグインインストール
  8. cPanelのphp.iniでアップロード上限書き換え
  9. 新WordPressでバックアップファイルをアップロード
  10. 新WordPressに旧WordPressのメディアファイルをFTPアップロード
  11. 新WordPressの.htaccessとindex.php修正・サイトURL変更
  12. cPanelのZone EditorでMXレコード及びSPFレコードの追加
  13. ドメイン管理サービス(ムームードメイン)でDNSサーバー変更
  14. hostsファイル再度書き換え
  15. 新WordPressのサイトURLをhttpsに変更
  16. 新WordPressでReally Simple SSLプラグインを有効化
  17. 新WordPressでWP Mail SMTPプラグインの設定変更

ざっとこんな流れです。

めっちゃ大変そうに見えますが、僕はもう6つぐらいWordPress移転したので、
もう目をつぶってもできるようになりました。

cPanelでアドオンドメイン追加・FTPアカウント作成

まずmixhostで利用するドメインを追加します。

cPanel > ドメイン > アドオンドメイン から。

同時にFTPアカウントも作成しておきましょう。
あとで使うことになりますので。

 

cPanelからWordPressインストール

cPanel > Softaculous Apps Installer > WordPress から。
WordPressを新規インストールします。

「Install Now」ボタンから。

ボタンをクリックするといろいろ初期設定画面が出てきますが、
だいたい現行のWordPressの情報を入れておけばOKです。

注意点は、ソフトウェアセットアップセクションの、「プロトコルの選択」と「ディレクトリ」です。

プロトコルの選択は必ず、「https://」か「https://www」を選択しましょう。ここで出だしからhttpsを選択するとちょっとめんどくさいです。
ディレクトリは、よくわからない人はここは空白をオススメします。

 

旧WordPressでAll-in-One WP Migrationプラグインインストール

WordPressの新規作成ができたら、次は旧WordPressの管理画面に移行して、
All-in-One WP Migrationというプラグインをインストールします。

このプラグイン、WordPress史上最強のプラグインかもしれません。

インストールしたら有効化します。

 

旧WordPressでバックアップファイルをダウンロード

次に、All-in-One WP Migrationからバックアップファイルをダウンロードします。

ここで「高度な設定」からメディアファイルを除外します。

All-in-One WP Migrationは優秀なプラグインですが、512MB以上のファイルのインポートは有料プラグインでないと取込できません。よって、ファイルサイズのでかいメディアライブラリを除外します。

除外したメディアライブラリは、のちほどFTPで直接アップロードします。

エクスポート先は「ファイル」で。

エクスポートを開始します。

ファイルの準備が完了するとボタンが出現しますので、
こちらからダウンロードします。

メディアファイルを除外して512MBを越えてないことを確認してください。もし、メディアファイルを除外して512MB越えてたらちょっと僕はやりかたわかりません。

 

旧WordPressのメディアファイルをFTPダウンロード

現行サーバーにFTP接続して、
先程除外したメディアファイルをFTP経由でダウンロードします。

ファイルの場所は、
WPルートフォルダ > wp-content > uploads
です。

uploadsフォルダをまるごとDLしましょう。

 

hostsファイル書き換え

次に、新WordPressが完成しないまま、ネームサーバーを切替えてしまうと、
サイトにアクセスした際に、未完成なHello World!丸出しのWordPressを露出してしまいます。

恥ずかしさ極まりないので、パソコンのhostsファイルを書き換えて、
一時的に自身のPCからのアクセスのみ、IPアドレスを指定してアクセスできるようにします。

hostsファイルを書き換えると、旧WordPressにアクセスできなくなりますので、このタイミングまでに旧WordPressでの作業は完了しておきます。
なお、FTPは関係ないです。

新WordPressでAll-in-One WP Migrationプラグインインストール

hostsファイルを書き換えると、同じURLにアクセスしたのに、
新WordPressに接続されると思います。

まずは、旧WordPress同様にAll-in-One WP Migrationプラグインをインストール・有効化します。

 

cPanelのphp.iniでアップロード上限書き換え

次にバックアップファイルをアップロードしたいところですが、
mixhostの場合、初期でWordPressのアップロードファイルサイズの上限が64MBになってます。

これだとちょっとアップロードできないと思うので、php.iniファイルをいじって上限を上げます。

cPanel > ソフトウェア > MultiPHP INI Editor
から。

post_max_sizeと、upload_max_filesizeを「512M」に変更します。

ちょっと反映がされにくいので、何回か「適用」ボタンを押してみてください。

 

新WordPressでバックアップファイルをアップロード

ファイルアップロード上限サイズを変更したら、
WordPress管理画面からバックアップファイルをインポートします。

ファイルサイズ上限が変わってることを確認してから、
インポート元「ファイル」を選択し、先程旧WordPressからダウンロードしたバックアップファイルをアップロードします。

これでメディアファイル以外のデータはすべて復元できました。

 

新WordPressに旧WordPressのメディアファイルをFTPアップロード

次にFTPで旧WordPressからダウンロードしたメディアファイル「uploads」を、
新WordPressのFTPに接続してアップロードします。

FTPアカウントは、cPanelでドメイン追加時に作成したFTPで接続できます。

アップロード先は、同様に、
WPルートフォルダ > wp-content > uploads
です。

これですべてのファイルの移転が完了しました。

 

