代引き受取拒否されたときのコストとなぜ拒否するのか?

ネットショップの運営をやっていると、決済方法として代引き(代金引換)を提供してる会社も多いんじゃないでしょうか?

もちろんうちもそのうちの1社で、ヤフーショッピングやshopifyでは代引きを用意しておるんですけども。なんせ代引きを提供することのリスクが最近大きくて困ってます。

EIKING
もうこの際、代引き外したろかなと思うレベル

その大きな理由は、「代引き受取拒否」です。今回は代引き受取拒否されたときのリスクと、なぜ顧客は受取拒否するのか?について解説してみたいと思います。

 

代引き受取拒否されるのはかなり迷惑

まず代引き受取拒否とはなんなのかというと、顧客が代金引換でネットショップで買い物をして、店舗がしっかり梱包して発送し、配送キャリアの兄ちゃんが、おつりも準備して玄関先まで商品を届けに言った結果、

「いらんから帰ってくれ」

と言ってイケメン佐川男子を突き返すという、なんとも残忍で巧妙な手口なわけです。

これは店舗にとってももちろん迷惑ですし、配送キャリアにとっても迷惑なわけです。

実は配送キャリアにとってはそこまで迷惑ではないのかも。あとで解説します。

 

代引き受取拒否をする顧客の心意

じゃあなぜそんな悪いことをする顧客がいっぱいいるのか。

そんなに世の中には悪い暇人がいるとは思えないのだが?

実はこれ、別にいやがらせでやろうとしてる人はほとんどいなくて、原因はたぶん大きく分けて下記の2つだと思うのです。

 

1. 他の同居人が勝手に追い返す

家庭内でどういうコミュニケーションを普段とってるのか不明ですが、例えば娘が買った商品の配達を、母親が「注文した覚えないから!!」って言って追い返すパターンです。

これはもう僕らではどうしようもなく、ただただ「仲良くしろよ」と思うだけですので解決のしようがありませんね。

よく返送後に娘から問い合わせがあったりしますね。

2. 受取拒否すればキャンセルできると思っている

おそらく一番多いのはこれです。代引きだろうがなんだろうが、受取拒否すればキャンセルできると思っている顧客が多いです。

これはなぜかというと、クレジットカードや他の決済手段で前払いしてるなら、すでに払っている以上商品を受取る人は多いです。ですが、代引きの場合ってまだ金払ってないんですよね。

なので、払う前だからキャンセルしてもリスクはないし、いいよね!?みたいな感じなのだと思います。

Makosei
いやほんま勘弁してほしいす。。

 

代引き受取拒否された場合のコスト

そうやって、受取拒否された代引きはどうやって店舗に戻ってくるかというと、だいたいの国内配送キャリアでは「定価配送料」で返送されてきます。

つまり、

  • 往路の契約配送料
  • 復路の定価配送料

のコストを丸かぶりしたまま店舗に返ってくるわけです。

配送キャリアは逆に儲かるレベルですよね。なので対策も特に打ってこないでしょう。ただただ店舗がすべてを被るかたちになるわけです。

これって理不尽じゃない?

たまにうちでも沖縄とか北海道とかの代引き受取拒否もあるわけですよ。そしたら復路配送料なんて数千円になりますからね。

 

代引き受取拒否をなくすためには

具体的な解決策は、当たり前ですが「代引きをやめる」ことです。

以前こういったツイートをしましたが、いずれ信用スコアの指標の一つとしてこの代引受取拒否などが考慮されればいいなと思ってますが。

まだアニメ「サイコパス」に出てくるシビュラシステムのようなものが世に広まるのは当分先でしょうしね。

なので、今の段階では利用頻度によって決済方法の見直しが必要かなと思います。

ちなみにうちは、shopifyの自社ショップの場合、決済方法の20%で代引きが選択されています。なので代引きをやめればこの20%の売上がなくなるリスクはあります。

ですが、代替となるような「後払い決済」などがあれば、20%ごっそりは減らないんじゃないかなと思ってます。

ということで、まだ当分は代引き提供したまま様子見しますが、埒が明かないなと判断したら代引き決済は除外する予定です。

まだExcelで消耗し続けますか?


lismoaで在庫や売上・利益計上を自動化

Excelやスプレッドシートなどをいつまでも使ってると、ヒューマンエラーや動作が重くなったりしてパフォーマンスが下がってきますよね。

lismoa上で受注管理や在庫管理をおこなうことで、拠点毎の在庫数算出や売上・利益の計上を自動化することができます。

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。26歳で整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。現在はネット物販、lismoaやPRIMAなどのネット物販用サービスの運営、ネット物販専門のシステム開発を行う会社を2社経営。 趣味はフェス・ライブ観戦(主にBABYMETAL)、筋トレ、旅行。