【2019年補助金】物販ビジネスのシステム化は今年が最大のチャンス

2019年の補助金の情報がちょくちょくでてきました。
去年からIT導入補助金の支援事業者として登録して、弊社クライアントに対しては補助金申請のサポートも行ってきました。

今年度も、そのIT導入補助金もありますし、他にもシステム開発で使えそうな補助金がいくつかあります。

印象でいうと、「システム化を検討しているなら今年はチャンス」です。

その理由についてざっくり解説していきます。

 

2019年は物販事業のシステム化で使えそうな補助金が3つある

さっそくですが、ざっと調べた感じ2019年で物販関連のシステム開発を行う際に、受けれそうな補助金をピックアップしてみました。

  1. IT導入補助金
  2. ものづくり補助金
  3. 小規模事業者持続的発展支援補助金

この3つです。

それぞれ獲得難易度はいろいろ変わりそうです。

IT導入補助金に関しても、去年はザルでしたが今年はどうなるやら。

 

IT導入補助金

IT導入補助金についての詳細はこちら。

要点をまとめると、

  • 予算100億円(2018年は500億円)
  • 補助額はMAX450万円(2018年は50万円)
  • 補助下限額は最低40万円(2018年は15万円)
  • 補助率は1/2(2018年同様)

といった感じです。

予算が少なくなるのでおそらく、去年ほどザルにはならないでしょう。

あと、補助下限額が補助率1/2で40万ですから、最低80万円以上のシステムの導入が対象となります。

EIKING
まあでも、たぶんこれが一番狙い目ではありそう。

こちらは去年同様、うちでも申請サポートを予定しています。

 

ものづくり補助金

ものづくり補助金については、基本概要が、

本事業は、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。

となっています。

要点をまとめると、

  • 予算800億(30年度補正予算)
  • 一般型と小規模型の2種類
  • 補助額MAX1000万円
  • 補助率1/2(条件を満たすと2/3!)

って感じです。

これは実際うちでもやったことないので、今年やってみようと思います。

ちなみに2018年の採択率は一次公募が55%、二次公募が38%だそうです。

EIKING
いや、ありやろ。やるべ。1000万狙うべ!

 

小規模事業者持続的発展支援補助金

最後にこれはちょっと小さいですが、中小企業向けの補助金です。去年もあったみたいです。

  • 小売・卸売・サービス業の場合は、従業員が5名以下(社員・アルバイト含む)
  • その他の業種(製造業含む)は従業員が20名以下(社員・アルバイト含む)

であれば申請可能のようです。

こちらは、ベンダー側でするものではなく、クライアント側が商工会議所等に申請するっぽいので、気になるかたはぜ問い合わせしてみてください。

 

去年の弊社の補助金実績について

補助金実績としては、
2018年は合計で13社申請して全社補助金の受け取りが完了しました。

IT導入補助金の支援事業者になったので補助金MAX50万円申請できます

2018/10/01

トータルで約600万円ほどの補助金をみんな(クライアント)で獲得したことになります。

2018年で割とコツはつかんだので、今年ももっと補助金を活用してどんどん開発を行っていきたいと思います。

 

もうすでに申請は始まっている

ちなみに「ものづくり補助金」などは、2019/2/23で一次公募の締切終わってます。

二次公募が5/8ですので、これには間に合うように準備しなければ。

もし、「ものづくり補助金」で1000万円ゲットしたいのであれば、ぜひご連絡ください。
いっしょにがんばりましょう。

あと、IT導入補助金については、おそらく3月中には詳細が決定する模様です。
こちらは、この記事でも再度アップデートあり次第、更新していきます。

 

今年が一番のチャンスかも

どうですか?なにかしら取れそうじゃないですか?w

IT導入補助金は、まだ噂ですがおそらく今年度が最後です。
というか予算1/5になってますからねw
まあ、来年はやんないでしょう。

今ままで先延ばしにしていたことを、いざやるときがもしかしたら2019年なのかもしれませんね。

だって考えてみてくださいよ。

EIKING
来年オリンピックやで。
Makosei
え、もう?
Yuya
やっっっっっばあああああああああああああああああああああああああああ

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。