ネット物販で稼いでる人が必ず持っている3つのちから

ネット物販のみならず、現代で稼いでる人が必ず持っている力、それがググり力。

ググり力がある人=リサーチ力がある人です。

ググり力があれば、だいたいやろうと思ってることを一旦形にすることはできます。形にしてから、つまずいても、またその時ググればだいたい解決します。

ただし、ググり力とはいえただ単に検索能力が高いだけではだめなのです。関連して3つの力が必要です。

その3つの力について今回は解説したいと思います。

 

ネット物販で稼ぐために必要な3つのちから

自分で調べることができる力

まず自分の力で調べることができる、つまりググれる力です。

これはただ単に、知りたいことをググるだけではなく、ググって出てきた検索結果の中から情報を頭の中でキュレーションして、真実を見極める必要があります。

  • この情報は新しいのか
  • この記事を書いてる人は信頼に値するか
  • ポジショントークになってないか
  • 同様のセカンドオピニオンはあるか

などを意識しつつググる必要があります。

なので、ググり力というよりは「真実を知る力」に近いかもしれませんね。

また、いつまでも「情報収集中」の人はいつまで立っても行動に移せません。なのである程度の情報を収集した上で、早い段階で次のステップへ進む必要があります。

情報収集が目的になってしまっては元も子もないのです。

 

得た情報から判断できる力

ネット物販のみならず、自分でビジネスを行っていくには、さまざまな判断力が試されます。

情報を集めるだけ集めて、頭でっかちになって偉そうな解説はできるけど自分ではやったことないって人は多くいます。

これでは、なんの意味もないです。

10の情報を知ってる人より、1の行動をしてるひとのほうが経験値は上なのです。

例えば、ネット物販に関する情報を収集した結果、どの物販スキームにトライするのかを「判断」する必要がありますよね。

店舗せどりするのか、国内転売をするのか、欧米から輸入するのか、はたまた国内製品を輸出するのか。

これらを収集したデータから、「どれを」するのか判断する必要があります。

 

それらを元に行動に移せる力

最後に、判断した結果、行動に移す事が必要です。当たり前オブ当たり前ですが、「判断」しただけでは何も起きません。

やるのはあなたなのです。

知り得た情報を元に判断した結果、進みはじめてようやくスタートです。

どんな物販スキームにトライするのか決めたら、まずはやってみることです。失敗して当たり前ですし、最初から100点なんて取れるわけありません。

おそらくビジネスを進めていく上で90%ぐらいは不明瞭な部分が多いと思います。
でもまあ、そんなもんです。

やる前から100%理解してることなんてありません。そんなノーリスクの先にリターンがあるわけないのです。

 

ググり力はネット物販でこそ生きる

このように、ネット物販を進めていく上で必要になってくる「ググり力」ですが、実際ネット物販では「商品リサーチ」というフェーズでこの「ググり力」を最大限活かせます。

つまり、ネット物販はこの「ググり力」こそをビジネスにすることができるのです。

  • 利益が取れる
  • 人気がある
  • ライバルが少ない
  • 安い仕入れ先がある

こういった商品を探し出すこと「商品リサーチ」こそが、ネット物販では一番大切なフェーズです。

つまり、ググり力があればネット物販はだいたいうまくいくといってもいいレベルかもしれません。

EIKING
さすがにそれは言いすぎかもしれませんぞ

とはいえネット物販は、ほぼ対人関係も気にすることなく、ググり力さえあれば、そこそこまで売上を上げることができる数少ないビジネスだと思います。

今回ご紹介した3つの力を兼ね備えたググり力こそが、情報過多のインターネット業界で生き残る術ではないでしょうか。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。