SHOPLISTの平成最後のMEGASALEが想像の斜め上行ってて困った

今回のSHOPLISTのMEGASALE(メガセール)は平成最後ということなんですが、うちとしては2回目の参戦となります。

前回がオープン当初だったので、ちゃんと参戦できたのは今回がはじめてみたいな感じでしたが、セールから3日経ってみて思ったのは、

EIKING
いやエグいって、半端ないって

正直、無在庫全盛期のアメリカのホリデーシーズンの始まりを思い出しました。あれに似たカオスな受注状況です。

周りでSHOPLISTで販売してる同業者が少ないので、この興奮を共有できる人が少ないんですが、まあなにはともあれすごい集客力です。

 

前回のMEGASALEはストアオープン時

前回のMEGASALEは、ほんとオープンをギリギリMEGASALEに合わせることができたので、MEGASALEスタートとショップオープンがほぼ同時でした。

SHOPLISTのメガセールの勢いが半端ない【ギリギリ開店間に合った】

2018/11/07

このときは、ギリギリの在庫と少ないSKUということもあって全力で臨めたわけではもちろんありませんでした。
それでもSHOPLISTの可能性を十分に感じることができた、MEGASALE初体験でした。

そんでもって今回、2回目ということで割と準備した上で臨みました。

そんなMEGASALEの準備が、セール初日で、後悔することになろうとは。

 

在庫多めに準備してたが想像を遥かに超えた

うちの一部商品がSHOPLIST全体ランキング(デイリー)でTOP5にランクインしたのもつかの間、一瞬で在庫が瞬殺されました。

SP便在庫も、通常在庫も一瞬で在庫切れ。

在庫切れで売れなくなったので一瞬でランキングからは吹っ飛びました。
このランキングの吹っ飛び具合的に、かなりの数が他社も売れているんだということが容易に想像できます。

Makosei
ほんまエグいっっす。。。

もっと在庫を持っていればどうなっていたか・・・。悔やまれるところですが、これでも準備したほうなんで想像の上を来られたという意味では喜ぶべきポイントでもありますね。

以前にも紹介しましたがSHOPLISTの手数料は40%です。

これを高いか安いか判断するのは人それぞれですが、個人的には以前の記事でも書いたとおり「安い」と思います。

SHOPLISTの販売手数料40%!それでも高くないといえる3つの理由

2018/11/08

 

一つのプラットフォーム軸として確立できそう

今回のセールはもちろんなんですが、この直近2ヶ月あたりの売上推移を見てると、SHOPLISTというプラットフォームはうちのアパレル事業の中でも主力に君臨するであろうポテンシャルを感じています

ちなみにうちは、まだamazonではアパレルの販売を行っていません。

amazonでのアパレル販売では、いろいろと計画はあるので、これについては後日記事にしましょう。

なので、現在はSHOPLISTが軸としてかなり大きな存在になってきています。

ちなみにこのGWあたりから、自社ショップのオープンも予定しており、そちらでも同等の売上、またはそれ以上を狙っていくつもりです。

売上比率でいうと、プラットフォーム3、自社ショップ7ぐらいが理想ですね。

そのプラットフォーム3の主軸となるのが、おそらくSHOPLISTになるでしょう。
今後も大いに期待できるプラットフォームだと思います。

 

プラットフォーム依存はほどほどに

とはいえ、プラットフォームに依存してしまうのはリスク高いです。

これは、これまで主要プラットフォームをamazonなどで販売してきた方には十分にわかることでしょう。なので、自社ショップの構築を急ピッチで行っています。

ちなみに、これまでの記事を読んでいただければわかるかと思いますが、今回の自社ショップは、Shopifyでの構築を行ってます。

プラットフォーム依存率は、このShopifyの売上によってでしか下げることはできませんので、気合入れて臨みたいと思います。

脱プラットフォームって結構昔から言われてて、なんだかんだみんなプラットフォームから抜け出せてないのが現状じゃない?

それって結局、集客ができないからですよね。
プラットフォームは集客してくれてるから、そこ考えなくていい分とっかかりやすいので抜け出せない。集客って一番頭使うポイントですしね。

なので、まずは僕が自社ショップの重要課題である「集客」をマスターして、プラットフォーム依存率を30%目指してがんばりましょう。

 

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。