TREZOR Model T(トレザーモデルT)のファームウェアアップデート方法

TREZORのModel Tのファームウェアアップデート方法について、
最近問い合わせが多いので記事にしておこうと書いてます。

そこまで難しいものではないんですが、
おそらく「ミスったらどうしよう。。」といった心配があるのかと思います。

EIKING
どうミスりあげても、バックアップシードあれば何も心配ないけどな

 

TREZOR Walletからファームウェア更新開始

まずファームウェアが、現在のデバイスでインストールされているものより、新しいものが出ている場合は、TREZOR Wallet内で通知があります。

このような感じでオレンジ色の帯で、新しいファームウェアがあることを通知してくれます。

この「詳細を表示」からファームウェア更新を行っていきます。

次にこのような画面になるので、指示通りにデバイスの画面をこすりながらケーブルを再接続します。

これをすることで、ブートローダーモードでの起動ができます。
ファームウェアのアップデートには、このブートローダーモードでの起動が必要です。

こんな感じで一度ケーブルを抜いてから、再接続します。

 

新しいファームウェアのインストール開始

再接続すると下記の様な画面になります。

「Connect to host?」で✔をタップします。
するとPC画面では下記のような画面になります。

リカバリーシードを保管していることを再度確認した上で、チェックを入れて更新ボタンをクリックします。

ファームウェアのバージョンによっては、デバイスのメモリがクリアされる場合があります。この場合、再度ウォレットの復元が必要になりますので、バックアップシードがなかったら試合終了となってしまいます。ご注意ください。

次にデバイス側で認証します。

再度✔をタップします。するとインストールが開始されます。

インストールしています。。。。。

完了!自動的にデバイスが再起動されます。

 

TREZOR Walletにアクセスしてバージョンの確認

再度PINを入力してウォレットにアクセスします。

サイドバーのデバイス画像をクリックし、「高度」というメニューへ移動します。

新しいバージョンになってたらファームウェア更新完了です。

以上!簡単ですね。

ちなみにTREZOR ONEの場合は、違いとしてはブートローダーモードの起動方法のみです。
画面をこすりながらではなく、2つのボタンを押しながらケーブルを再接続するだけです。

というだけの記事でした。

TREZOR買うなら。

ハードウェアウォレットで仮想通貨資産を守ろう


あなたの資産は誰も守ってくれません

誰もあなたの仮想通貨資産は守ってくれません。全てが自己責任の世界なのです。なので、ガチホする仮想通貨はTREZORのようなハードウェアウォレットに保管しましょう。
MyHardwareWalletを運営する弊社は、TREZORの正規販売店です。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。