新WordPressの.htaccessとindex.php修正・サイトURL変更

これは、新規WordPress作成時にディレクトリを作成した場合のみです。
ディレクトリを「空白」に知った場合はスキップしてOKです。

.htaccessファイルとindex.phpのファイルをルートフォルダにコピーして、
ファイルの一部を編集します。

詳しくはWordPress公式サイトをご覧あれ。

最後にWordPress管理画面内から、
設定 > 一般 > サイトアドレス (URL)
のURLをディレクトリなしのドメインアドレスに変更して完了です。

 

cPanelのZone EditorでMXレコード及びSPFレコードの追加

こちらは同一ドメインで、MXレコードやSPFレコードの設定をしていた際に必要です。
ムームードメインの場合は、
ムームーDNSでないとMXレコードやSPFレコードの設定ができず、
今回のように外部DNSを利用する場合は、これらの設定も新DNS側(mixhost側)で設定が必要です。

cPanel > Zone Editor からドメインを選択してレコードを追加していきます。

例で、G SuiteのMXレコードを利用する場合は下記のような設定になります。

 

ドメイン管理サービス(ムームードメイン)でDNSサーバー変更

さあこれで一通り準備完了です。

もうおそらく問題ないはずでしょう!
ということで、一通りこれまでの作業を確認して漏れがないか、
新サイトのほうにアクセスしてみて問題ないか確認しましょう。

ちなみにhttps化(SSL)については、DNS切替えして安定するまでSSL化できません。なのでこの段階ではサイトはhttpになってると思いますが、問題ありません。

mixhostのネームサーバーはmixhostの管理画面に表示されています。

こちらのネームサーバーをドメイン管理サービスで変更します。

ムームードメインではこのような形になります。

ネームサーバーの切り替えが完了したということは、
そのドメインへのアクセスした際に表示されるサイトが切り替わるということです。

これには時間がかかるケースもありますので、
実際にサイトが切り替わるまで待ちましょう。

 

hostsファイル再度書き換え

いつまでもhostsファイルを書き換えたままにしていると、
サイトが切り替わっても気づくこともできませんので、元の状態に戻しておきます。

最初に書き込んだIPアドレスとドメインを削除して、再度保存します。

 

新WordPressのサイトURLをhttpsに変更

ネームサーバーがちゃんと切り替わったか確認するには、
Macだとターミナルから、

nslookup eiking.asia

と入力することで、IPアドレスを確認できます。

ちなみにmixhostのサーバーIPアドレスは下記の様に確認できます。

新しいサーバーのIPアドレスに切り替わってることを確認したら、
サイトをhttps化します。

WordPress管理画面内の、
設定 > 一般 から、WordPressアドレス及びサイトアドレスをhttpsに変更します。

このとき、cPanel > セキュリティ > SSL/TSL > SSLサイトを管理します から、SSLステータスを確認してください。

今回のドメインのすべてに対して、緑色の鍵マークになってることを確認しましょう。
これで一部でも赤い鍵マークが有る場合、まだSSL証明書がちゃんと割り当てられてない状況です。これはネームサーバーの切り替えにかかる時間などによって左右されます。
これがまだ赤い状態でhttps化してしまうと、サイトにアクセスできなくなってしまう時間が発生するので、必ず緑の鍵マークになってることを確認してからhttps化しましょう。

 

新WordPressでReally Simple SSLプラグインを有効化

https化が終わったら、最後にReally Simple SSLプラグインを有効化します。
これでコンテンツ内のURLもすべてhttpsに切り替えてくれます。

 

新WordPressでWP Mail SMTPプラグインの設定変更

これはちょっと落とし穴だったんですが、
WP Mail SMTPプラグインを利用してる場合、
ちょっと変更が必要です。

僕が対応したケースでは、

Amazon SESを利用してる場合:
SSLだとエラーになるのでTLSに変更

Google APIを利用してる場合:
リダイレクトURIのURLを変更
※これは、ファイルパスが変わった場合のみ。

WP Mail SMTPプラグインの設定については、過去記事でも書いてます。

WooCommerceの注文関連メールをWP Mail SMTPでSES経由にして確実に飛ばす方法

2017.10.09

 

サーバー移転、一回やれば怖くない

ということで、長くなってしまいましたがこれで完了のはずです。

Yuya
おつかれえええええええええええええええええええええええええええええええええ

サクサクのサーバーをお楽しみください。

サーバーやネームサーバーなどは、
やっぱ不確実なところも多いです。

切替えにどのぐらい時間がかかるかなど。

それでまたネームサーバー戻したりとかしてたら、
余計時間かかってしまいます。

なので、設定が間違いないことを確認したら、
とりあえず待つ!ことも大事です。

早い場合は、このフロー全部で1時間ぐらいで済んだサイトもあります。

サイトによってまちまちなのでそのへんは気にせず待ちましょう。

今回はロリポップ→mixhostの例でしたが、
実は数件AWSのEC2→mixhostも移転決行しました。

ほとんど作業自体は変わらなかったです。

よって割と応用の効く内容になってるかと思うので、
ぜひ自分でやってみてください!

移転代行業者とかは3万〜とかが相場です。
ですが、mixhostはWordPress移転代行サービスを9980円からやってくれますので、
自信ないひとはmixhostに任せてしまうのもいいかも
しれません。

てな感じで、いろいろ含めて現状mixhostオススメです。

そろそろ自社システム構築の時期では?


あなただけの専用システムで差をつけよう

売上が上がるほど、自社システムを構築することによるレバレッジ効果は増大します。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。