zendeskの仕様変更によりSPF不要からのCNAMEの設定が必須に!

zenndeskがamazon SESを導入したことにより、
これまでSPFレコードの指定をしていたものが変更になり、CNAMEレコードの設定をする必要があります。

いや、それ、どういうことやねん、
やらんかったらどうなるねん、など疑問がいろいろ出てくるかと思いますので、
そのへんを簡単に説明したいと思います。

 

zendeskで自社ドメインメールアドレスで送信する

基本的には、zendeskで自社ドメインメールアドレスを使用して、
顧客に返信してるかたがほとんどじゃないでしょうか。

まさか hogehoge.zendesk.com のドメインで返信なんかしてないですよね?

自社ドメインで返信しないと、顧客的には「スキャム!?」と捉える人もいるみたいです。

先日確か、どっかの仮想通貨取引所がユーザーへのメールで hogehoge.zendesk.com からのドメインでメールを送信して、ユーザーが「これドメインちゃうやん!スキャムやん!」って言って騒いでたのをTwitterでちら見しました。

そういったユーザーも少なからずいるので、
自社ドメインでの返信を設定しておきましょう。

いや、今回はその説明は端折りますが。

 

SPFレコードの設定も当面必要

移行期間があるので、当面の間は、CNAMEと平行してSPFレコードも必要のようです。
詳しい内容についてはzendeskのヘルプページを参照ください。

自社のメールドメインではなくZendeskからメールを送信する方法

なので、ドメイン管理サービス(お名前ドットコムやムームードメイン、Route53など)で、両方を設定しておきましょう。

レコードサブドメインターゲット(値)TTL
TXT(なし)v=spf1 include:mail.zendesk.com ?all3600

SPFレコードは基本的にTXTレコードで記述します。

v=spf1 include:mail.zendesk.com ?all

~all でも ?all でもOKです。

ちなみにSPFは複数設定する際は、まとめる必要があります。

v=spf1 include:_spf.google.com include:mail.zendesk.com ~all

こんな感じでな。

v=spf1 は一つにしないと機能しませんので。

SPFに関しては、完全移行すればいずれ不要になるようです。

 

CNAMEレコードの設定を行う

CNAMEレコードを4つ追加します。

レコードサブドメインターゲット(値)TTL
CNAMEzendesk1mail1.zendesk.com3600
CNAMEzendesk2mail2.zendesk.com3600
CNAMEzendesk3mail3.zendesk.com3600
CNAMEzendesk4mail4.zendesk.com3600

こんな感じです。

サブドメインとターゲット間違えないように。

 

ドメイン確認用TXTレコードの設定

これは新たに追加されていたんですが、
SPFとは別にTXTレコードが必要になってます。

どうやらドメイン確認用みたいですね。

レコードサブドメインターゲット(値)TTL
TXTzendeskverification<Support内に表示される固有値>3600

<Support内に表示される固有値>はzendesk内から確認できます。

設定(歯車) > チャネル > メール
から、該当のサポートメールアドレスの「詳細」で確認します。

 

TXTとCNAME設定できてるかチェック

TXTとCNAMEの両方設定が完了したら、zendeskの管理画面でちゃんと設定できてるか確認できます。

設定(歯車) > チャネル > メール
から、該当のサポートメールアドレスを確認します。

全部緑色のチェックになってたら完了です。

 

CNAMEやTXT設定しないとどうなるのか?

まあ実際これら設定しなくてもメールの送信はできるんですけど、
メールクライアントでブロックされにくいために、
いろいろSPFやCNAMEを設定するわけです。

要するに自分のドメインをzendeskシステム上から送信するけど、
これはドメイン所有者がOKしてるから偽物じゃないよ!的な意味合いです。

なので、必須ではないですが、やっといたほうが顧客にメールが届きやすくなる、ということです。

zendeskはカスタマーサポートで使用することがほとんどだと思うんで、
メールが届かないとクレームのもとです。

個人的にはもはやこれは、必須の設定項目かなと思います。

EIKING
まあ絶対やるべし。

そろそろ自社システム構築の時期では?


あなただけの専用システムで差をつけよう

売上が上がるほど、自社システムを構築することによるレバレッジ効果は増大します。

EC販売とシステム開発両方に精通した私たちillustriousにお任せください。
漠然とした相談でもかまいません、ご相談全て私EIKINGが対応します。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。