金を稼ぐことができないのは純粋に金が必要じゃないからだ

金を稼ぐことができないのは、その金額以上その人に必要がない、または必要ないと決め込んでいるからだと僕は思っています。

「貨幣とは鋳造された自由である」という表現を書いたロシアの小説家がいますが、まさに金が稼げないひとは、現在稼いでる以上の自由が必要ないのだと思います。

加えていうと、現状に不自由がない、不自由がないと潜在的に決め込んでいるのではないでしょうか。

そんな偉そうなことを言ってますが、僕も同年代の平均年収と比較すると人並みよりは金を稼いできました。でもただ単にそれは、僕にとってそのお金が必要だったからなのです。僕にとっての不自由から離脱するために頑張った結果だと思っています。

逆に言うと、今以上に僕が稼げないのは、現状の自由で満足しているからにほかなりません。

 

金を稼ぐ必要がある状態とは

まず「金が必要な状態」について考えてみたいと思います。金が必要な状態、つまり金を稼がないといけない状態ってどういう状態でしょうか。

一番わかりやすいのは、借金とかですかね。
僕もちなみに起業当初は車のローンとか、カードのリボ払いで溜まりまくってる残債とか、そういった借金はありました。そういう意味では僕にとって「金が必要な状態」であったともいえます。

周りを見ていても思いますが、借金などのようなマイナススタートの人や、一度どん底味わってるひとのほうがエネルギーは強いものを感じます。
これも知識と経験の差の一つで、「金を稼ぐ必要がある状態」を想像することと、経験したことあるのでは天地の差があるのです。

まああと他にもいろいろ金が必要な理由はありましたが、あまり大きな声で言うことでもないのでここでは伏せておきます。本でも書くことになったら公開すると思います。

つまり、僕にとってはお金がどうしても必要だったのです。

 

自由が必要な状態とは

次に「自由」というキーワードで考えてみたいと思います。「自由が必要な状態」とはどういったものでしょうか。
現状に不自由を感じている、今のままではダメだ!と思っている状態です。

これは実は勘違いされやすいんですが、「現状に不自由を感じている」と言うひとはいっぱいいます。たぶんそーとーいます。100人に聞いたら95人ぐらいは

EIKING
イエス、ユアハイネス

とこたえると思います。

でもそれに行動が伴っていない人が94人ぐらいいるのです。つまりは、言うほど不自由を感じていないということです。

あれ、おかしいですね。100人中95人が不自由を感じていると言うものの、実際にその不自由から脱するための行動をとっていないひとが94人もいる。

考えてみてください、熱湯コマーシャル覚えてますか?世代的にしらない世代もいることでしょうが。。

あれって、熱湯風呂に浸かってた秒数だけ宣伝ができるっていう企画だったと思うんですが、絶対5分も10分も入ってる人はいないじゃないですか。まあ番組の尺的にもそんなに入られたら困りますけどw

つまり熱湯風呂にずっと浸かってられる人なんていないわけです。
不自由な状態から抜け出したい!と思ってるのに、抜け出せない人はそもそも、現状が熱湯になってないわけです。

すなわち、現状のぬるま湯に満足しているのです。

 

金を作ろうとする前に根拠を作れ

先日、僕は両親を連れて海外旅行に行ってきました。これは前から実現したかったことで、僕にとっては絶対にやらなきゃいけないことでした。

まあ母が真面目で、仕事してる間はゆっくり休みを取りたくないということもあって、定年後のこの時期になりましたが、実現できてよかったなと思いました。

理由は人それぞれなので、なんでもいいと思います。そもそも僕は起業当初なんか親孝行したい!よりもポルシェに乗りたい!のほうが確実に強かったですからねw

もっと泥臭く、欲にまみれればいいんじゃないでしょうか。

金がほしい!って欲じゃなくて、金を使った何をしたいのか、何を買いたいのか。

それがないと、結局金を稼いでも大した使い方もできないし、そもそも金を稼げないと思います。あくまでお金は選択肢を広げるためのツールなので、金が目的になってるのはナンセンスかと思います。

YouTubeのライブ配信は見逃すな!!

 
動画版eiking.asiaも観てみよう

YouTubeでは、動画版のeiking.asiaを配信しています。動画のほうが理解が深まったりしますよね。

ライブ配信もたまにやってます。ぜひチャットに参戦しにきてください。
通知設定(ベルマーク)必須ですよ!

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。