amazonオーストラリア(amazon.com.au)のアカウント作成に必要な書類

amazonオーストラリア(amazon.com.au)のアカウント開設がものの見事にサクッと完了しました。

先日amazonヨーロッパのアカウント開設に半年もかかってたので、ビビりながらの開設でしたが2日で終りました。なんなんだこの違いは。。

ちなみにこちらの記事を見てもらったらわかりますが、amazonヨーロッパの開設はかなり手こずりました

【2019年版】欧州amazonの法人セラーアカウント開設で必要な書類はこれだ!

2019/03/22

とはいえ、amazonオーストラリアも手順をわかっている僕で2日だったので、たぶん2日で終わらない人もいるかと思います。そのために、ある程度手順を解説しておきます。

 

amazonオーストラリアのアカウント開設で必要な書類

まず必要だった書類は2つです。

  1. 代表者パスポート
  2. Bank Statement(銀行口座明細)

他にも代替となる書類があるのかどうか不明ですが、とりあえず僕はこの2つの書類で開設できました

日本語書類対応してたので、もしかしたら運転免許証とかでもいけるかも。なので1は簡単だと思いますが、おそらく2で手こずるかもしれません。

 

Payoneerでオーストラリア口座を開設

資金受け取り業者であるPayoneerを使えばすぐにオーストラリアドル口座を開設できます。

ちなみにlismoaからPayoneerの各通貨の口座をワンクリックで開設できます。

チーム設定から、Payoneerアカウント連携を行えば可能です。

口座開設が完了したら、セラーセントラルのAcount Info > Deposit Method より口座の登録をします。売上金の受け取り口座ですね。

 

PayoneerでBank Statementを発行してもらう

口座開設が完了したら、PayoneerでBank Statementを発行してもらいましょう。

北米や欧州amazonだと、Payoneerストアマネージャーを使ってamazonアカウントと口座を連携することができるので、自力でBank Statement発行が可能です。

ですが、amazonオーストラリアはまだストアマネージャーが対応していないため、Payoneerカスタマーサポートに問い合わせが必要です。

こんな感じのをPDFでもらえます。1営業日で発行してくれました。

EIKING
モザイクすぎて全然わからんけど。

 

セラーセントラルにて書類の提出

セラーセントラルに戻ると、あの左上のいやーな赤いフラッグのところから、書類申請フォームへのリンクがあると思います。そこから書類を提出していきましょう。

EIKING
ごめん、スクショ撮るの忘れたわ。

アップロードする書類は2つです。

  1. 代表者パスポート
  2. Bank Statement(銀行口座明細)

これらをアップロード後、不備がなければその日か翌日にはApproveされるかと思います。

 

amazonオーストラリアはありなのか?

うちも直接amazonオーストラリアで販売したことはないですが、最近どんどんいろんな国でamazonが生まれてる中では一番期待できるマーケットかなと思っています。

それは、日本からの販売インフラなど総合的に含めてですね。市場規模だけでいうとインドとかのほうがでかいと思います。

ただオーストラリアも欧州VATのように、一定規模の売上になると税金を収める必要がありますので、そのあたりは注意が必要ですね。

今回紹介したlismoaは無料トライアルできるのでぜひ使ってみてください。lismoa内から新規Payoneerアカウント作成もできます

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。