ブログやYouTubeなんかせずに「物販やれ」ばいい理由を、全部やった俺が説明する

最近、 #ブログ書け とか #動画撮れ というハッシュタグをTwitter等で散見しますが、そんな中いかがお過ごしでしょうか!

これらの一種の啓蒙活動は、その界隈の人ぞ知る、ブロガー界隈で一部賑わってるように思います。
僕はこれらのハッシュタグが意味することもだいたいわかりますし、肯定も否定もしたくないですけど、あえて僕は対抗したハッシュタグを提唱したいと思います。

EIKING
#物販やれ

いやホンマ稼ぎたいんなら物販やれと思う。

物販は天井は無限大(といっても年商10億以上は普通にやっててもいけないが)、そして片手間で月利5~30万なんか簡単に稼げてしまう魔法のようなビジネスです。

そこで今回は僕が簡単に、物販がいかに堅いビジネスで、ブログやYouTubeなんかより取り組む価値が高いかを伝えてみたいと思います。

 

なぜブログやYouTubeはだめなのか

ターゲットはとにかく稼ぎたい!と思ってるひと

今回のターゲットとしては、例えばイケハヤの脱社畜サロンとか入っちゃってしまってる人ね。
第三者目線で見て、「入ってる」人じゃないですよ、「入っちゃってる」人ですw

別に脱社畜サロンをディスってるわけではないぞ、勘違いすんなよ

いわゆる養分的な人たちです。そんな人たちはこのブログなんか読んでないか。まあいいや。

とにかく、雑にまとめると起業したい!とか、副業で稼ぎたい!とか、Googleでそんな類のキーワードを常々葬ってる、そういう人たちです。

まず、別にだめじゃないんですよ。
ブログやYouTubeがだめってわけではないんです。

 

メディア運営は考えることが物販に比べて多い

何がだめなのかというと、そんな養分みたいな人たちがブログやYouTubeで売上を上げ続けるには少々荷が重いということです。

ブログやYouTubeでコンテンツを配信して稼いでいくためには、いろんなことを考えないといけません。
メディアとしての立ち位置、マネタイズへの導線、セールスレター、広告主との折衝、Web集客スキル、ブランディング、などなど。

はっきり言って、ただのサラリーマンがぱっと初めてそうそううまくいくもんでもないと思います。

それなら近所で喫茶店でもオープンしたほうが稼げるんじゃないかレベルです。

なのに、なんか時代がそういう風潮だからなのか、個人が煌めく時代だからなのかわかりませんが、ブログ書こうぜYouTubeやろうぜ的なノリをよく見かけます。

だから、「だめ」というよりはそれ「難易度高い」んやで?それわかってるOK?ということです。

 

なぜ物販のほうがいいのか

ネット物販は考えるべきことが少ない

次に、なぜそういったメディアでマネタイズしてお金を稼ぐより物販のほうがいいのか。

これはメディアと物販とこれまで7年間両方やってきた僕がいいますけど、

EIKING
圧倒的に物販のほうが再現性が高いからだ

と言えます。

物販の大まかな流れとしては、

  1. 商品開発(商品リサーチ含む)
  2. 仕入れ(及び発注)
  3. 販売
  4. 配送

って感じです。

これにスキームなどのアレンジが加わって、さまざまなスタイルの物販がありますが、雑な枠組みでいうと全部こんな感じです。

 

つまり商品開発&リサーチだけ間違えなければOK

このなかで、下3つはだいたいやることそんなに変わんないんですよ。
となると商品開発及び商品リサーチをしっかりちゃんとやれば、再現性はかなり高く、稼ぎやすいビジネスなんです。

ブログや情報発信教えて〜って言われても、たぶんうまく教えれないと思うんで断りますけど、物販なら教えれる自信あります。この教育が下手で有名な僕ですらね。

 

金を稼ぐには安く買って高く売るだけ

自分自身の「時間」というリソースを無視するな

これが例えばブログやYouTubeのように、アフィリエイトの紹介報酬や広告収入が主だとどうでしょう。

メディアを作り上げるにはコストがかかりますよね?
え、まさか自分の時給とか無視してますか?

だめですよ、時間は有限なんですから。一番大切にすべきリソースです。

そう、ブログやYouTubeのメディアならコストかけてコンテンツ作っても売上0なんてことザラにあるんです。

原価100万、売上0とかね。

 

物販では仕入れたものが0になることは少ない

でも物販では、商品間違えなければ基本的に売上0はないです。
多少の不良在庫は出るにしても、大半は悪くても原価では捌けます。

つまり、物販はただ需要ある商品を、安く買って高く売れたらOKなわけなのでシンプルなんですよね。

かたやブログやYouTubeなどのメディアは原価下げるとクオリティ下がりますからね。死活問題です。

 

要するに稼げりゃいいんだろ?

特にこだわりないのなら物販やればいい

大半の人たちはそうだと思うんですけど、とにかく多少お金が稼げたらいいんでしょ?w

月に20万とか30万とか。いやそれ以上でもいいんですけど、
僕が思うのは、別に人道的に逸脱したビジネスでなければ正直なんでもいいって人多いと思うんですよ。

そこまでQOLを下げないようなビジネスだったらね。

ならなおさらよ、物販やろうよ。

スタートは、せどりや転売でもいいんですよ。

 

物販の最大の魅力はスケールしやすいこと

僕の周りの年商5~10億規模の社長連中もみんな、せどりとか転売スタートで、そっからスケールしてでっかくなってる人ばっかなので。

手軽に副業で始めれて、年商数十億までスケールできるビジネスなんて物販ぐらいじゃないですかね?
だからどのレベルの収入を目指してる人にもオススメできます。

ということでいかに物販のほうが取り組む価値は高いかわかってもらえたかと思います。
自分の限りある時間の使い方は自分で決めましょう。

もう大人なんやから。

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。