【Shopify App Store】とりあえず最初に入れておきたいアプリ5つ

Shopifyでは「Shopify App Store」という、サードパーティのアプリケーションのマーケットプレイスがあります。

「Shopify App Store」では、Shopifyのサイトの機能などを拡張できるようなアプリをインストールでき、ECサイトをパワーアップすることがでいます。

たくさんのアプリケーションが提供されてるんですが、今んところ日本向けのアプリケーションはほぼ提供されていません
なので日本向けECサイトをShopifyで構築するには、多少のカスタマイズも必要になってきます。

とはいえ、販売国関係なしに使えそうな必須アプリケーションはあるので、それらはインストールしておいたほうがいいですぞ。

ということで、Shopifyの日本向けアプリはこれからのところはあるが、現段階で入れておくべきアプリを厳選して5つ紹介します。

 

とりあえず入れておくべきShopfyアプリ5選

Google Shopping

このアプリはShopify公式がリリースしているもので、Shopifyサイトの商品をGoogleショッピング(Merchant center)と同期できるものです。

Googleショッピングと同期することで、検索広告やディスプレイ広告、またYouTube広告などに商品カタログとして配信することができるようになります。

公式アプリは鬼のようにレビュー悪いですが、まだ使ってないのでちょっとどんぐらい精度いいのかわかんないです。これは試したらシェアしたいと思います。

 

Product Reviews

次に、Shopifyサイトに商品レビュー機能を実装できるアプリです。これもShopify公式が出してるものです。

テーマ自体がこのレビュー機能に対応している必要がありますが、公式アプリだけあって大体のテーマが対応している印象です。自社サイトのレビュー機能なので、正直どうにでもできるんですが、あるのとないのだとやっぱりあったほうが購入者的には買いやすくなりますよね。

見た目はテーマによって大きく異なりますが、だいたいamazonのカスタマーレビューと似たようなものが商品ページに実装できます。

 

Social Login by Oxi Apps

ShopifyサイトにSNSアカウントでアカウントを作成・ログインできるようにするアプリです。

API関連のアカウント情報もなしに、Oxi Apps名義でのSNSログインも可能ですが、ログイン時にOxi Appsへの権限確認画面が出てしまいます。

なので、自社アカウントでAPI関連の連携もすることをおすすめします。

うちではとりあえず、

  • Google
  • Facebook
  • Amazon

あたりで連携しました。

Instagramはちょっとハードル高いのでパス。あとは国内向けだとYahooとLINEがほしいところですね。
これはアプリまだ出てないんで、できるならうちでリリースしてもいいかなと思ってます。

 

ShopSync

カゴ落ちやリタゲなどのメール配信をMailchimpと連携して自動メール配信行うことができる連携アプリです。

実は公式のMailChimpアプリは、Shopifyと喧嘩別れして使えなくなりました。

 

なのでどうしようかと困ってましたが、実際このShopSyncでほぼ同じことできる(というか純正アプリよりいいぐらい)ので結果オーライとなりました。

 

Zendesk

最後にzendeskと連携できるアプリです。

画像のとおり、zendeskでのメール返信画面で、右側のサイドバーにShopifyでの購入履歴などを閲覧することができます

カスタマーサポートするときにデータ参照がしやすくなるのでおすすめです。

 

これからのShopifyアプリ拡充に期待

ということで一旦Shopifyサイトオープン時に入れているアプリ5つを紹介しました。

他にもいいアプリあるのかもしれませんが、
一旦うちではこれぐらいあれば一通りやりたいことはできるかなという印象です。

あとは冒頭での述べましたが、やはり日本市場向けのアプリをもっと拡充していってほしいですね。

決済回りは正直一通り充実してると思うんですよね。

なので、アプリとかテーマとか、そのあたり日本ユーザーがもっととっつきやすいサードパーティをどんどん増やしていくべきだと思います。

うちとしてもShopifyアプリは開発していきたいとは思ってます。

そうなれば、より日本ユーザーも使いやすくなるんじゃないかと。
正直僕はいろんな自社ショップ向けのカートシステム使ってきましたが、結局使いやすかったのってWooCommerceとShopifyなんですよね。

国産のカートシステムはどれも古くて、使いにくいです。無駄に高いし。

また、世界的にはShopifyとWooCommerceの二大巨塔ぐらいになってきてるので、
国内でもこの流れはそのうちくるんじゃないかなと思ってます。

Shopifyも安いプランありますし、WooCommerceに関しては無料ですからね。(サーバーは借りる必要あるけど)

外資勢のガラパゴス対応が先か、国産勢のグローバル基準化が先か。

EIKING
まあ前者っしょ

これから自社サイトつくるなら、今はまだ使いにくい部分はありますがShopifyで作っておくといいですよ。

確実に日本でも、もっと使いやすくなると思いますので。

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。26歳で起業し、現在は商品開発及び直販・システム開発・仮想通貨(暗号通貨)関連の事業を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、麻雀、旅行。 このブログでは、自身が経験したタメになったことや、自信の考えをビジネス・遊び関係なしで配信中。