カプセルZのZ FES2019に学ぶプライスター戦略

遅くなりましたが、2019年5月11日(土)に開催されたカプセルZ主催のZ FES2019に参戦してきました。去年まではBBZだったんですけど、今年はもっとフェスっぽくなって、名前もZ FESになっていました。

EIKING
おいおいプライスターの会社はフェスもやんのかよ!もうこの際amazonも呼んじゃおうぜ!

と提案しようかと思いましたが、それはそれで色んな意味で全然楽しめなそうなビジョンが見えたので発言を控えました。

さて今回はそんなZ FESに参加して感じたことをシェアしたいと思います。

 

カプセルZ主催の野外イベントZ FES2019に参戦

ということでこれに行ってまいりました。しかもスケジュールしくって、Z FES翌日に朝イチで人間ドック予約してしまったので、みんな泊まってるところしぶしぶ夜22時ぐらいには帰る羽目になりました。

こういうのよくあるんですよね。直したい。

ちなみに去年までのBBZについては過去記事でどうぞ。

最高に楽しいカプセルZ主催のBBZ 2017に参加させていただきました!

2017/08/07

BBZ2018 総勢100名以上が集まるカプセルZ主催のイベントに今年も参加してきた

2018/08/11

着いてみるとまあ、大自然の中にカプセルZワールドがすでに出来上がってました。

これは、これまでのBBZでは見たことない光景だったのでテンションが上がりました。

 

カプセルZのすごいところとは

これまでBBZ2回とZ-FESと参戦させてもらって感じた、カプセルZのすごいところは、福田さんを中心に、会社メンバーのみならず社外の周りのみんなを巻き込むところなんですよね。

被災地支援といった名目ももちろんあると思うんですが、それでもこれだけの人数を巻き込んだイベントを山奥でできるのはすごいと思います。たぶんできるのは、カプセルZかマキシマムザホルモンぐらいです。

しかも別にプライスターユーザーでもない人たちが集まってますからね。プライスターもマネできませんけど、これはこれでマネできません。マネできないことをできる会社は本当に強いなと思います。

 

良いものを作ってれば売れる時代じゃない

こっからビジネスチックな話になりますが。今の時代、インターネットが普及してamazonなどのプラットフォームを使えば、地球の裏側のあの人にまで、商品を届けることができる便利な時代になってきました。

にも関わらず、じゃあ良いもの作ってれば売れるのか?と言われるとそういうわけでもありません

良いもの作っただけでみんな売れるなら、Googleなんてあそこまで大きくなってません。

良いものを作ってて売れないのは、理解しない消費者が悪い!というのは結局ただのオナ○ニーです。そういう時代は終わった、というかもともとなかったのです。

カプセルZの英雄、福田さんもこちらのブログで書かれてますが、プライスターは広告もかけずにユーザー数は7000名(2019/05現在)にも近づいています。

ようするにほとんどのユーザーが既存ユーザーの口コミによって、自然現象として広がっていったようなものなのです。これ普通にマネしてもできないし、やろうと思ってもだいたい失敗しますからね。。

EIKING
ちなみにうちのPRIMAも口コミだけで4年で700ユーザーぐらいは集まりましたがそれでも1/10ですけん。。

 

カプセルZが売ってるものは顧客満足

ではなぜそんなことがカプセルZには、あの英雄福田カズーキーにはできるのか。

それは彼らが売ってるものが「顧客満足」だからだと思います。いい商品を作ろうと思ってるわけじゃない。売上を上げて稼ごうと思ってるわけじゃない。ただ単に、みんなが喜ぶものを届けようという思いが、結果Z-FESの成功にも繋がり、プライスターの成功にも繋がってるんじゃないかと。

だからカプセルZは、強いんだと。

カップラーメンにお湯を注ぎながらそんなことを考えていました。

 

実はこれこそがビジネスの本質である

でも僕個人的にはこれはビジネスの本質だと思っています。

なぜ売れないのか?

それは顧客が欲しいと思ってないからです。欲しいと思わせることができてないのです。

欲しいと思ってもらうためには、その商品を認知してもらう必要があるし、興味を持ってもらう必要があるし、比較検討してもらう必要があるし、行動してもらう必要があります

その結果、満足してもらい、共感してもらうことで、共有してもらうことができ口コミで広がっていくわけです。

広告を打つにしても、このフローは基本的に同じです。ただ広告費がかかります。でもカプセルZはこれを日常でこなしているのです。
改めて、

EIKING
竹内さんすげえなあ・・・

と思いました。

ということで、以上が僕の変な視点から見たZ FESの感想でした。
フェス自体も本当に楽しかったです!

とりあえずキャンプしたなったし。

花火もどえらかった。

福田さん、カプセルZ一同のみなさん素敵なイベントをありがとう。
またこんなイベントするなら、ぜひ参加させてください。微力ながらまたスポンサーさせていただきますので。

YouTubeのライブ配信は見逃すな!!

 
動画版eiking.asiaも観てみよう

YouTubeでは、動画版のeiking.asiaを配信しています。動画のほうが理解が深まったりしますよね。

ライブ配信もたまにやってます。ぜひチャットに参戦しにきてください。
通知設定(ベルマーク)必須ですよ!

EIKING
YouTubeでは動画版eiking.asiaも配信してるのでチャンネル登録よろしくね。

ABOUTこの記事をかいた人

ネット物販を愛する男。 整備士から転身してネット物販で起業、約1年半で月利8桁に到達。 現在はアパレルD2C、lismoaやPRIMAの運営、EC専門のシステム開発、shopify構築サービスの会社(shopify experts認定)を経営するYouTuber。