テクニックよりマインドが大事という意味がまったく理解でいない人へ

「小手先のテクニックより、考え方つまりマインドが大事やで!」

というセリフをこれまでに聞いたことあるかと思います。誰でも。どこかで。

僕は起業する前の20代前半の頃、この言葉を聞いたとき、

EIKING
は?マインドとかポジトークやろ。稼ぐ方法さえ知ることができればマインドなんかいらんやんアホちゃん?

と思っていました。とんだ勘違い野郎ですね。今度すれ違ったらグーで殴ってやりたいレベルです。

でもまだこう思っている人は少なからずいるはず。僕がそうだったように。でも違うんです。本当にテクニックよりマインドのほうが大事である理由について解説してみたいと思います。

 

テクニックを欲している時点でマインドがだめ

まず大事なところですが、テクニックを欲している時点でそいつのマインドはクソです。

テクニックさえあればどうにかなると思っている芸人です。

なので根本的に考え方を改める必要がありますね。

EIKING
SEXに愛はいらないって言ってるのと同じやで。

愛のあるSEXよりイかせる技術のほうが大事!と思ってるのであれば、あなたは童貞から人生やりなおしてきてください。

でも同じことです。だいたい同じことです。

 

Whyを求めることがマインドにつながる

ではどのようにして考えを改めることができるでしょうか。

人間の性格や考えかたは、これまで過ごしてきた何十年の「環境」による積み重ねがあるため、変えることってなかなか難しいです。もはや洗脳レベルのことをしないと変わらないのです。

これを自力で自己洗脳していくためには、常に物事にたいしてWhyを追い求め続けることが重要です。

Makosei
どして?

と。

例えばネット物販で例えると、「中国の淘宝網やAlibabaなどで仕入れてamazonで販売すると稼げるらしい」という情報をGETしたとします。

そこで、

  • なぜ中国で仕入れるのか?
  • なぜamazonで販売するのか?
  • なぜ逆じゃだめなのか?
  • なぜそれだけで稼げるのか?

などなど、この一文だけでも「なぜ」がいっぱい出てくると思います。

これらを追求するだけで、テクニックの源泉となる「根拠」を理解することができますね。その根拠に基づいて行動できる心こそが「マインド」です。

ちなみに、これら根拠を追求することで応用力も身につきます。「中国から仕入れてamazonで売ると稼げる」というテクニックだけじゃなくて、「価格差のある市場で売買すれば稼げる」ということがわかっていれば、仮に今の手法がだめになってもどんどん鞍替えすることができますね。

今のネット物販なんてのは、規制や流行り廃りも激しいので、この応用力がないとまず生き残れません

 

自分の人生においてもWhyを投げかけてみよう

中国輸入の例は、かなり局所的な例でしたが、同じようにこれを自分の人生においても考えてみましょう。

  • なぜ自分は月に100万円稼ぎたいのか?
  • なぜ年末までには稼ぎたいのか?
  • なぜ脱サラしたいのか?
  • なぜ自由になりたいのか?

これらを考えてみるとだいたいのひとが、ピンとこない理由を回答します。

  • 稼ぎたいから。
  • 早いほうが良いから。
  • 上司がうざいから。
  • 縛られるのは嫌だから。

などなどw

ちなみにこれらは根拠でもなんでもありません。ただの感想です。

このような根拠?しか回答できないようでは、本当にそうなりたいのか?と思われても不思議じゃありません。というか思ってないよね?って感じです。

周りに影響されてであったり、現状には不満があるから抜け出したいなあという希望であったり、そういった適当な根拠でテクニックを使ったところで、そこではなにも起きないのです。

 

達成する根拠があるならテクニックはあとからついてくる

過去の自分に言ってるようで、非常に心苦しいですがw

ようは今回あげた例えのように、僕は明確な根拠を説明できない目標は達成される資格はないと思っています。

目標が達成できる可能性を定量化するのは、願いの強さではなく、信じる強さです。

根拠がうっすい適当な願いを強く抱いていてもなにも起きません。

心の底から信じることができる根拠があって、初めて達成できる資格があるのです。

非常にスピリチュアルな記事になってしまい、誠に恐縮ですが。。。結果が出ない、行動に移せないってひとはまず自分自身の「根拠」について触れてみてはいかがでしょうか。

頭の良さとか、いまの生活環境とか、正直そのあたりは関係ないのです。

自分が変わるための確固たる根拠を見つけてください。それだけで人生割と変わるはず。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。