Google広告とGTM(Googleタグマネージャー)でリスティング広告の”超”初期設定 #1

Google広告(旧: Google Adwords)デビューしました。

全くもってこれまで触ったことなかったんですが、
そろそろ広告で集客をある程度安定させたビジネスも必要だと思い、トライすることになりました。

しかしやはりこれまでトライしなかったのも、
設定がややこしく、とっつきにくかったのも原因です。

そのため、少しでもとっつきやすくなるような、
必要最低限の初期設定についてまとめてみたいと思います。

EIKING
これで君もポケモンマスターだ!

 

Google広告デビューまでの全体の流れ

まずは全体の流れを把握しておきたいと思います。
できるだけ素人目線な言葉選びでやっていきたいと思います。

最初に、Google広告を運用していく上で、
広告を打ちたいサイトに3つのタグを埋め込む必要があります。

このタグたちを埋め込むことで、

  • コンバージョン(成約)に至った広告を計測できる
  • 離脱したユーザーにリマケ(再誘導)広告を打てる
  • SafariのITP2.0に対応し正確な計測ができる

ようになります。

これらはGTM(Googleタグマネージャー)でやります。

次に、実際に広告をつくります。

広告を作るには、Google広告管理画面から、

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • キーワード
  • 広告文

を作る必要があります。

ただこれらは作成して審査通ればすぐに配信されますので、
デビューまでにすることは以上になります。

よって、

  • GTMでタグいろいろ埋め込む #1
  • Google広告で広告つくる #2

でデビューできるわけです。

音楽のメジャーデビューよりは簡単ですね。
この記事では、#1ということで、「GTMでタグいろいろ埋め込む」からやっていきたいと思います。

 

GTM(Googleタグマネージャー)でタグを埋め込む

  • コンバージョン(成約)に至った広告を計測できる
  • 離脱したユーザーにリマケ(再誘導)広告を打てる
  • SafariのITP2.0に対応し正確な計測ができる

をするためのタグを埋め込んでいきます。

合計で3つです。

そもそもですが、Google広告とGoogleタグマネージャーのアカウント作成はここでは割愛します。そのへんに記事転がってると思いますので。

タグの名称は、

  • コンバージョントラッキングタグ
  • リマーケティングタグ
  • コンバージョンリンカータグ

の3つになります。

ちなみにこれらは厳密にいうとなくてもいいんですが、
実際にいくらの広告費を使ってどれぐらいの売上につながったのかが、計測できないことになります。

すなわち、これらがないと広告費をいくら使えるのかが数値として出せないので、
これらは必ず埋め込みしておきましょう。

 

コンバージョントラッキングタグ

  • コンバージョン(成約)に至った広告を計測できる

のやつです。

これがないと成果を計測できないのでもはや必須です。

このタグはどこに埋め込むかというと、成果が出たことが確定するページに埋め込む必要があります。 よくある例は「サンクスページ」などです。

うちの場合はサンクスページがないので、
カスタムイベントで発火させてます。

埋め込むためのコンバージョントラッキングタグ情報取得

タグ情報はGoogle広告管理画面内から取得します。

ツール > 測定 > コンバージョン

まずはコンバージョンアクションを作成します。
これはすなわち広告で集客したユーザーの最終ゴールの設定です。

複数作成できます。

このコンバージョンアクション自体はビジネスによって異なるので、
それぞれ自身のビジネスに合わせて設定してください。

で、設定後にGoogleタグマネージャーで設置する場合、
「Googleタグマネージャを使用する」を選択します。

ここで表示された、

  • コンバージョンID
  • コンバージョンラベル

をGTMに設定します。

 

GTMでコンバージョントラッキングタグを埋め込む

上記で取得した情報をGTM内で設定していきます。

今更ですが、GTM自体はサイトと連携できてることが前提です。ぜひ下記記事なども参照してみてください。

WordPressにGoogleタグマネージャ経由で最低限のアクセス解析を行う設定

2017.11.24

コンテナ内でタグを新規作成します。
「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択。

取得した、

  • コンバージョンID
  • コンバージョンラベル

を入力します。

トリガーは、特定のページがコンバージョンとなるのであれば、
そのURLのみのページビューなどをトリガーに設定します。

 

リマーケティングタグ

  • 離脱したユーザーにリマケ(再誘導)広告を打てる

のやつです。

これまリマーケティングしない場合は必要ないですが、
リマーケティングとはこれまでにサイトに訪問したことのあるユーザーに対して、
広告を配信することができるので、
すでに興味を持っているユーザーに絞り込んだ広告配信が可能になります。

よって、まあこれも必須ですね。

埋め込むためのリマーケティングタグ情報取得

タグ情報はGoogle広告管理画面内から取得します。

ツール > 共有ライブラリ > オーディエンスマネージャー

左サイドバーに「オーディエンスソース」があります。
その中の「Google広告のタグ」内「詳細」をクリックします。

ページ下のほうのアコーディオン開くと、「タグマネージャを使用」ってのがあります。

ここをクリックすると、

  • コンバージョンID

が取得できます。

 

GTMでリマーケティングタグを埋め込む

上記で取得した情報をGTM内で設定していきます。

コンバージョンタグ同様に、新規タグを作成。
「Google広告のリマーケティング」を選択します。

取得したコンバージョンIDを入力します。

トリガーは「All Pages」でOKです。
すべてのページにアクセスしたユーザーに対してリマーケティングしたいなら。

 

コンバージョンリンカータグ

最後にコンバージョンリンカーです。

これは、簡単にいうとSafariの野郎のITP対応するためのものです。

設定はGTM側だけで完結します。

新規タグ作成から、「コンバージョンリンカー」を選択します。

特に設定もありません。

トリガーも「All Pages」にしましょう。

これで公開すれば完了です。

 

タグがちゃんと機能してるか確認しよう

基本的にはタグがちゃんと配信されてるかどうかは、GTMのプレビュー機能で確認できます。

プレビューONにして、自身のサイトへアクセスしてみてください。

  • リマーケティングタグ
  • コンバージョンリンカータグ

はどのページでもアクセスするだけで発火してるはずです。

  • コンバージョントラッキングタグ

についてはサンクスページ等にアクセスすればわかるはず。

ただうちみたいにサンクスページがない場合は、
下記のような確認ができるようです。

また、リマーケティングタグは、
顧客層の近い別サイトであればFBピクセル同様ばらまいておくといいでしょう。

ということでタグ発火が確認できれば、とりあえずの初期設定は完了です。

Makosei
めっちゃ大変じゃないすか?
EIKING
余裕やろ

#2 にて、以降の広告の作成について解説しています。

Google広告とGTM(Googleタグマネージャー)でリスティング広告の”超”初期設定 #2

2018.11.24

そろそろ自社システム構築の時期では?


あなただけの専用システムで差をつけよう

売上が上がるほど、自社システムを構築することによるレバレッジ効果は増大します。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。